★なまはげの独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 年男と貧乏神 その2

<<   作成日時 : 2008/01/19 17:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

今日の秋田市は時折雪がチラつくも、
ひさびさに真冬日から解放され、
暖かく感じられる一日でした。
とは言っても、最高気温は1度ではありましたが、
慣れっていうのは恐ろしいものですね、
汗をかいて仕事してましたもの・・・。。

「慣れ」と言えば、
貧乏生活も長く続けていると、
だんだんと気になくならなくなってしまうものなんでしょうか?

さてさて、十年もの長い間、
貧乏神と一緒に暮らしてしまっていた夫婦はどうなったのでしょう?





夫婦して逃げる相談してらば、
戸棚の中の貧乏の神ドンドンて戸はだぐけど。
知らなねふりしてだば
「びゃっこ待でた。待じでけろた」て言うがら戸あげだば、
貧乏の神が ワラジ編みしてらけど。

  (夫婦で逃げ出す相談をしていると、
   戸棚の中の貧乏が身がドンドンと戸を叩きます。
   知らない振りをしていると、
   「少し待ってくれ。待ってくれよ。」
   と言うので戸を開けて見ると、
   貧乏神がワラジ編みをしていました。)

「お前だのコソコソしゃべり聞いだど。新しい場所さ行くなだべ。
俺も行ぐがらワラジの編みあがるまで、びゃっこ待じでけろ」

「何と、逃げる俺らださついで来るなが」

  (「お前たちのひそひそ話しを聞いてしまったぞ。
   新しい場所に移ろうとしているな。
   俺も一緒に行くからワラジが編み上がるのを、少し待っていてくれ」
   「なに、逃げようとしている俺たちについて来るのですか?」)

がっかりしてらば、貧乏の神がピョンて戸棚がらはねおりで来て
「そんたにがっかりするなた。
午年の年男さなば除夜の鐘が鳴るまで運ある。
十年も世話になったがら金儲けの方法教えでける」
て言うど。
貧乏の神が金儲げ教えるて言うがら、夫婦は腰抜かしてしまった。

  (がっかりしていると、貧乏神が戸棚から飛び降りてきて、
   「そんなに落ち込まないでくれ。
   午年の年男には除夜の鐘が鳴るまで運が残っている。
   十年も世話になっていたから、金儲けの方法を教えてあげよう」
   と言った。
   貧乏神が金儲けの話しをするというので、夫婦は腰を抜かすほど驚いた。)
 
「ぼやぼやしてるな、寒びがらイロリさ木くべろ。
どんどど火を燃やせ。
それがら酒屋さ行って酒こ、
魚屋で魚こ買って来い」

「銭こねおの」
「貧乏の神だたてホタコあるど、ほれ」

  (「ぼやぼやしてないで、囲炉裏に木を燃やせ。
   ドンドンと火を燃やせ。
   それ方酒屋に行って酒、魚屋で魚を買って来い」
   「お金がありませんよ」
   「貧乏神でも小銭くらいあるぞ、ほら」)

貧乏の神がら銭こ貰って、
わらしの時に三文店さ走ったよだ気持ちで買物さ行ったけど。

  (貧乏神から小銭を預かり、
   子供が喜んで駄菓子屋に走るような気持ちで買い物に出かけたのです。)


画像 
貧乏の神なば、ゴエゴエど酒こ飲むなで夫婦は心配になってしまった。
「貧乏の神様、俺らだなば生まれでがら飲んだ事もねえ清酒(しみざけ)、
そうゴエゴエど飲めばつぶれでしまうど。金儲けの話こ忘れるすど」

  (貧乏神はゴクゴクと酒を飲み始めたので夫婦は心配になりました。
   「貧乏の神様、我々には生まれてこれまで飲んだことも無いような清酒を、
   そんなにがぶ飲みしていると酔いつぶれてしまいますよ。
   お金儲けの話を忘れないでくださいね。)
 
「大丈夫。貧乏の神、なんぼ飲んだたて酔わね。
酔わねがらなんぼも飲む。
銭こねたて飲むがら貧乏の神になってるなだ。

  (「大丈夫だ。貧乏神はいくら飲んでも酔いはしないのだよ。
   酔わないからいくらでも飲む。
   お金は無くとも飲むから貧乏の神様なんじゃよ。)

ああ金儲けの話こな、今がら言うど。
除夜の鐘の鳴る前に午年最後の馬っこが家の前を突っ走る。
最初に走って来る馬っこは小判を積んだ茶色の馬っこだ。
二回目の馬っこなば銀を積んだ白い馬っこだ。
最後の馬っこなば一文銭積んだ赤い馬っこだど。
その馬っこさ飛びづいで、馬こをしまげば、積んでいる物はお前だの物になる」

  (そうそう、金儲けの話じゃったな。これから言うぞ。
   除夜の鐘が鳴る前に午年最後の馬が家の前を走る。
   最初に走ってくるのは小判をたくさん積んだ茶色の馬だ。
   二頭目は銀を積んだ白い馬が走る。
   最後の馬は一文銭を積んだ赤い馬が来る。
   その馬を捕まえることが出来ればその積荷はお前のものになる。」)

 
除夜の鐘が鳴る頃、戸口の前さ立って居だば茶色馬こ走って来た。
パッパカパッパカと戸口の前を通り過ぎようとした瞬間、
オドがホェヤーッて飛びかがったども、
馬こは走り抜げでオドはけゃどさバッタリ倒れでしまった。

  (除夜の鐘が鳴り始めようとするとき、
   戸口で待っていますと茶色の馬が走ってきた。
   パカパカパカと戸口前を走りすぎるときに、
   夫は「ホェヤーッ」と叫びながら飛び掛りましたが、
   馬はするりと走りぬけ夫は道にバッタリと倒れてしまいました。)
 
除夜の鐘が鳴りだしたら、
パッパカパッパカと白い馬こが走って来た。
オドはコリャーて飛びかかったども、通り過ぎてしまった。

  (除夜の鐘が鳴り始めると、
   次の白い馬が走ってきました。
   夫は「コリャー」と飛び掛りましたが、
   この馬にもするりと逃げられてしまいました。)
 
「オド頑張れた」アバが大声をあげだその時、
最後の赤毛馬こがパッパカパッパカて走って来た。

  (「あんた〜、頑張って!!」妻が大声を上げたそのとき、
   最後の赤毛の馬がパカパカと走ってきました。
 
「絶対にブッ倒すど」
ヤヤヤヤヤーッてありったけの声を出して飛びかがったけど。

  (「絶対に捕まえてやる。」
   「ヤヤヤヤヤ〜ッ」と出来る限りの声を上げて飛び掛りました。)
 
「馬こどごブッ倒したど」夫は大声を出したども、
何となくべてこぇ馬こだ。
よぐよぐ見だば貧乏の神どごギジッとしまえでだけど。

  (「馬を捕まえたぞ!!」夫は大きな声を出しましたが、
   なんとなく小さな馬のように感じました。
   良く良く見ると貧乏神をぎっしりと捕まえていたのです。)
 
貧乏の神なばニヤッとして
「これがらもお前だの世話になるなだ」て、
家の中さ入って行ったけど。

  (貧乏神はニヤッと笑いながら、
   「これからも暫くお前たちの世話になることになった」と、
   家の中に入っていったのでした。)


とっぴんぱらりのぷう
   (おしまい)










んだば










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
 こんばんは☆こねこです♪
 
 わぁ〜〜〜!!
 貧乏神にとり憑かれたらおしまいですね!

 私も招いてる手のひら(肉球?)を広げてお断りの姿勢をとらないといけませんね(笑)。

 ねこでした。ニャン☆
こねこ
URL
2008/01/19 17:52
ひっ、酷い…
しかしまあ、楽してお金はつくれないものなんでしょうか
それにしてもありがたくない神様だわっ!
コマチ
2008/01/19 19:38
こんばんは( ̄ー ̄)
うわぁ〜貧乏神にとりつかれたらなかなか縁が切れないのでしょうか(゜ロ゜;
家の貧乏神に出て行ってもらうためには、何としても一頭目か二頭目の馬を捕まえなくては(^-^)v
微笑み
2008/01/19 20:19
ひ ヒドイ・・・

貧乏神のヤツ 騙したんですね・・・

騙された方も 欲をだしたからですけど それにしても この神様だけは来ないでーーー!
+あい
2008/01/19 20:22
こんばんは(^-^)/
ありゃまぁ…
結局は逃げられなかったのですな。

変に欲を出すとこうなるということでしょうか…

とはいえ、ありがたくない神ですね!!

どんどん
URL
2008/01/19 21:02
なかなかしつこい貧乏神ですね。
でも早起きしたら、居心地が悪くなって、出て行ってくれるのかな。
むうさん
URL
2008/01/19 21:34
☆こねこちゃんへ
 なかなか離れることが出来ないのが貧乏神なのかもしれませんね。我が家の貧乏神はいつ出て行ってくれるのかな?
★なまはげ
2008/01/20 17:32
☆コマチさんへ
 一度摂りつかれたらなかなか離れられなくなってしまうということでしょうね。怖い怖い!!
★なまはげ
2008/01/20 17:35
☆微笑みさんへ
 なかなかチャンスは少なそうですが、なんとしてもそのチャンスを活かすことしかなさそうですね。
★なまはげ
2008/01/20 17:38
☆+あいさんへ
 騙したといえばそうなんでしょうが、チャンスを逃してしまったとも言えるのでしょうね。それだけ貧乏からの脱却は難しそうです。
★なまはげ
2008/01/20 17:40
☆どんどんさんへ
 結局は逃げることが出来ませんでした。この夫婦可哀想になってしまいますね。全くもって実に手ごわい神様です。
★なまはげ
2008/01/20 17:44
☆むうさんへ
 早起きをして、生活を正して、貧乏神を呼び込まないようにすることが一番なんでしょうね。
★なまはげ
2008/01/20 17:46

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
年男と貧乏神 その2 ★なまはげの独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる