★なまはげの独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 最後のダイエット

<<   作成日時 : 2007/12/08 19:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 12

前回もご紹介しましたが、
高橋いずみさんの「ちょっとしあわせ」というエッセイ集の中から、
今日も一つ作品を紹介します。


「最後のダイエット」

本との出会いで人生がちょっと変わることがある。
何気なく通った本屋のコーナーで、偶然目に飛び込んできたタイトル・・・・
「最後のダイエット〜これでスリムになれなければ、あなたはもうダイエットは諦めなさい」。
甘い言葉で読者を誘惑するよくある本とはまったく異なる。
真っ向から挑戦状を叩きつける自信たっぷりな言葉。
「いったい、どんな訳があってそんなことを・・・・」
と手にとり表紙をめくると、次に「立ち読みの方もここだけはお読みください」の文字が。
おっと、まるでこちらを見透かされているようだ。
操られるまま、謎を解くように読み進む。
画像
それは、予想もしない内容だった。
なぜ太るのか。食べるから。
なぜ食べるのか。食べたいから。
なぜ食べたいのか?そんなことは考えたこともない。
なぜだろう。さらに問いかけは続く。
本当に食べたいのか?えっ、本当に食べたいかって、そうに決まっている・・・・
でも、そうでない時もある!
疲れたからとか、決まった時間に食べなければ行けないからとか、
付き合いでとか、食べ物を見たら食べたくなったとか、
つまらないからとか、理由はいろいろある。
が、良く考えればどれもお腹が空いていないのに無理に食べようとする、
不本意な理由ばかりだ。
忙しくて好きなことが出来ない不満や、
疲れを癒す代わりに、ちょっとひと休みと称してお茶を飲みお菓子をつまむ。
それで不満がなくなったり、疲れがとれるわけでもなく、
太るというとんでもないオマケがつくと知っているはずなのに。
それならば不満や疲れをなくす方法を考えましょう、というのである。

言われてみれば確かに、自分を置き去りにした生活だった。
朝起きれば家事に追われながら仕事に出かけ、
仕事場では今日のノルマがある。
帰ればまた疲れた体にムチ打って家事・育児をこなし、
一段落したときには家族はみな寝静まっているという生活では、
不満どころの話ではない。
自分がかわいそうだと思う。もっと自分を大切にしてあげよう。
でもギリギリの生活で、自分のための時間を割くのはとても難しい。
だったら時間のかからない楽しみをみつけよう。
特別に時間を割かなくとも、生活そのものを楽しめば一石二鳥というものだ。
毎日の平凡な繰り返しのことがらを見直そう。

たとえばお風呂。
綺麗に洗ったお風呂にお気に入りの入浴剤など入れて、ゆっくりと浸かる。
今日は登別、明日は湯布院と、どこかのコマーシャルではないが、
気分で温泉旅行を楽しむのもオツなものだ。
忙しいからついでに浴室を掃除してとか、
急いで上がって早く寝なくっちゃとか考えるのはいけない。
鼻から息を吸って、口からはく。全身の力を抜いてリラックスする。
これだけでも疲れがかなりとれる。
遠くの温泉に出かけて湯船に浸かった瞬間の、
あの「あ〜」(満足の声)という気分が毎日味わえる。

また、花を育てるのも心が安らぐ。
一日一度の水やりとほんの少しの時間をかけるだけですくすく育つ花たちが、
傍らにあるだけでやさしい気持ちになれる。

そして子供たち。
パワー溢れる子供たちはつい「うるさい」の一言で片付けたくなる。
でも少し斜に構えて子供ウオッチングを楽しもう。
何をそんなに一生懸命話ているのかな。
何を見て笑っているのかな。
あっ、ジュースをこぼした!
「ほら、早く拭いて」と布巾をやれば、
慌てて拭いているその様子もちょっと笑える。
すわ一大事と身構えると腹の立つことも、
一歩下がって眺めると何とも可笑しな光景だ。

とてもやりきれない溢れるほどの仕事は、明日またやろう。
今日はとても頑張った自分に「ご苦労さん」と言おう。
まだまだ見つければ楽しいことはたくさんある。
自分にやさしくすれば幸せになれる。
幸せならば人にもやさしくできる。

私のダイエットの結果?
信じられないことに増え続けた体重はピタリと止まり、
心身ともにとても調子が良くなった。
あの本に書かれている作戦もろくにやらない不真面目な私であるが、
太る「謎」が解けたお陰ではないかと思う。






生活を改めて考えてみようと、
まじめに考えた★なまはげであります。







んだば







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
インナーワーク  W.ティモシー ガルウェイ
仕事をエンジョイするノウハウ書インナーワークの書評をアップしましたのでよろしければご訪問下さい。 ...続きを見る
心のビタミンスープ
2007/12/09 00:05
太る理由
体重が落ちない理由は、突き詰めればとてもシンプル。体内に取り込むカロリー量と、体から出る排泄物の量を比べた時に、排泄物の方が少ないからに他なりません。とはいえ全てがその法則に集約されるわけではありません。小さい時から太り気味な人もいます。基本的に太る理由の1つの「肥満細胞」が確立するのは、大体3歳までといわれています。子どもが喜ぶから、ほしがるからといって、安易に大好きなお菓子やカロリー過多な食品... ...続きを見る
ダイエットあれこれ
2007/12/18 00:22

