★なまはげの独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本のエース復活

<<   作成日時 : 2007/12/24 16:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

画像


画像
画像







画像





画像
ノルディックスキー複合の日本のエース高橋大斗選手(27)が、
今年2月の世界選手権札幌大会を絶好調の体調で迎え、
活躍が期待されていましたが、
空中で金具が外れるというアクシデントでバランスを崩し、
大転倒となり、左肩など2箇所を骨折。
3ヶ月の重傷を負ってしまいました。



その後、治療とリハビリとを経て、
サマージャンプ大会から競技に復帰していました。


12月22日の第26回全日本コンバインド大会では、
前半戦の飛躍競技が行われ、
K点90メートルのコースで2回とも95メートルの最長不倒距離をマーク、
2位に12秒の差をつけトップで後半戦の距離競技に進みました。

昨日23日に行われた距離競技(15キロ)でも、
43分39秒0のトップの成績で、
2位以下に1分半以上の差をつけ堂々の2年連続5度目の優勝を飾りました。

画像


高橋大斗選手は1980年12月16日に、
現 北秋田市阿仁町に生まれ、
アルペンスキーで活動していましたが、
中学3年生になって複合に転向しました。

秋田県立鷹巣農林高等学校に入学し、
高校3年生のときに初めてノルディック複合・ワールドカップに出場しました。
1999年、北海道東海大学に入学。
2003年、同大学卒業後、土屋ホームに入社し、同社スキー部に所属しています。
画像
W杯優勝回数2回。
2006年のトリノオリンピックでは個人種目、
団体種目(高橋大斗・畠山陽輔・小林範仁・北村隆)、
個人スプリント種目に出場しましたが、腰痛に苦しめられ、
個人では後半距離を棄権し、個人スプリントでは15位の成績で終わっていました。

グンダーセン方式の試合では、
前半、得意のジャンプで上位につける実力がある。
後半の距離の方でいかにその順位を保てるかが課題である。


2月の転倒シーンがテレビで流されたときには、
高橋選手の選手生命もこれまでかと思ったりもしましたが、
奇跡的な復活は秋田県民のみならず、
全国の複合ファンにとっても嬉しいニュースであったと思います。


これからの世界各国を転戦しての過酷なW杯が続くでしょうが、
以前にも増して闘争心溢れた戦いで、
日本のリーダーとして活躍していただきたいものです。



画像





んだば






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
ウインタースポーツの季節ですね。
高橋選手復活していたのですね。
国際舞台に出ると、次々と規格を変更したりするスポーツの国家的エゴのようなものが見えて腹が立ちますよね。
スポーツにも民主化が求められているように思います。
そんな不利な条件下で頑張っている日本のスキープレーヤーを応援します。
Tatehiko
2007/12/24 17:56
ウィンタースポーツって基本的に興味ないのですが
大けがしても復活してまた世界を目指すというのは
すごい精神力ですよね…
その気持ちが報われますよう、応援したいです。
コマチ
2007/12/24 18:06
メリークリスマス!!
クリスマスのイラストが可愛いですね(^0_0^)
高橋大斗選手が復活したことは秋田県民のみならず日本のスキー関係者も一安心でしょう\(^-^)/ ワールドカップでも頑張ってほしいですね。応援していきます(^-^)/
微笑み
2007/12/24 20:06
 こんばんは☆こねこです♪

 空中で金具が外れて大転倒。
 想像しただけで怖いですぅ・・・。

 でも、またその恐怖を超えて戻ってきただけでもすごいことですよね。

 また、どこかで恐怖が顔を覗かせるかもしれませんが、そんなときこそ「大和魂!」ですね(微笑)。
 
 ねこでした。ニャン☆
こねこ
URL
2007/12/24 20:07
凄い精神力ですね 感嘆します。

普通 大怪我をしてしまうと 恐怖心を克服するのは困難なように思っていますので また飛ぶ その勇気はどこから出るのでしょう。

日本ジャンプ陣が大活躍したら 国際的なルール改正で日本不利になるようにされました。
その後 不振が続いています でも そこで頑張っている姿を是非応援したいものです。

どんな分野においても 例えば柔道でも 剣道でも スケートでも 何だか日本人が勝つと すぐにルールが変更になり そして勝たないようにされている そう感じて仕方ないのです。
+あい
URL
2007/12/24 21:28
めりくり!
あたしは、なかなか復活できません、、、
猫姫少佐現品限り
URL
2007/12/25 16:31
☆Tatehikoさんへ
 仰るように「ルール変更」によるハンディは確かにありますよね。しかしそれぞれのスポーツ協会で対応していかなければならないでしょうね。 
 高橋選手の復活を素直に喜びたいと思います。
★なまはげ
2007/12/25 17:35
☆コマチさんへ
 私の身近にもジャンプを楽しんでいる方がおられます。一度大怪我をしてしまうと、恐怖心で飛べなくなってしまうと話していました。本当に復活できたことは相当の精神力がなければならなかったでしょうね。今後の枯れの活躍に期待しましょう。
★なまはげ
2007/12/25 17:40
☆微笑みさんへ
 イラスト良かったですか?(微笑)ありがとうございます。
 あの大怪我から復活した高橋選手の精神力に尊敬すら覚えてきます。ますますの活躍を期待しましょう。
 
★なまはげ
2007/12/25 17:46
☆こねこちゃんへ
 この転倒シーンをテレビで見たときには見ているほうが怖かったですよ。おそらく空圧に金具が負けてしまったのでしょうね。今後の高橋選手の活躍を応援してくださいね。
★なまはげ
2007/12/25 17:50
☆+あいさんへ
 怪我と恐怖心を克服してきた高橋選手の精神力に驚くばかりです。
 スキー競技に留まらず、いろんなスポーツでルールの解釈などいろんな問題が出てきていますね。自国の利益になる変更をごり押ししている国もあるようです。日本の選手達にはそんなことに負けないように頑張っていただきたいですね。
★なまはげ
2007/12/25 17:59
☆猫姫さんへ
 メリクリ!
 お仕事が忙しそうですね。独立1年目の年末です、お体に注意して頑張ってください。
★なまはげ
2007/12/25 18:03

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
日本のエース復活 ★なまはげの独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる