反骨の男

奥州藤原家が途絶えた後、
源頼朝の奥州支配体制が確立するまで
およそ一年近くかかってしまいます。
その間、奥州武士は鎌倉幕府の侵攻を
黙って指をくわえて見ていたわけではありませんでした。


源頼朝の奥州支配の動きは早く、
各地に手の内の武将たちを地頭として配置します。
奥州各地に残った武将たちも、
鎌倉側に付く者と、
快く思っていない者に二分されていきます。



鎌倉幕府から秋田・豊巻・百三段(ももさだ)・湊・柳田(全て現秋田市内)、
八郎潟周辺一帯及び男鹿半島全域の地頭として広大な土地を与えられたのは、
橘公業(たちばなきんなり)と言う武将でした。


画像
とは言っても、
もともとこのあたりを治めていた武将が面白いはずはありません。
中でも八郎潟東岸に勢力をもっていた
大河兼任(おおかわかねとう)
山北(せんぼく・雄物川北部)の武将たちとともに
七千騎の軍を起こします。


秋田の寒さに慣れない鎌倉軍を襲ったのは
文治5年(1189)12月。
男鹿半島に居を構えている橘公業に大河兼任は、
八郎潟東岸から、氷の張った八郎潟を渡り攻撃を仕掛けます。

しかし、一度に七千の軍団が乗った氷は割れてしまい、
一気に五千の兵を失ってしまいます。
ようやく西岸に辿り着いたのは僅か二千の兵でした。
「行くも死、戻るも死ならば進むしかない」
と、軍を鼓舞。
僅か二千の兵で、橘公業を追い出してしまいます。

さらに今は鎌倉軍となって秋田まで攻め入って来た
由利八郎維平(ゆりはちろうこれひら)と対戦します。
秋田城近くの百三段(ももさだ)の戦いで由利の軍を壊滅。
由利八郎維平もここで壮絶な討ち死にしてしまいます。


大河兼任は、(先日紹介していた「仙北街道」を通って)
直接平泉の奪還には向かいません。
北上を続け、津軽の地頭宇佐美平次実政を討ち取ります。
直接平泉に入ると、南に鎌倉本軍、北に鎌倉地頭軍に
挟み撃ちにされるのを嫌ってのことでした。
画像
徐々に軍勢を増しながら各地の地頭を打ち破り、
陸中(現岩手県)に入り、
ついに平泉を奪還します。
そのまま平泉に留まることをせずに軍は南下を続け、
多賀城(元 宮城県多賀城市)を目指しました。
このときの大河兼任の軍は一万余騎にまで膨れ上がっていました。

途中、橘公業の知らせで攻め入ってきた鎌倉の大軍と
栗原一迫(いちのはざま 現宮城県一迫町)で戦闘になりました。
が、鎌倉軍20万の軍勢の前には歯が立たず、
壊滅的大敗北を喫してしまいます。


平泉近くの衣川あたりで食い止めようとしますが、
そのとき軍勢は僅か500余り。
殆ど抵抗も出来ず、北へと逃げ出します。
画像
僅か数十人になったところで山へと逃げ込んでしまいました。
しかし、山中の山奥で樵夫(きこり)の手にかかり
あえない最後を迎えてしまいます。
文治6年(1190)3月10日のことでした。



大河兼任の行動範囲はかなり広く、
戦に携わった兵士の数もものすごい人数です。
奥州を平和に治めてきた藤原氏に対する恩義と忠誠心で
巨大な敵に臆することなく立ち向かっていった反骨の男・大河兼任。

奥州の独立を夢見ていた男のロマンは
僅か3ヶ月余りで露と消え去ってしまったのです。



こうして奥州全土は鎌倉幕府の支配体制が敷かれたのです。






またまた、東北の歴史を3日間に渡って書いてしまいました。
(歴史大好き人間なもので申し訳ありません)



いずれ又の機会に・・・・・・







んだば






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年08月23日 18:33
 こんばんは☆こねこです♪
 
 今の日本でも、主権を握るものと各地方の人たちでいくつもの溝がありますが、それは日本という一つの国が成り立ってるからこそいろんな議論を戦わすこともできるのでしょうけど、当時は自分たちがやらなければ領土が取られてしまうという危機感でいっぱいだったんでしょうね。

 まだまだ知らないことが多い私にとって、歴史で学べることはありがたいことです。またいつかの機会をお待ちしております(一礼)。

 ねこでした。ニャン☆
2007年08月23日 19:31
ふむ ふむ 読んでますよ~。

いつの世も権力争いは無くならないのかもしれないなぁって思いました。

今の政治家の中に 忠義という言葉を知ってる人間がいるかどうか 私利私欲に固まってる人材ばかりじゃない?

な~んて 関係の無い話に飛んで済みません。

今日だけ 気温が下がった大阪ですが 明日からまた猛暑復活だ!!
2007年08月23日 19:53
大河兼任,勇敢でしたね。このような人がいて,またいっしょに戦う人がいて,それで歴史が綴られるのでしょう。熱い合戦の雄叫びが聞こえて来そうです。
いちど「吾妻鏡」を読んでみます。これまで縁のない分野の本でしたから…。
コマチ
2007年08月23日 22:38
こんばんは。
ご無沙汰してます。
私も歴史好きですが、
東北の歴史ってあんまりよく知らないんです。
鎌倉時代は、登場人物も多くてこんがらがっちゃったりして…

元気になって、時間ができたら
少し勉強してみようかなあ。
★なまはげ
2007年08月23日 23:07
☆こねこちゃんへ
 それまでの主人が突然殺害され自分たちの領地も奪われてしまっては、戦わざるを得なかったのでしょうね。辛い選択になってしまったのですが、この男は意地を通したのだと思います。
★なまはげ
2007年08月23日 23:12
☆+あいさんへ
 いやいや全く関係ない話ではないでしょう。大河兼任に私利私欲があったかなかったかは判りませんが、勝てない相手と判っていても戦わざるを得なかった男の物語でした。
 まだもう少し暑さが続きそうですね。気力で乗り切ってください。
★なまはげ
2007年08月23日 23:17
☆閑客さんへ
 鎌倉幕府にたかだか数千やせいぜい数万の軍勢で戦いを挑む方が無理というものですが、死を覚悟した人間の強さを改めて知る思いでした。
 吾妻鏡、私も全部を読んだわけではありませんが、是非読んでみてください。
★なまはげ
2007年08月23日 23:21
☆コマチさんへ
 私もブログを始めるまで、飛び飛びの歴史しか知りませんでした。一番先に興味を持ったのは後三年合戦(後三年の役)からです。ちょうどコマチさんの地元のお話ですね。
微笑み
2007年08月23日 23:35
★なまはげさんって凄い!まるでその時代に見ていたように書かれていますね。あははは!! こんな男性が秋田にいたなんて、なんか自慢出来ます。
★なまはげ
2007年08月24日 17:46
☆微笑みさんへ
 「講釈師、見てきたような嘘を言い!」という言葉もあります。ただ自分の中でまとめたものをブログに書き綴っているだけです。全部をまともに信用しないようにしてください(爆笑)。
 このような反骨の男が居たことを誇りに思っています。
暇人
2007年08月24日 23:38
秋田に着たばかりですが、知人にこちらを紹介していただきました。秋田にもこんな歴史があったんですね。感心しました。是非、これからもご教授お願いします。
★なまはげ
2007年08月25日 15:18
☆暇人さんへ
 はじめまして、そして、ようこそいらっしゃいました。秋田からいろいろな地元の話題などを書いているブログです。自分勝手に秋田をPRしたいと、一日一記事のペースで更新をしています(たまには休んだりもします)。これからも旬の秋田の題材をアップしていきますのでよろしくお願いします。
2007年09月03日 06:05
歴史は・・・私も・・・好きデス!!
読んでますよ!!
ヾ(*^▽^*)〃ありがとう!!
あはははっ!!歴史を~よんでから~
なまはげ神の~コメント・聞いて~
★なまはげ
2007年09月03日 17:09
☆かすみ草さんへ
 歴史が好きな女性が居て嬉しいです。(心強い!!)
なまはげ神のコメントも、そろそろ入れ替えようかな!?
2008年01月16日 08:21
橘公業って「秋田」にも?!
佐賀にも居ます!!どうなってんの??
同姓同名でしょうか・・・
★なまはげ
2008年01月16日 17:15
☆KENNY PHOENIXさんへ
 橘公業は同一人物です。元々九州地区の地頭だったのですが、奥州討伐に参加し、秋田の領地を任されることになったのです。その後幕府と折り合いが悪くなり、秋田を捨てて九州に戻っています。

この記事へのトラックバック