★なまはげの独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 火振りかまくら

<<   作成日時 : 2008/02/14 17:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

猛寒波に見舞われている秋田県内ですが、
各地では小正月行事が開催されていて、
寒さの中でも秋田県人の魂は熱く燃えています。

昨日の13日と今日14日は、
仙北市角館町で「火振りかまくら」が行われています。

画像


「かまくら」と言うと
横手のかまくらに代表される雪室を
イメージされる方が多いかと思いますが、
400年以上前に鎌倉幕府から秋田の地に赴任してきた武士が、
宮廷に奉納していた「鳥追い行事」を秋田で披露し、
それが各地にいろんな形で残されたものなのです。

鳥追い小屋と呼ばれる雪室が横手のかまくらに変化し、
火祭りの部分が残ったのがこの角館の火振りかまくらになります。

鳥追い行事を忠実に再現している行事としては、
美里町六郷に伝わる「六郷の竹打ち」があります。
(詳しくはかまくら行事考をクリックしてください)


火振りかまくらは、
わら紐の先に付けた、稲わらを編んで作った小さな俵に火を付けて、
からだの周りを振り回すもので、
神聖な火で田んぼの厄を払うとともに、
五穀豊穣・無病息災・家内安全など、
一年の無事を祈願するものです。
画像
真っ白な雪の中に踊る火の輪は冬の夜のメルヘンの世界へと誘い、
雪国の温かさをさらに感じさせる行事です。

この行事は見るだけでなく参加できる行事であり、
万一服に引火すると危険なので角館祭りに使う木綿のハッピを貸してくれます。

身体の回りを、ゴウゴウと音を立てて炎が取り囲むと、
最初は怖さを感じますが、
だんだんと面白くなってきます。
中には何度も挑戦する観光客もいます。

町内毎に決まった場所で、
火振りとともに正月の注連飾りなどを高い木に縛りつけて燃やす天筆焼きが行われます。
また雪洞(かまくら)も作られ水神様が祀られます。


今年は間に合いませんが、
いつかは厳冬期の秋田の行事を
楽しみにいらっしゃってくださいね。




んだば










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
 こんばんは☆こねこです♪

 私は怖いので見るだけにします。
 その代わりお父さんが挑戦してくださいね。裸で(ファイヤーダンスじゃないんだから!:笑)。

 仮に私が挑戦したら・・・いや、想像しただけでもねこの丸焼きになってるのでやめます(笑)。

 ねこでした。ニャン☆
こねこ
URL
2008/02/14 19:46
かまくらのルーツはやはり鎌倉なんですね!!
火振りかまくらはちょっと怖そう
でも暖かそう…
コマチ
2008/02/14 19:59
こんばんは( ̄ー ̄)
雪室じゃあないのに何でかまくらって言うのか不思議に思っていました(^_^)-c<^_^;) かまくら行事考を読んで納得です(^-^)v
火振りかまくら一度は挑戦したいと思います!!
微笑み
2008/02/14 20:03
これをみると京都の八坂神社のおけら参りを連想するんですが。関係あるのかな。調べてみます。
むうさん
URL
2008/02/15 01:34
☆こねこちゃんへ
 あはは、裸ではちょっと無理かもしれませんが、回すことならできそうです。怖いのは最初の数回だけで、あとは楽しいそうですよ。無病息災・家庭円満・恋愛成就などのご利益がありますから挑戦してください。
★なまはげ
2008/02/15 17:07
☆コマチさんへ
 ルーツには諸説がありますが、私は鎌倉ルーツ説を信じています。それが一番しっくりと各地のかまくら行事を総括していると思われますから。
★なまはげ
2008/02/15 17:12
☆微笑みさんへ
 詳しい文献が無いのでどれが正しいのかは判りませんが、仙北・平鹿地域の一連の行事が「かまくら」と呼ばれていることにある程度納得が得られたと思います。
 火振りかまくらも一度は挑戦してくださいね。
★なまはげ
2008/02/15 17:18
☆むうさんへ
 京都のおけら参りって、縄に火をつけて持ち帰る行事でしたっけ?関係あるのかなあ?私も調べてみます。
★なまはげ
2008/02/15 17:21

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
火振りかまくら ★なまはげの独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる