各地で菊展

朝晩は気温がグッと冷え込み、
秋らしい秋が続いている秋田県内です。

すでに先月半ば頃からは、
各家庭では暖房が入れられています。


毎年10月の末頃から11月中旬までは、
県内各地で菊展が開催されていて、
菊愛好家の数の多さにビックリしてしまいます。


県内で一番有名な菊展は横手城公園の催しでしょうか。
秋田市でも千秋公園などでも開催されていて、
鑑賞に訪れる人も絶えないほどの人気振りです。


先日、以前紹介したことがある「遊学舎」という、
生涯学習センターでも、
小規模ながら素晴らしい菊が展示されている情報を聞きつけ
見学に行って来ました。

画像



画像


画像


画像

画像
愛好家のお一人で、
この展示場にも出品している方とお話しすることが出来ました。



菊は育てるのに一年が懸かるそうなのです。
最初は肥料をどんどんやり茎や葉を大きく育て、
花が付く前に肥料を止めて、
お腹が空いた状態にすると大きな花をつけてくれるのだとか。






画像


画像


画像

どんな菊に育てるかを、
作る前に構想を練り、
それに沿って育て方も違うのだそうです。

一番困るのは風で、
台風などが近づくと夜も眠れなくなるほどだと
笑って答えてくれました。

病虫害の被害にも神経が必要で、
子供を育てている方が楽だとも仰っていましたよ。

出品者同士の情報交換もし、
来年の出品作の構想ももう出来ているそうです。

どんなのを出すの?の質問には、






来年も見においで


また来年の再開を約して
会場をあとにしました。









んだば








"各地で菊展" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント