★なまはげの独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 女湯侵入時は泥酔状態

<<   作成日時 : 2008/01/17 17:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 20

秋田は今、激震に揺れています。
画像

男鹿市の男鹿温泉郷の旅館で
昨年12月31日になまはげを実演した男性が女性風呂に侵入し、
女性客数人の体を触った問題で、
湯の尻町内会のメンバーらと同温泉郷内の8宿泊施設を回った時には、
「記憶が無くなっていた」
と町内会メンバーや両親に話していたことが16日わかりました。
旅館で女性風呂に侵入した際には、泥酔状態だったといいます。
この男性は、20歳の新成人で東京都在住の会社員。
大みそかには、正月休みで市内の実家に帰郷していました。

湯の尻町内会メンバー(50)によると、
大みそかの午後6時ごろ、
同町内会からなまはげになる男性6人や、
ご祝儀をもらう人など計約10人が集合。
2組に分かれて町内の20数軒を訪問し、酒などを振る舞われました。

男性は、このメンバーに
「(民家の)3軒目ほどから記憶が無くなっていた」
と話しています。

民家を回った後、午後7時ごろから同温泉郷内の全9宿泊施設のうち、
8施設を回り始めた際には男性は完全な泥酔状態で、
メンバーは「がんばれ。もう少しで終わるから」と励ましていました。

男性ら同町内会が回った8施設のうち、
5施設からは女性宿泊客から「体を触られた」という苦情が7件寄せられています。
苦情の出ている旅館には全てこの町内が参加していてますが、
この町内のなまはげが行った行為なのかは調査中です。

8施設を回り終えた後の午後9時10分ごろ、
男性が女性風呂に侵入した旅館から、
町内会グループのまとめ役に苦情の連絡がありました。

まとめ役らが旅館に謝罪に行った後、
この男性は、町内会のメンバーらに対し、
「みなさんご迷惑かけてごめんなさい」と涙を流して謝ったといいます。

湯の尻町内会では、20年ほど前から地元に残る若者が少なくなり、
毎年帰郷する若者らに声をかけ、なまはげの行事を何とか継続させていました。

メンバーは
「伝統行事を絶やしてはいけないという使命感で行事を行った。
男性が酔っていることはわかっていた。
無理させてしまったことを反省している」
と話しています。


この事件を受け、男鹿市と男鹿市観光協会が
謝罪文をホームページで発表しています。
個々にその全文を掲載しておきます。


なまはげの不祥事について

昨年12月31日に温泉郷周辺地区のなまはげに扮した男性が、
旅館内で女性客へ悪質な行為を行い、
全国各地の男鹿半島を応援して下さる皆様に
大変ご迷惑やご心配をおかけいたしましたことに対し、
衷心よりお詫び申し上げます。

なまはげ行事は、
男鹿半島に数百年来続く民俗行事としてこれまで伝承され、
昭和53年に国の重要無形民俗文化財に指定され
脈々と継承されている伝統行事です。

当会では、これまで市・観光関係者一体となり
「なまはげ」を中心とした観光振興等に取り組んできたところであり、
この度の行為を残念に感じると共に大変重く受け止めております。

今後、なまはげ行事に携わる人に対し、
礼儀作法の徹底、資質の向上などに努め再発防止策を講じると共に、
「なまはげ」行事を絶やすことなく保存・継承して参りたいと考えております。

この度のなまはげが起こした不祥事について、
全国の皆様や関係団体に対しまして深く深くお詫び申し上げますと共に、
男鹿の観光に対しまして
変わらぬご支援・お力添えを賜りますよう何卒お願い申し上げます




いま、男鹿市では
「なまはげ行事」が時代に即したものであるための
ルール策定に取り掛かっています。

振る舞い酒は飲む振りをする、
プライベート空間には立ち入らない、
セクハラ行為は絶対にしない、
「なまはげ」の心を理解したもの以外は参加させない等々、
あまりにも当たり前のことではありますが、
きちんとしたルールの下で継承していってもらいたいものです。



今後、刑事事件に発展するのかどうかは、
現在、警察が詳しく調査中です。


追記

「なまはげ」を深く愛する者の一人として、
この事件の詳細・顛末をきちんとお伝えするのが責任だと思っています。
本当は「なまはげ」の恥さらしは逃げて通りたいのですが、
批判を受けるのは承知で事件を追い続けます。
この記事と事件に対してはいかなるコメントも甘んじて受ける覚悟です。
しかし、全国の皆様お一人お一人様々なご意見があることと思いますが、
そのコメントに対して、
その方を中傷するような卑劣なコメントだけは削除させていただきます
ので悪しからず。
(先日の第一報に実際にそのようなコメントが寄せられましたが、
こちらで削除させていただきました。)