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
 こんばんは☆こねこです♪

 う〜ん・・・ダイエットの間違った見方を教えられたような気持ちです。

 食べ物の質や量ばかり気にしていて、今食べることが必要なのかなど、気持ちの面に関しては全くの盲点でした。

 私も自分へのご褒美と称して、ささやかですがコンビニのスイーツを買ってますが、これも例えば週に1回として控えればあっという間に数kg減るんでしょうね。

 今日からさっそく試してみよう〜♪
 ねこでした。ニャン☆
こねこ
URL
2007/12/08 20:12
確かに、一冊の本が生き方を変えるというか、視界が開けることはありますね。なるほど、そう考えればいいのかって、楽になる事があります。
それは感受性にによることもあるので、同じ本を読んで同じような気持ちになるとは限らないのも面白いですね。
ぷん
URL
2007/12/08 20:34
なるほど そういう発想の転換がダイエットに役に立つのですね。

でもさぁー 食べたい時ってあるじゃない そういう場合は食べても良いのかな?
ほっと一息ついたときに 美味しいコーヒーと ちょっとしたオヤツも ストレス解消の一つの方法だったとしたら その人にとって それはそれで良いのではないかと ちっと思ってしまいました。

勿論 時間だからとか 何となくはダメですけどね。
+あい
URL
2007/12/08 20:36
こんばんは(⌒‐⌒)ううう、発想の転換というか記事を読むとなるほどと思えてしまうから・・・せめてお風呂は今日は登別にします(゜゜;)\(--;)
微笑み
2007/12/08 20:48
賞味期限が来るから〜って理由で食べてちゃダメかぁ・・。ってその前に‘いつか..いつか..’って蓄えすぎちゃうのが問題!へへっ
この本面白そうですねー。
秘密主義
2007/12/08 22:44
 なるほど、なるほど・・・(^-^*)(・・*)(^-^*)(・・*)ウンウン

 なぜ太るのか。食べるから。
 このくだりには否定的な私ですが、
 なぜ食べるのか。食べたいから。
 この部分には納得ですねぇ (^.^ゞポリポリ

 人間は、けっこう惰性で生きる動物です。
 3度3度食事をするなんて習慣ができたのはごく最近のことだと聞いています。
 それまでは朝と夕の2食が当たり前だったのに、生活に余裕ができたので3食になったと・・・ (^^;

 そう考えれば、確かに食べ過ぎが肥満の原因の一つだとも言えるわけですが、現代ではそれ以上に運動不足が大きな原因だと私ナンかは考えています。
 まず、歩かなくなったもの (^◇^) 。。。ケラケラ
夢見るピーターパン
URL
2007/12/09 07:44
☆こねこちゃんへ
 ダイエットとはけっして万人に共通した方法はないと思っています。個人個人の生活様式や習慣等によっておのずと違って当然ではないでしょうか。ただ考え方は一通りのものでなく、いろんな考えがあるのではないでしょうか。この作者もそんな考え方でマイナスにはならなかったと述べているに過ぎません。ねこちゃんにあったダイエットを心掛ければそれでいいのではないでしょうか。
★なまはげ
2007/12/09 17:07
☆ぶんさんへ
 この作者はこの本を通して別の方法を見出してきています。その指示されたとおりのことを真似るのではなくそこから自分にあった方法を導き出しています。その行動は百人百通りでかまわないと思います。そんなことを思いつかせてくれているのでしょうね。
★なまはげ
2007/12/09 17:13
☆+あいさんへ
 その人にとって何が良いのか悪いのか自分の中で考えるということが大切なのでしょう。ある本を通してこの作者は別の結論を導き出し、実践しています。それが万人に有効かどうかは疑問ですが、この作者には良い方向に向かっていたようですね。要は自分のスタイルを探すということなんじゃないでしょうか。
★なまはげ
2007/12/09 17:18
☆微笑みさんへ
 気分転換やリラックスがダイエットに有効かどうかはわかりませんが、心の健康管理にはとても大切なことなんでしょうね。
★なまはげ
2007/12/09 17:22
☆秘密主義さんへ
 あはは、そのような生活習慣をちょっと考えるだけでも大いなる前進だと思います。人それぞれに方法や手段は違って当然ですから、ご自分にあった方法を導き出してください。
★なまはげ
2007/12/09 17:25
☆夢見るピーターパンさんへ
 このエッセイをよく読んでいただければ、この作者が食べ物に肥満の原因を見出していないことがわかっていただけると思います。たまたま手に取った本を元に、自分で考え自分のできることを実践し、本の通りの行動が取れなかったにもかかわらず、それなりの効果を出しました。これがすべての人に当てはまるとかは述べられていません。
★なまはげ
2007/12/09 17:31

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
最後のダイエット ★なまはげの独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる