★なまはげの独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 逃げ場のないトンネル

<<   作成日時 : 2008/02/01 17:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 10

平成19年2月1日。
画像
ちょうど一年前のこの日、
盛岡市の専門学校に通いながら
仙北市田沢湖町に住み同い年の妻と、
初めての誕生日を目前にした長男と幸せに暮らす松田護峰さん(当時21歳)が
三人で盛岡市に向けて車を走らせていました。


一方、
盛岡から秋田に向かう大型トラックには、
運転手安田康宏(35)が乗っていました。

この大型トラックは、何か急いでいたのか
あるいはイライラすることがあったのかはわかりませんが、
前を走る車に対して、
車間距離を極端に詰めたり、
左右に蛇行したりする「あおり運転」を繰り返していました。

画像

秋田と盛岡を結ぶ国道46号線は、
奥羽山脈越えの国道です。
県境付近は仙岩峠(せんがんとうげ)と呼ばれ、
昔はくねくねと曲がりくねった道が続き、
冬季間は通行止めになるほど難所続きの道でした。


画像
今では連なる山をくり貫きトンネルを通して
通年通行が出来るようになっています。

当然幾つものトンネルをくぐり抜けて通行することになりますが、
殆どのトンネルは数百メートルから数キロにも及ぶ長いトンネルです。



画像
あおり運転を繰り返していた大型トラックの運転手安田は、
桂巣トンネル入り口の直前で前を走る車の追い越しをはじめ、
前方から走ってきた松田さん一家が乗る乗用車と正面衝突。

松田さんと愛息の長男が死亡、
奥様は重傷を負ってしまいました。

松田さんは違反となる運転は何一つしていませんでした。

逃げ場所の無いトンネルの中で、
突然、真正面から迫ってくる大型トラックの恐怖。




残された妻と両親は、
危険運転致死傷罪の適用を求めましたが、
直接の事故原因はあおり運転ではないとの理由で適用されませんでした。

今、業務上過失致死傷罪で地裁での公判が続いています。


時間に追われて仕事をしていると、
運転中にイライラしたりすることはあります。
追い越しをしてしまうこともあります。


「ハンドルを握る時、この事故のことを思い出し、
気を引き締めてほしい」

一人生き残った奥様の言葉が重く響きます。




お二人のご冥福をお祈りいたします。







んだば










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ヒヤルロン酸
ニューヤングライフは、5カ国で500万個の健康食品に配合された実績を持つ、飲むヒアルロン酸「ECM・E」に、新たに筍(たけのこ)エキス「バンブーノイド」を配合した健康食品です。 ...続きを見る
ヒヤルロン酸
2008/02/02 17:02
求刑禁錮年に無力感
2月1日のブログで 昨年仙岩峠のトンネル内で起きた交通事故の話題を取り上げていました。 「逃げ場のないトンネル」←クリック ...続きを見る
★なまはげの独り言
2008/02/27 17:11

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
 こんばんは☆こねこです♪

 私はお仕事で移動するときバスを利用する機会が多いんですが、バス停で乗降するために停まると後続の車は追い越していきます。これは違法ではないと思うのでいいんですが、問題は普通にバスが走行してるときに追い越していく(もちろん追い越し禁止車線です)車を見ると、もし対向車が来たらどうするの!!という思いでハラハラしながら見るしかないのが悔しい限りです。

 私が見たときのケースで事故を起こしてもこのケースと同じく危険運転致死傷罪が適応されないこともあるかと思うと、何のための追い越し禁止なのか、また何を基準にした法律なのか曖昧になってしまいますよね。哀しいです・・・。
 
 ねこでした(合掌)。
こねこ
URL
2008/02/01 18:40
これもまた痛ましい事故ですね。
罰則をきつくしたからといって・・・この種の無理をしないようにできるかというと、難しそうに思います。
加害者運転手の罪ではありますが・・・道路法規を上回る仕事に科せられたプレッシャーを生む環境にも目を向けなければという気がします。
コメントがし難いです。
ご冥福を祈るとともに、交通事故防止に、罰則と合わせて総合的に環境を整えるようしていかないといけませんね。
Tatehiko
2008/02/01 18:47
こんばんは( ̄ー ̄)
もう一年になるんですね(T_T) 
ペチャンコに潰れていた車の映像がいまでも目に浮かびます(/--)/
裁判がまだ続いているのですね。我が物顔で自分勝手な運転手には厳しい判決を与えるものであってほしいです。
お二人のご冥福をお祈りいたします。
微笑み
2008/02/01 19:50
こちらがどんなに気をつけていても
ぶつけられたり轢かれたりしたら
損をするのはこちら
その罪を問うこともままならないとは
やるせない話ですね…
コマチ
2008/02/01 21:54
真冬の仙岩峠。ぼくも怖い思いをしたことがあります。危険運転致死の適用のハードルが余りにも高すぎますよね。残念です。
むうさん
URL
2008/02/01 22:28
☆こねこちゃんへ
 追い越しをかけるときは前後の確認はもちろん、死角になる道路からの飛び出しなどにも注意しなければいけません。本当に危険な作業になります。皆さん何気なくやっていますが、ねこちゃんが不安に感じるのも無理あれませんね。
★なまはげ
2008/02/02 17:10
☆Tatehikoさんへ
 無謀な運転を抑止するためにと制定されたはずの危険運転致死傷罪はハードルが高すぎて、あまりにもオソマツな運用となってしまっていますね。人を二人も殺しておいて業務上過失致死だけとは何のための法律だったのかと大いに疑問に感じてしまいます。道路は自分ひとりで利用しているものではないと自覚できない人には、厳罰をもって処するしかないのではないでしょうか。
★なまはげ
2008/02/02 17:18
☆微笑みさんへ
 大型トラックにうしろにピタリと付かれて、大変緊張したことがあります。そのような車には、安全なところで道を譲り、先に行ってもらうようにしています。そのほうが自分のペースで運転できますものね。
 自分勝手な運転する運転手には、もっと厳しい法律が必要なのだと思っています。交通事故を減らす意味でも役立つのではないでしょうか。
★なまはげ
2008/02/02 17:25
☆コマチさんへ
 例えば、通り魔などで無差別に人を殺したとしたら、当然殺人罪が適用になります。が、無謀運転で人を殺しても業務上過失致死で済むとは納得いきませんよね。
 凶器を振りかざしているのとどこが違うのでしょうか?立法府の人たちにはそれがわかっていらっしゃらない方がたくさん居るようです。
★なまはげ
2008/02/02 17:31
☆むうさんへ
 危険運転致死って何なんでしょうね?酔っ払いだけのための法律なんでしょうか??繰り返し行うあおり行為は立派な危険行為だと思うのですが・・・・・。。
この法律はハードルが高すぎて何の抑止にもなっていませんね。
★なまはげ
2008/02/02 17:37

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
逃げ場のないトンネル ★なまはげの独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる