満開のツツジ

ここのところ、変則的な仕事時間が続いています。 まあ、9時5時の仕事ではないのは覚悟の業種なのですが、 身体の疲れがなかなか取れなくなってきました。 今日は午前中で一段落がつき、 お天気も好天に恵まれていましたので、 久しぶりに秋田駅近くの千秋公園に足を向けて見ました。 公園内のツツジは満開状態で、 …
トラックバック:1
コメント:24

続きを読むread more

秋田ロード 湯沢 その1

今日は湯沢市の旧雄勝町周辺をご案内します。 ここは世界三大美人の一人・小野小町の生まれ在所と言われているところです。 ここ旧雄勝町は小野小町の生誕と終焉地とされています。 周辺には沢山の小野小町の伝承、 伝説の史跡が密集していますが、 其のほとんどが口伝として伝わっているだけで確証はありません。 全国には小町…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

秋田ロード 羽後町

鳥海山を下りてくると、 湯沢市の手前に羽後町というところがあります。 この町は、これまでも何度か紹介してきた 西馬音内(にしもない)盆踊りが有名なところです。 昔を物語る端縫の衣裳をまとい、 鳴り響くお囃子の音色を聞きながら女たちはどのような思いを胸に夏の夜を舞うのだろう。   豊年祈願や盆供養のた…
トラックバック:1
コメント:9

続きを読むread more

秋田ロード 由利本荘その2

鳥海山の北側の麓には なだらかな高原が広がっています。 南由利原高原青少年旅行村には、 鳥海山が「さかさ鳥海」として映し出される大谷地池を中心に ユリ園、コスモス園など四季折々の自然が満喫できるフィールド。 周辺には遊歩道やサイクリングロードが巡り、 オートキャンプ場やケビンなどキャンプ施設が充実している他、 …
トラックバック:1
コメント:10

続きを読むread more

つぶ息子 その2

今日は午後から仕事をさぼって、 映画「相棒 劇場版」を観てきました(メンズディだったので)。 ウイークディの真ん中だというのに、 映画館は相当の人で混んでいて、 この映画の人気の度合いが伺えました。 テレビ以上の迫力で、 満足して戻ってきました。 ストーリーは・・・・ これはばらす訳にはいきませんよね{%爆弾we…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

つぶ息子 その1

むかしこあったずおん。    昔々、 ある所さ貧乏だども大した正直な爺さまと婆さまがいたと。    あるところに、貧乏だけれど正直なお爺さんとお婆さんがおりました。  その年になっても童子(わらし)がなかったから、 裏の水神さ田植の祈願したついで、 この年寄りさ、何えでもええがら童子こ一人授げでたんせて願掛…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

やっと戻ってきました

ブログを始めて以来、 こんなに長くブログを休んだことがありませんでした。 皆様には大変ご心配をおかけしてしまいました。 先月の中旬に、 不幸事で一週間東京に行っていましたが、 仕事の方もGW前までの大きな仕事を請け負ったばかりだったのですが、 その一週間の休みをカバーするのに二週間以上かかってしまいました。 …
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

久々に

約一週間ぶりに戻ってきました。 何の前触れも無く急にお休みをして、 皆様には大変後心配をおかけしました。 先週の金曜日、深夜に、 東京の叔父が亡くなってしまい、 土曜日の朝早くから出かけてしまいました。 葬儀も済ませ、初七日の法要を終わらせてから、 昨夜、自宅へと戻ってきました。 今日は朝から…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

秋田ロード にかほ市

秋田市の桜が昨日開花宣言が出されました。 観測史上3番目に早い開花となったようです。 北国秋田にもやっと春が到来しました。 あと数日もすればあちらこちらの桜もたくさんの花を見せてくれることでしょう。 今日は海岸沿いの山形県境まで足を伸ばして見ましょうか。 旧象潟町・金浦町・仁賀保町が合併して出来た「にかほ市」。…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

秋田ロード 由利本荘 その1

秋田市から海岸沿いに南下すると、 由利本荘市へと続きます。 由利本荘市は昔からたくさんの豪族が群雄割拠していた地域。 各地にあるお城跡は10数箇所。 今ではテーマパークや憩いの公園などに生まれ変わってはいますが、 それぞれに文化の違いなどがあって、 歴史好きにはたまらない場所です。 秋田市を抜け由利本荘市に…
トラックバック:1
コメント:10

続きを読むread more

秋田ロード 秋田市郊外

今日は秋田市から少しはなれたところをご紹介しましょう。 最近人気が高まってきているのが、 大森山動物園ミルヴェ(秋田弁で「見に行こう」の意) 正面ゲート前にはキリンの「たいよう」のオブジェが出迎えています。 ※キリンの「たいよう」の悲しいお話はクリック 全国的に有名な旭山動物園と同…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

秋田ロード 秋田その3

真冬の1月17日は、 太平山三吉神社の「梵天奉納祭り」が行われます。 竹で編んだ籠に色とりどりの布で飾りつけ、 新年最初の神様が降りてこられるこの日に、 神様に注目していただきたいとの願いで、 我先にと先陣争いをしながら奉納の順番を競うこのお祭り。 若い衆が互いによく競い合い、増産に精を…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

秋田ロード 秋田その2

秋田駅周辺には歩いて回れる距離に 私のお勧めスポットがたくさん集まっています。 今日は車を降りて歩き回る雰囲気でスポットの紹介をします。 ゆっくりと歩いて10分ほどのところに、 千秋公園があります。 江戸時代になり常陸の国からお国替えで秋田に来た佐竹氏が、 ここを新たに久保田城を構築。 秋田の文化の中心…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

秋田ロード 秋田その1

男鹿から海岸に沿って秋田市に向かうと、 秋田港へと抜け出ます。 昔から福井・敦賀と北海道を結ぶ北前船の重要な寄港地。 京都や北海道の貴重品が江戸よりも早く手に入り、 雄物川を通して内陸深く文化は広がっていました。 今でも外国船が多く立ち寄る、貿易港でもあります。 この秋田港でひときわ目立つ建物が 「ポートタ…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

猿あんこ その2

晩げ、紋付姿の猿が手下をつれて迎えに来た。 猿たちは手車を組んでオスエを乗せて、 「嫁、嫁、嫁」て、ふれながら行ったと。    夜になって、紋付姿の猿が手下を連れて迎えに来ました。    猿たちは手車を組んでオスエを乗せ、    「嫁を貰った、嫁を貰った!」とふれながら山に向かいました。      猿あんこは…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

猿あんこ その1

むかしあったぞん。    昔々、 ある所さ娘こ三人持っている爺さま居であったと。    あるところに、娘を三人持っている爺さまがおりました。   ある日、畑の草取りはじめたども、腰は痛いし指も痛い。 若い時からの背病みだおの、草取る手より口ばり動く。    ある日、畑の草取りを始めましたが、腰は痛いし指も…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

秋田ロード 男鹿その4

随分駆け足で紹介して来ましたが、 それでも男鹿だけで4日目になってしまいました。 男鹿水族館GAOから西海岸の切り立った断崖の 真ん中に通した道路「おが潮風街道」を通って、 「五社堂」へ向かいます。 地形に沿って曲がりくねった道路は 海面からの高さは4・50メートルはあります。 同乗者には見晴らしが良く感激して…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

秋田ロード 男鹿その3

今日になって気付いたんですが、 昨日の記事で、 とても大切な行事を書き落としていました。 真山神社の境内で行われる、 「なまはげ柴灯まつり」の紹介をしていませんでした。 なまはげ行事は本来 大晦日の晩に各戸々をなまはげが訪れるという 集落ごとの年越しの行事なのですが、 観光客向けに2月上旬の金・土・日…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

秋田ロード 男鹿その2

車を進めると、 程なく大きな鳥居をくぐり真山神社境内と入っていきます。 ここが言わずと知れた「なまはげ」のふるさと。 古び朽ち掛けた急な階段を上ると、 真山神社の本殿があります。 その昔は多くの修験者が鍛錬を重ねたところだけに、 深い森に囲まれた静かなところ。 「なまはげ」伝説が生…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

秋田ロード 男鹿その1

角館から出発した秋田ロードのドライブも、 県北部をぐるりと廻って中央地区に戻ってきました。 いよいよ今日は「なまはげ」のふるさと・男鹿にやってきました。 男鹿総合観光案内所のすぐ脇に立つ 高さ15メートルの2体の巨大なまはげが観光客を出迎えます。 男鹿は観光スポットが非常に多いところ。…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more