んだば






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
世も末?セクハラなまはげ波紋、「暴れ方」指針策定へ
秋田県男鹿市の男鹿温泉郷の旅館で、大みそかに起きたなまはげに扮(ふん)した男性による女湯乱入とセクハラ問題。“秋田の顔”ともいえるなまはげの前代未聞の不祥事に、市は月内に対策協議会を発足させ、暴れ方などに関する指針を設ける方針だ。一方、地元には、なまはげを取り巻く環境が変わることへの不安も渦巻いている。(宮原啓彰) ...続きを見る
ユミのおもしろニュース日記,女湯侵入時は...
2008/01/20 01:26
フェラガモ 財布
女湯侵入時は泥酔状態 ★なまはげの独り言/ウェブリブログ ...続きを見る
フェラガモ 財布
2013/07/03 13:45

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(20件)

内 容 ニックネーム/日時
ぼくが愛している安全寺のなまはげも、三匹のうち、決まって一匹は完璧に泥酔しています。それでも、リーダー格の方がきちっと締めてらっしゃいます。その有り様までぼくの愛情の対象なんです。
20歳の酒も飲みたての男性になまはげ役を任せるのは少々荷が重かったのかもしれませんね。
それから、どのようなコメントだったかは伺いようもありませんが、運営大変ですね。どんなルールが作られるのか、見守っていきたいと思ってます。
むうさん
URL
2008/01/17 17:49
 こんばんは☆こねこです♪

 私が先日書いたコメントで「潔い対応を」というのは、刑事事件で罰を受けてほしいとか、なまはげの行事を自粛、または廃止を、ということではないんです。

 伝統として振舞い酒があるなら飲むフリをすると規定を決めるのもいいと思いますが、まず酔うということを前提に物事を進めてほしいということで書きました。

 今回はたまたま加害者のような立場になってしまいましたが、この男性も故郷の伝統を守りたい、愛したいという想いからなまはげの役を引き受けたんだと思います。

 私は誰を責めるつもりはありません。
 ただ・・・お酒という、人の判断を狂わせるものがあるなら、正常に判断できる人をもっと増やしてさりげなく監視、または泥酔にならないよう、なったとしても解放できるような人員を考えてほしいと思ってます。これが議論の中心であるべきだと思ってます。

 ねこでした。ニャン☆
こねこ
URL
2008/01/17 18:15
こんばんは☆
ワイドショーやニュースでは「なまはげが!」と面白半分のように取り上げられただけで 「その後」がないので ★なまはげさんの続報を読んで「そうだったのかぁ…」と思いました。
確かに20歳君の行為は許せませんが 一緒にいた先輩達が「励ます」だけで「途中で参加させない」勇気がなかったのも残念です。
でも 今まで常識を持って行われていた事が ルール化しないといけないなんて… なんか変な時代になったものです(-"-) 
moon
2008/01/17 18:57
こんばんは( ̄ー ̄)
どんな新しいルールが出来上がるのか気になりますね。こねこさんやmoonさんの提案も是非取り上げていただきたいと思いました(^○^)
男鹿市では早い時期に新しいルールを発表したいとの意向があるようですが、急ぎ過ぎないでじっくり練り上げていただきたいものです。
微笑み
2008/01/17 20:05
こんばんは(^-^)/
たしかにルールは必要かもしれないけど、結局はモラルに行きつくところなのかな、なんて思ったりします。

振舞酒で飲みすぎて…となっているのだけど、ふるまう側、そしてなまはげに入る側がそれぞれどのような状態になっているのかを相互認識したうえで伝統を引き継いでいく、ということになるのかな、と思ったりします。

どんどん
URL
2008/01/17 20:57
事件の行く末やブログの展開と気がかりがいろいろあって大変ですね。
規制の縛りがなければ粛々と行事を行えないとは情けない
という気持ちもありますが、
やはり節度あってこその伝統です。地域の誇りとして守っていきたいですものね。
うまいルールができるといいのですが…
なまはげさん、がんばって!
コマチ
2008/01/17 22:08
ルールを策定中ですか。
振る舞い酒という習慣の方を・・・演出しているなまはげさんに対して禁止するという方がいいのでないでしょうかね。
それじゃ盛り上がらないというのが観光協会やなまはげさんの思いかも知れませんが・・・そういう意味ではつらいでしょうが・・・。
徹底すると言う意味では、酒なしでなまはげの縁者は盛り上がらないといけませんね。
含み酒なんて酒の飲める人にはつらい行為ですからね。
また振舞われると・・・むげに断れないというのが人情と言うものでしょう。
Tatehiko
2008/01/18 16:09
☆むうさんへ
 酔っ払ってもリーダーがしっかりとサポートできていればいいのですが、この町内にはそれがなかったのでしょうね。途中からでも抜けさせてくれれば良かったのに。
★なまはげ
2008/01/18 17:44
☆こねこちゃんへ
 そうですね、中途半端な対応だけはして欲しくないですね。自らの駄目だった面をしっかりと反省し、適切なモラルの元で再出発してもらいたいです。
★なまはげ
2008/01/18 17:48
☆moonさんへ
 今まで当たり前だと思っていたことでも、時代が変わると一つ一つ教えていかなければいけないようになってしまったようですね。マニュアル作りも致し方ないのかな。
★なまはげ
2008/01/18 17:53
☆微笑みさんへ
 どんなルールに決まるのか、大変に気になるところですね。しっかりとした、誰しもが納得できるものになるといいですね。
★なまはげ
2008/01/18 17:58
☆どんどんさんへ
 確かにモラルの問題なのですが、モラルまでもマニュアル化しなければいけないような時代になってしまったのでしょうか、残念ですね。
★なまはげ
2008/01/18 18:01
☆コマチさんへ
 マニュアルがなければ脱線してしまうモラルのなさには呆れてしまいますが、このような事件が起きてしまった以上、中途半端な対応では世間は納得しないはず。キッチリとしたルールで再出発ですね。
★なまはげ
2008/01/18 18:04
☆Tatehikoさんへ
 お酒のことはある程度厳しいルールが作成されるのではないでしょうか。当分はそれもいたしかたないし、それだけ重大な事件を起こしてしまいました。
★なまはげ
2008/01/18 18:07
女湯侵入時は泥酔状態
なら、何をしてもいいということではない。
yaya
2008/01/20 20:45
☆yayaさんへ
 その通りですね。
★なまはげ
2008/01/21 18:20
う〜ん、、、
なんか、同情します、、、その東京から帰って来ていた子(犯人)に、、、
地元だけなら、女性のおしりさわったりとか、全然オッケーなシチュエイションもあるでしょうね。
難しいな、、、
猫姫少佐現品限り
URL
2008/01/22 02:31
☆猫姫さんへ
 酔った上でと言う言い訳は出来ませんね。前後の見境が出来なくなった段階で途中で抜ける決断が欲しかったですね。
★なまはげ
2008/01/22 17:11
はじめまして、よそ者として離れた目でみた感想を書きたいと思います。

私は県外からきた人間ですが、なまはげのような有名で独自の魅力をもった伝統は絶やしてはいけないと思います。地元の方もとてもご苦労されている事だろうと思います。

ただ、やってしまった事の責任はきちんと取らねばいけませんし、そのことを大した事無いとか言ってはいけないと思うんですね。

不思議なんですけど地元の女性は入浴中襲われても大丈夫と本当に思ってるんでしょうか?
意外と気軽にそのような事を書かれている人をみかけますが、これが秋田県の常識と、日本中に思われることの方が私は心配で仕方ありません。

地元の方が地元を守りたくて書かれるのでしょうが、よそ者の目には返って悪く写ってる事も考えねばいけないと思いました。

長々と申し訳ありません。
ご迷惑なときには削除してください。
とまと
URL
2008/01/25 11:48
☆とまとさんへ
 はじめまして、コメントありがとうございます。「なまはげ行事」にご理解をいただいて、大変嬉しく感じています。
 ご指摘の「女性が入浴中襲われても平気と思っているか?」と言う質問ですが、各部落を廻るときには訪問時間をおよそ決められていますので、
そのような時間に入浴している女性はいません。
また仮にそのような行為をしたとしたら、モラルの面で重大な問題が生じるはずです。なにしろ、廻ってくるのはお面を付けているとは言え、いつもご近所同士の知っている人間ですから、酒が入るとは言えそんなことが起こる状況にはありません。
今回問題になったのは一般のお客さんが宿泊している旅館だったのです。泥酔だったとは言えこのような行為に走った青年が許されるはずはありません。今後どのような罰が言い渡されるのかは警察の判断ですが、二度とこのような不祥事が起きないように主催者としても検討している最中です。
★なまはげ
2008/01/25 16:37

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
女湯侵入時は泥酔状態 ★なまはげの独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる