傷だらけの人生

昨日の午後から、
同業者数人と新年会を兼ねて温泉に行って来ました。

一昨日から続いている寒波で真冬日が続き、
猛吹雪が車の行く手を遮ります。
行き交う車は日中というのにライトを点しています。

夕方、宿に着くとさっそく温泉に浸かり、
風呂から上がってからはお決まりの宴会でした。
昨年は業界自体落ち込んでしまっていたようで、
全員の口から景気の良い話は聞けませんでしたが、
新たな気持ちでお互いに頑張ろうと誓い合いました。
普段あまりお酒を飲まない私ですので、
酒豪揃いの仲間には付いていけず、
早々と一人ダウンしてしまっていました。



滅多に見ることのない夢を見ました。

30数年前の東京に住んでいる自分の夢でした。

そのときの私は18歳、高校を卒業して上京間もない頃です。
4畳半の小さな部屋の自分の城。
狭い玄関脇に小さな流しとガスコンロが一つ。
トイレは共同で風呂はもちろんありません。

部屋の中には小さなテーブルと炊飯器が一つ。
車のイラストが書かれたビニールロッカーと、
押入れの中の煎餅布団。

ポツンと一人その中に居ますと、
ドアを叩く音がします。
青森から出てきていた一つ年上の友人です。

画像
彼は俳優鶴田浩二の付き人をしています。
役者志望なのですが、
青森訛りが取れずに悩んでいます。

今日が給料日で奢るから飯を食いにいこうと言って来ました。

行った先は近所にある「キッチン○○」。
30過ぎの夫婦が経営しているこの店は、
カウンターに4・5席、テーブルが3つほどの洋食屋さん。

お金のないときはツケで食事をさせてくれるありがたいところ。
付き人の彼はその月のツケを払い、
「今日は★なまはげの分も俺が払う」と言っています。

奥さんがニコニコしながら料理をテーブルに運んできたちょうどその時、
4・5人のチンピラが店にどやどや乗り込んできて、
何かわめき散らします。

どうやら店のマスターが、
昼間に賭けマージャンで大勝ちしていたらしいのです。
負けた腹いせに仲間を引き連れて仕返しに来たのです。

血の気の多いこのころ、
ガラにもなく仲裁に入った我々も騒動に巻き込まれ、
気付くとマスターと青森と私はボコボコにされていました。
店の中もぐちゃぐちゃになっていて、
運ばれたばかりの料理も跡形もありません。

3人で店内を片付けていると、
奥さんが新しい料理を作ってきて、
迷惑かけたから食べてくれと言います。
しかし、口の中は切れて血だらけ、
顔もどんどんと腫れてきてものを食べれる状況じゃありませんでした。
それがおかしくて、悔しくて、笑いながら泣きました。

帰り道、二人して歩きながら唄った歌は
「傷だらけの人生」でした。



古い奴だとお思いでしょうが、古い奴こそ新しいものを欲しがるもんでございます。どこに新しいものがございましょう。生まれた土地は荒れ放題、今の世の中、右も左も真暗闇じゃござんせんか。

何から何まで 真暗闇よ すじの通らぬことばかり 右を向いても 左を見ても ばかと阿呆の からみあい どこに男の夢がある

好いた惚れたと、けだものごっこがまかり通る世の中でございます。好いた惚れたはもともと「こころ」が決めるもの・・・こんなことを申し上げる私もやっぱり古い人間でござんしょうかね。

ひとつの心に 重なる心 それが恋なら それもよし しょせんこの世は 男と女 意地に裂かれる 恋もあり 夢に消される 意地もある

なんだかんだとお説教じみたことを申して参りましたがそういう私も日陰育ちのひねくれ者、お天道様に背中を向けて歩く・・・馬鹿な人間でございます。

真っ平ご免と 大手を振って 歩きたいけど 歩けない  嫌だ嫌です お天道様よ 日陰育ちの 泣きどころ 明かるすぎます 俺らには
 





朝早く目覚めると、
同業者たちは高いびきで眠っています。
時計を見ると5時。


目には涙が浮かんでいます。


夢とは言いましたが、
これは実体験です。
もう何十年も忘れていた思い出ですが、
何で今日夢に出てきたのかなあ?


一人布団を抜け出し、
温泉に浸かりました。






んだば








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年01月14日 14:39
辛酸を舐めて、頑張ってこられたんですね
+あい
2008年01月14日 15:34
ドラマみたいなストーリー 読ませていただきました。

今だと その程度じゃ済まなかったかもしれません 殴り合いにも 限度 手加減があった時代です。

貧しくても どこか暖かさが残っていました 貧しいなら貧しいもの同士 助け合い 励ましあって生きてたものです。

今 どうでしょうか?

人は人 自分だけは 気に入らないものは家族であっても排除する 寂しくて 冷たい社会になってしまったと思いませんか?

2008年01月14日 16:08
 こんにちは☆こねこです♪

 そのかたと今は親交があるのですか?
 もし何年も会わずに久しいなら、何かのメッセージではないでしょうか??

 でも・・・痛々しい姿のお父さんを想像しただけで涙が出てきます(涙微笑)。

 ねこでした。ニャン☆
2008年01月14日 16:44
昨日の記事の件・・・辛かったでしょう。
品位を汚すことをしてくれて辛かったでしょう。
こんな記事をアップできるなまはげがいるぞ!ってうれしくなります。
コマチ
2008年01月14日 17:17
ほんと、ドラマみたい。
なまはげさんが夢の話をされるのって珍しくないですか?
私が夢大好きだからかなあ
なんだか気になっちゃいますね…
微笑み
2008年01月14日 20:21
こんばんは( ̄ー ̄)実体験ってマジに?
こんな青春時代を垣間見れて見直しちゃいました(^o^;) それぞれにドラマがあるんですね(^○^)
傷だらけの人生るんるん歌えません(--;)
2008年01月14日 21:25
 なまはげさん、どうもです (^^)/

 私も、高卒で東京に上京し、四畳半一間の似たような生活を経験しました (^.^; ポリポリ
 さすがに立ち回りはないですが、今思いだしてもいろいろありましたねぇ (^^;
 貧しかったけど、なぜか楽しかったなぁ・・・ (o^∇^o)ノ

 「傷だらけの人生」は私の愛唱歌ですよ (^.^; ポリポリ
2008年01月14日 21:34
武勇伝じゃないですか。
何で泣くんですか。
私なら、尾ひれをつけてホラ吹きまくります。

「傷だらけの人生」
そんなときに口をついてでてくるって事は、やっぱりいい歌なんですね。
若い頃は、何に憤りを感じていたのか分からないままに、いつも腹を立てていた。
「正義感」のなせる業でしょうか。
2008年01月15日 13:59
鶴田浩二さんだったんだと記事を読んでいて気づきました。似顔絵だけが見えてるときは★なまはげさんなのかと・・

18歳で傷だらけになったようですが、人生は傷だらけではないですよねっ^m^プッ
懐かしく思い出されたのでしょうか。

温泉の記事も載るのかなぁ(^^♪
★なまはげ
2008年01月15日 17:08
☆長田ドームさんへ
 辛酸などという辛い思い出ではありませんよ。何でこんな夢を見たのかわかりません。
★なまはげ
2008年01月15日 17:12
☆+あいさんへ
 昔は喧嘩にも暗黙のルールがありました。勝敗が決した後は無駄な攻撃はしませんでしたね。今なら死ぬまで攻撃してこられるでしょうね、怖い怖い!。
★なまはげ
2008年01月15日 17:18
☆こねこちゃんへ
 青森の彼は数年後に役者の道を諦めて、実家の青森に帰っています。今でも年賀状のやり取りはありますよ。
 ボコボコにされたのはこのときが最初で最後でしょうか。でも、気持ちは清清しかったですよ。
★なまはげ
2008年01月15日 17:21
☆Tatehikoさんへ
 前日の記事が一番辛かったですね。あの事件があったからこんな夢を見てしまったのでしょうか?
★なまはげ
2008年01月15日 17:24
☆コマチさんへ
 普段は滅多に夢など見ないのですが、この日の朝はこの思い出がはっきりと夢に出てきました。不思議ですね。
★なまはげ
2008年01月15日 17:28
☆微笑みさんへ
 「傷だらけの人生」はこの頃凄く流行ったんですよ。この友人に連れられて鶴田浩二の家にも一度だけ伺ったことがあります。
★なまはげ
2008年01月15日 17:30
☆夢見るピーターパンさんへ
 この頃の東京の生活ってみんなこんなものでしたよね。「傷だらけの人生」は夢さんがまた中学生くらいのときでしょうか。
★なまはげ
2008年01月15日 17:34
☆ぶんさんへ
 このあと2・3日は顔が腫れあがっていて外に出られませんでしたよ(爆笑)。
 理由もなく友人を助けたい一心での喧嘩でした。今ならサッサと逃げ出していたかも。
★なまはげ
2008年01月15日 17:38
☆秘密主義さんへ
 私がこんなにいい男だったら、迷わず俳優になっていたでしょうよ(爆笑)。
 こんな喧嘩の話なんて自慢になりませんから。
2008年01月15日 21:03
鶴田浩二、なぜかぼくも時々くちずさみます。
時代なんて違うのに、親父が歌っていたのを覚えているんです。いいお仲間だと思います。
いま、秋田で地域経済をなんとか再起させようと。同じ土俵で戦っているなんて。
2008年01月15日 21:07
↑ちょっと、中身を誤解していました。
青森さんは同業者さんではありませんでしたね。
★なまはげ
2008年01月16日 17:10
☆むうさんへ
 あはは、こんな青春の1ページもありました。

この記事へのトラックバック

  • mixiで金儲け

    Excerpt: mixiで金儲け Weblog: mixiで金儲け,傷だらけの人生 racked: 2008-01-14 16:29
  • 一か八かの賭け

    Excerpt: せどりで、こんなこと勧めていいのかわかりませんが 一応気になったことなので書いておきます。 それは??? 宝くじです。 今、宝くじにはまってます。 といっても.. Weblog: 電脳せどり委員会 せどり上がりを目指せ!!,傷だらけの人生 racked: 2008-01-14 23:38
  • 早漏対策グッツ

    Excerpt: 早漏の原因が「脳の働き」であるとかきましたが、さらに以下の3つのタイプに分けることができると思います。でも、こういうクリニックでさえ、医学的に(肉体的に)、 Weblog: 早漏対策グッツ racked: 2011-07-12 08:22