秋田ロード 田沢湖

昨日紹介した角館から車でおよそ30分ほどの距離で
神秘の湖 田沢湖に到着します。

画像


周囲約22キロ、
水深は423.4mと日本一の深さを誇り、
瑠璃色の湖水は美しく、
田沢湖のシンボル「辰子姫」の像が立つ辺りは
観光客が大勢記念写真を撮ろうと賑わっています。

貸しボートや貸し自転車、
波打ち際の散策道のそぞろ歩き、
遊覧船からの新緑や紅葉の山と瑠璃色の湖上からの絶景は見逃せません。

周辺には温泉やキャンプ場も多く存在しています。

画像
全国的に有名な秘湯乳頭温泉郷や
水沢温泉郷、田沢高原温泉郷などが連なり、
どの温泉に立ち寄っていいのか迷ってしまうほど。

立ち寄り湯としても、
また宿泊先としても利用をお勧めしたいところです。



画像
足に自信のある方は
秋田駒ケ岳登山がお勧め。
ここにしか咲かないコマクサや、
ミヤマキンバイ・チングルマなどの高山植物の宝庫。

秋田駒ケ岳とコマクサ
山の向こう側に田沢湖が見えてます




冬場は田沢高原でスキーを堪能できます。
スキーと温泉の組み合わせで、
ここを訪れるお客さんは数多いのです。

またこの周辺は珍しい花の群生地が点在しています。

画像


画像
およそ6万株の「刺巻の水芭蕉」
八津・鎌足地区の国内随一の「カタクリ」
などはこれからの時期の楽しみですし、
「抱き返り渓谷」は神の岩橋・回顧(みかえり)の滝・真っ青な玉川など、
四季それぞれに楽しんでいただけます。

抱き返り渓谷のすぐ傍には、
「田沢湖芸術村」があり、
わらび座のミュージカルや地ビール、
参加型芸術施設がたくさんあって、
温泉宿や、レストランまで備えられた、
家族総出で楽しめる一大レジャー施設になっています。


楽しみ方、遊び方は十人十色。
どんな要求にも応えてくれるレジャーエリア。
それが田沢湖です。








んだば






この記事へのコメント

2008年03月18日 18:16
秋田・田沢湖でもうカタクリの花が咲いていますか。
つい先日、京都の植物園で一輪咲いているのを見つけたばかりです。
秋田にも春は駆け足でやってきていますね。
コマチ
2008年03月18日 18:25
去年(おととしだったかしら…)のGWにあちこちドライブしたことを思い出しました。
カタクリも水芭蕉もきれいでしたよ。
適度に手入れされてるけど、
徹底的に管理されてるわけでもなくて
なんというか、野趣?を感じられるような。
自然っていいなあ、ってホントに思いました。
2008年03月18日 18:45
 こんばんは☆こねこです♪

 わぁ、辰子さんだぁ☆
 お久しぶりで~す(笑)。

 私は貸し自転車やボートにお父さんと乗ってぇ、そのあとは温泉で混浴してぇ、最後は添い寝してぇ・・・//////////////////////

 はっ!また妄想しちゃいました(エヘヘ☆)。

 ねこでした。ニャン☆
2008年03月18日 18:48
自然が適度に残されていて 現代の良い所も取り入れて もっと宣伝して全国の人に知ってもらう必要がありますね。

多分 こんな良いところがあるって 知らない人が沢山いるのではないでしょうか?
微笑み
2008年03月18日 20:31
こんばんは( ̄ー ̄)
今日は田沢湖ですね(^-^)v田沢湖も年中楽しめる場所ですから、もっともっと全国の方々に体験していただきたいですね。
春の水芭蕉を見たいなあ!!家族で行ってみます(^○^)
2008年03月18日 22:23
駒ヶ岳も鶴の湯も、刺巻の水芭蕉も懐かしいな。
夏にゆっくり旅行したいです。
★なまはげ
2008年03月19日 17:28
☆Tatehikoさんへ
 まだまだ花の時期には早い秋田です。まだここら辺は深い雪に覆われています。京都ではカタクリが咲き出しているんですね!!
★なまはげ
2008年03月19日 17:32
☆コマチさんへ
 コマチさんのブログに最初に訪れた頃でしたね。あちらこちらのレポートが印象的でした。
あくまでも原生地ですから、適度な管理だけですよね。
★なまはげ
2008年03月19日 17:35
☆こねこちゃんへ
 あはは、またまたねこちゃんの幻想が・・・・。
最近はだいぶ慣れてきたけどね。
★なまはげ
2008年03月19日 17:38
☆+あいさんへ
 秋田は本当に宣伝下手なんですよ。もっと大いに秋田の良いところをPRして欲しいのですがね。ここで+あいさんに知っていただいただけでも私的にはOKかな!!
★なまはげ
2008年03月19日 17:41
☆微笑みさんへ
 刺巻の水芭蕉はとても素敵ですよね。今年もきっと素敵な姿を見せてくれると思いますよ。
★なまはげ
2008年03月19日 17:43
☆むうさんへ
 年越しの秋田だけではなく、夏の時期の秋田も奥様に見せてあげてください。

この記事へのトラックバック