★なまはげの独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 長坂金山発見物語

<<   作成日時 : 2008/03/14 17:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10


昔、天平20年(西暦748年)にあった話と伝えられています。

鹿角の尾去沢に佐藤清吉という人が住んでいました。
画像
ある夜、清吉は夢の中で、
付き添いの者たち に梵天を持たせて
大森山を歩いて来た唐獅子の格好をした人に、
「この向こうの沢に宝が あるので、掘ってみなさい。」
と言われました。

清吉は不思議な夢を見たと思いながら、
次の日、さ っそく夢で教えられた場所へ行って
その下を掘ってみました。

しばらくすると、石の中に金色に光る物 を見つけたのです。

驚いた清吉は、それを家に持ち帰り火の中で焼いてみました。
すると、金色に輝 くみごとなかたまりが出てきたのです。
清吉は、このかたまりが何なのか不思議に思い、
村人に 尋ねましたが、
これを知る人は誰もいませんでした。

それから何日か経ったある日のこと、
この世のことは何でも知っているという、
腹の下 まで長い髭を伸ばした白髪の老人が訪ねて来ました。


清吉は、あの金色の品物を出してこれが何であるのかを尋ねました。
老人は、その光る物をじっと見た後、
笑いながら、
「これは 金というもので、これまで日本の国にはほとんど無かったものだ。
これは、七宝(七種の宝物)の中でも最も高価なものであり、
この世の中で最高の宝物である。
この金も我が国の中から出るようになったか。
ああ、いよいよ金の時代が来た。
まさに金の時代が来たんだ。」

と 言いました。
画像

清吉は、その話を聞くと非常に喜び、
この金を何回も何回も拝みました。

清吉が老人に名前を尋ねると、
「わたしは、ここの『金山の彦』という者だ。」
と言い残し、急に金色の光を体から放ちながら、
水晶山の方へ飛んで行ってしまったのです。


清吉は、その後毎日、
金を掘り当てた場所へ行き、
金色の大きな石を掘りだし、
火で溶かしては金を取り出し続けました。
そして、それを国主に差し出すと、
国主は天皇に献上しました。

天皇は、
「奥州の黄金は大変きれいで純度が高く、
日本一の良い金である。」
と言い、
国主と清吉にたくさんのほうびを与え、
清吉は幸せに暮らすことが出来たそうです。


こうして尾去沢長坂金山が発見されたと伝えられています。





鹿角地域は、金銀他有力な地下資源の宝庫として
日本の鉱業の中心として栄えていましたが、
資源の枯渇に伴い現在では、
古い鉱山の跡を残すのみになってしまいました。








んだば










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
夢のあるお話ですね。
小学生の頃、尾去沢の坑内で金色の石を拾い
「これは絶対金だ!!!」と思って
理科の先生に見せたら
「これは黄鉄鉱というものです」と
あっさり言われて悲しかったことがありました(笑)
毎週のように宝くじを買っては妄想している私
思えばその頃から「ひと山あてたい」願望があったのかしら(笑)
コマチ
2008/03/14 18:01
 こんばんは☆こねこです♪

 金・・・私はどちらかといえば銀のほうが好きですね。金だとハデなので(笑)。

 小さいころ、多摩川で川遊びをしてたころ砂金のようなものをすくって父に見せたことがありますが・・・気のせいだろうということで却下されました(ぐすん:笑)。

 もっかい多摩川で探してみようかな・・・(笑)。
 ねこでした。ニャン☆
こねこ
URL
2008/03/14 18:33
夢のあるお話ですね。

最近は こういう話が無くなってしまい 現実は厳しい話題ばかりです。

物は無く 生活は質素でしたが 子供の頃が懐かしくなりますね。
+あい
URL
2008/03/14 20:28
こんばんは( ̄ー ̄)
鹿角の鉱山の資源が枯渇してしまったのは残念ですね(^o^;)
いつかどこかの山で有望な鉱石が見つからないかな(^_^)-c<^_^;)
微笑み
2008/03/14 20:32
こんにちは♪
夢のお告げで金山発見! moonの夢にも素敵なお告げがあるといいだけど…。Lunoっちさえも「ここ掘れワンワン!」とは言ってくれないし…(-"-) もうちょっと日頃の行いに気をつけねば(^_^;)

「金山の彦が水晶山の方に飛んでった」ってことは水晶の採れる山もあるんですね! 秋田は鉱山の宝庫! まだ人知れず眠ってる鉱脈もあるかもしれませんね(^^♪
moon
2008/03/15 14:53
☆コマチさんへ
 あはは、黄鉄鉱でしたか。表面にキラキラと金色のものがあって金と間違いやすいですものね。それは残念でした。
 宝くじの方が確率は高いのかもしれませんが。。
★なまはげ
2008/03/15 18:23
☆こねこちゃんへ
 多摩川で砂金ですか!!?間違いなく気のせいでしょう(爆)。
★なまはげ
2008/03/15 18:26
☆+あいさんへ
 お金の額で人生が評価されてしまう世の中になってしまいました。貧しかったけど、人情溢れていた子供の頃が一番楽しかった!!
★なまはげ
2008/03/15 18:31
☆微笑みさんへ
 今度、山を鉱石を探して歩き回りますか?もしかして、大発見できるかも(爆笑)。
★なまはげ
2008/03/15 18:36
☆moonさんへ
 Lunoっちを散歩に連れて行ったときに、ワンワンと指示しませんか?そのときに慌てないように、大きなシャベルを持ち歩くことをお勧めします。
★なまはげ
2008/03/15 18:43

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
長坂金山発見物語  ★なまはげの独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる