★なまはげの独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 畠山鈴香被告 無期懲役判決

<<   作成日時 : 2008/03/19 17:07   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 10

藤里町の連続児童殺害事件で、
秋田地裁で判決公判が開かれ、
裁判長は畠山鈴香被告に無期懲役の判決を言い渡しました。


この事件は一昨年の4月9日に行方不明になった
当時小学校4年の畠山彩香ちゃんの水死体が翌日発見され、
翌月の5月17日に2軒隣に住む
当時小学校2年の米山豪憲君の絞殺死体が隣町で発見されました。

平和な山あいの町を恐怖のどん底に落としいれ、
子供たちは外で遊べないという日が長く続き、
子を持つ親達も、一時も子供から目を離せない日々が続きました。
画像


犯人が逮捕されたのは、
6月4日のこと。
最初の被害者、彩香ちゃんの実の母親の鈴香被告だったのです。
画像
最初から鈴香被告ではないかとの噂が先行し、
某テレビ局の番組を通して無実を訴えたり、
犯人逮捕の協力を要請していたり、
偽装工作といえる言動を繰り返していたのでしたが、
豪憲君殺害時のアリバイや物証が決め手となり、
ついには逮捕となってしましました。



長い裁判では弁護側は、
被告の犯行当時の心神異常を主張していましたが、
判決ではこの主張を退け、
責任能力は残っていたと判断。
ただし、計画性は認められず、更生も不可能ではないと
無期懲役の判決になったようです。


公判の最後に鈴香被告は裁判長に
豪憲君の両親への謝罪を願い出て、
傍聴席に向かって土下座をしたということです。

画像


弁護側は即時控訴の手続きをとり、
検察側も控訴する予定だとか。




まだまだ刑が確定するまでは長い時間がかかりそうです。

明日は彼岸の中日。
彩香ちゃん、豪憲君の御霊はこの判決で満足してくれるのでしょうか?









んだば







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
 こんばんは☆こねこです♪

 事件自体、他の組織がらみの大きな犯行ではないですが、やはり自らの子、その友達の子を殺してしまったという罪は大きいと思いますし、社会的に反響がありましたから、ここは当然死刑判決だと思ってました。

 ただ・・・突発的なというのがキーワードになってるみたいで、それが精神的異常を訴える元にもなってますね・・・。

 仮に突発的だったとしても、事件後や法廷での態度を見てると自己保身に必死、という姿しか見えてこないです・・・。

 お彼岸の前日の法廷。
 彼女は何を思って臨み、土下座は誰に向かってしていたのでしょうか?彼女の中に住む「都合のいい神」にでしょうか?許しを請うように・・・。

 ねこでした。ニャン☆
こねこ
URL
2008/03/19 18:14
裁判で判決が出た後、畠山被告が謝罪したというニュースを聞いて・・・そんなことできるのかなぁ〜と思っていました。
私も民事裁判ですが法廷に出廷したことがあります。
写真も撮れませんし、審理以外の行動・言動は許されませんものね。
裁判長が許可したということなのですね。
Tatehiko
2008/03/19 19:38
こんばんは( ̄ー ̄)
今日の判決はある程度予測はしていたものの、出されてみると何か虚しさを感じてしまいました。
我が家の子供たちは無邪気に家の中を走り回っていますが、同じ年ごろの子供たちが殺されてしまったことを思うとやりきれないものを覚えます(・・;)
本当にこの判決で亡くなった子供たちが成仏できるのでしょうか?
微笑み
2008/03/19 20:36
畠山被告は 「死刑にして欲しい」と言っていたのではないですか。
それが 無期懲役という判決が出て 何が不足なのでしょうか?
無期懲役というのは 模範囚で 改心が認められれば保釈という制度があります。
今回の判決文には補足として 保釈に関しては充分考慮すべき という一文があったと聞いています。
しかし 無期懲役と死刑の違いは大きいのです。

死刑を望むための控訴じゃなくて 減刑を望んでの控訴ならば 言ってることが違うなぁって思いました。
+あい
2008/03/19 22:04
☆こねこちゃんへ
 最近の国民感情は、悪事に対して厳罰化のほうに向かっています。被害者の立場になると確かにそのようになるのでしょうが、まだまだ日本の裁判は加害者本位の立場に存在しているようです。
★なまはげ
2008/03/20 17:22
☆Tatehikoさんへ
 最後に裁判官の許しを請い、このパフォーマンスをしたようです。ただ彼女の本心が本当に謝罪の気持ちからだったのかは疑わしいのですが。
★なまはげ
2008/03/20 17:28
☆微笑みさんへ
 極悪非道の被告であっても、裁判官も人の子、なかなか被告に死を宣言するのはためらいがあるのかもしれませんね。私も裁判の空しさを感じました。
★なまはげ
2008/03/20 17:31
☆+あいさんへ
 裁判中も「死刑を望む」なんて殊勝なことを言っていましたが、本心は無罪を願っていたのでしょう。
 控訴審では被告の心に潜んでいる嘘も見抜いてもらいたいものだと思います。
★なまはげ
2008/03/20 17:36
情けない女の人でしたね!!
母親なのに・・・自分の子も・・
殺していたなんて・・・その上
近所の子供まで・手にかけて〜しまうなんて
豪憲君の親も〜可哀想ですね!!
(^_-)・・☆ウインク
2008/04/05 16:59
☆桜草さんへ
 ですよね!もうこんな悲しい事件は起きて欲しくはないですね。
★なまはげ
2008/04/06 17:26

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
畠山鈴香被告 無期懲役判決 ★なまはげの独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる