★なまはげの独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 女子中学生コンビ漫才デビュー

<<   作成日時 : 2008/02/02 17:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 12

羽後町立高瀬中学校に通う女子生徒2人がお笑いコンビ「さぼてん」を結成し、
地元のイベントで“デビュー”しました。

2人には「お笑い芸人になる」という夢があります。
いつしか、お笑いの本場、大阪や東京で舞台に立つ――。
その目標に向かって一歩を踏み出した2人は
「まずは県内の人たちに知ってもらえるように今後も頑張りたい」
と意気込んでいます。

画像
このコンビは、2年生の阿部美乃莉さん(13)と、
クラスメートの兼子真奈美さん(13)。
学校では、阿部さんは吹奏楽部、
兼子さんはバレーボール部に所属。
ふだんは部活動に忙しい中学生です。


阿部さんが若手漫才の日本一を決めるコンテスト「M―1グランプリ」に感銘を受け、
兼子さんを相方に誘い、
2006年12月、「さぼてん」を結成したのです。
以来、練習を積み、学校祭やお楽しみ会など、
学校の行事で芸を披露してきました。

担任の伊藤文子教諭いわく、
「サービス精神旺盛で常に人を楽しませようとするムードメーカー」
の阿部さんがボケ役、
「姉御肌でクラスのみんなにツッコミを入れる」
兼子さんがツッコミ役だ。

     ◎

そんな2人に初デビューのチャンスがめぐってきたのです。

画像

舞台は、1月26日に開かれた
地元の祭り「ゆきとぴあ七曲」の恒例行事「花嫁道中」で、
新郎新婦が馬そりに乗って到着する羽後町田代の古民家、
旧長谷山邸の前に設けたステージ。

花嫁らが旧長谷山邸にゴールして結婚式を挙げる前に前座を務めることになりました。
阿部さんが祭りの実行委員をしている父に
「前座でもいいから出してほしい」
と頼み込んで出演が実現したのでした。

「会場に集まるお客さんを楽しませ、笑顔にしたい」。
2人は忙しい部活の合間を縫って、
休み時間など空いた時間に教室や廊下で特訓を重ねてきました。

     ◎

本番の26日、雪が降りしきる中、観衆が集まった会場。
2人は部活を終えてから駆けつけました。

中学生らしく阿部さんは制服、
兼子さんはジャージー姿でステージに上がりました。
「オッ、女の子か」
観客席から驚きの声が上がる。

2人はことわざのネタを披露しました。

 兼子さん 「犬」といえば?

 阿部さん 「の川流れ」

 兼子さん 「かっぱ」は?

 阿部さん 「も木から落ちる」

 兼子さん 「猿」は?

 阿部さん 「も歩けば棒に当たる」

  「きっちりずれてるじゃんか」
と兼子さんがツッコミを入れると、会場は笑いに包まれた。


     ◎

秋田弁を織り交ぜてテンポ良く会話を交わす自分たちのスタイルで
約15分の芸を演じ終えた阿部さんは
「緊張して、セリフが途中ですっ飛んじゃった」。

「最初の一歩が踏み出せた感じ。
全国を目指す前に、まずは全県に知ってもらうべく、
これからも頑張っていきたい」
と熱い思いを語る2人は、お笑い芸人になる日を夢見ています。





いつかはMー1グランプリで優勝を目指して頑張ってもらいたいですね。








んだば








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
フェラガモ 財布
女子中学生コンビ漫才デビュー ★なまはげの独り言/ウェブリブログ ...続きを見る
フェラガモ 財布
2013/07/03 17:58
プラダ バッグ
女子中学生コンビ漫才デビュー ★なまはげの独り言/ウェブリブログ ...続きを見る
プラダ バッグ
2013/07/06 03:38

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
 こんばんは☆こねこです♪

 さぼてん・・・可愛らしい名前でいいですね☆
 いきなり全国に出る前にまず地元固めから・・・というのも好感が持てますねぇ(微笑)。

 とても純朴そうな2人ですから、そのキャラをそのまま活かしてほしいですね♪
 
 ねこでした。ニャン☆
こねこ
URL
2008/02/02 18:27
こんなにやりたいことがはっきりしている中学生って素敵ですね。
どーんとぶつかってやってみて欲しいですね。
Tatehiko
2008/02/02 18:53
「サボテン」というコンビ名の由来は何でしょうね?

漫才は 簡単そうで 実は奥が深くて 関西と関東では笑いのツボも全く違います。
東京で受けたからといって 関西じゃ全くダメという例も多いですよ。 その反対もありますしね。
とにかく 数をこなすこと 場慣れすること あとはネタを磨くことかな。

M1は漫才やる人なら 誰もが挑戦できます 来年あたりから始めてみたらどうでしょう。
+あい
URL
2008/02/02 20:05
かわいいなあ。
頑張って何年か後にテレビとかに出演するようになったら、私も二人の姿や漫才を見られるかも!
期待してますよ〜
コマチ
2008/02/02 20:09
こんばんは( ̄ー ̄)
可愛いですね(^○^)まるで私の中学時代のようです(^_^)-c<^_^;)
このころから舞台度胸をつけておけば、いざというとき大丈夫ですね(^-^)v
15分ネタを披露したとは凄いですね♪
微笑み
2008/02/02 20:19
いつかTVで見ることになるのかも!
「さぼてん」覚えておきましょっと(^^)v
秘密主義
2008/02/03 01:12
☆こねこちゃんへ
 将来はどうなるのかわからないですが、自分の好きなものに突き進む若い人は魅力ありますよね。
★なまはげ
2008/02/03 17:33
☆Tatehikoさんへ
 やりたいことがハッキリしていて気持ちいいですよね。ついついこちらも応援したくなってきます。
★なまはげ
2008/02/03 17:41
☆+あいさんへ
 プロの道はなかなか難しいですからねえ。でもまだまだ若さは誰にも負けないはず。夢に向かって精進して欲しいですね。
★なまはげ
2008/02/03 17:53
☆コマチさんへ
 この時期から何かに向かって励んでいるって素敵ですよね。私にもそんな時期が・・・・無かった!!
★なまはげ
2008/02/03 17:58
☆微笑みさんへ
 15分ってけっこう長い時間ですよね。時間いっぱいに頑張ったとは凄いものを感じます。微笑みさんの中学生の時代も可愛かったんでしょうね!!
★なまはげ
2008/02/03 18:03
☆秘密主義さんへ
 はい、しっかり覚えていてください、お願いします。
★なまはげ
2008/02/03 18:07

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
女子中学生コンビ漫才デビュー ★なまはげの独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる