★なまはげの独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 猫の恩返し

<<   作成日時 : 2007/12/21 18:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

むかしあったずおん。

町の近くの村さ古しいお寺あって、
年寄った和尚さんど鼠こも相手にしねよだトラ猫ど暮らしてだど。

(町の近くの村に古いお寺があって、
 年寄りの和尚さんとネズミにも相手にされないようなトラ猫が暮らしていました)
 
かなり前がら法事さも葬式さも誰も頼みに来る者居ねぐなって、
寺の売るにええ物みな売って残ったな御本尊様ばりになった。

(以前から法事や葬式さえも誰も頼みに来なくなり、
 お金に変えられるようなものは皆売り払ってしまい、
 残るのはご本尊様だけになってしまいました)

和尚さんトラどご呼ばて、
トラトラお前も知っての通り、小さい時からひとつに暮らして居だども、
こういう貧乏になってお前さ飯も食へられねおの。
お前はどさでも行って飯食わせで貰える所さ行って、
暮らせじゃな

ってトラさ言ったど。
(和尚さん、トラを呼んで、
 「貧乏になってしまいお前を養っていけなくなってしまった。
 お前は飯を食わせてもらえるところに行って暮らしたらどうか」
 とトラに言いました。)

したばトラなば、
俺ら和尚さんがら絶対はなれねえ。和尚さんの何んぼそんたごど言ったたて、
捨て猫の俺らどご育ででけだおの。俺ら和尚さんどごがらなば絶対離れね

って、なんぼしたて行ぐどなば言わねがったど。
(そうしたら、トラは
 「私は和尚さんから絶対に離れません。
 和尚さんがいくらそのようなことを仰っても、
 捨て猫の私を育ててくれました。私は和尚さんから絶対に離れません。」
 と、頑として聞き入れませんでした。)


そうしてらば、貧乏寺の前を村の長者の家の葬式が通って行った。
したばトラ、

和尚さん、和尚さん、ええごど俺ら考えだ。ちょっと待じででけれな
て、ふらふらど立ち上がって出はって行ったども、
しゃんとして戻って来たけど。

(そのような話をしていると、お寺の前を長者の家の葬式の列が通っていきました。
 「和尚さん、和尚さん。私、良いことを思いつきました。」
 と、フラフラと立ち上がり、表に出て行きましたが、
 しゃんとして戻ってきました。
 
和尚さん、俺しゃどどどど走って大急ぎで行って、
あのダミバゴどご空さ浮かばへるがらな。
お経頼まれだら、トラの名前っこ三回呼ばってけれな和尚さん

って言う。
(和尚さん、私大急ぎであの列に走って行って、
 棺桶を空中へ浮かばせることにします。
 お経を上げるように頼まれたならば、
 私の名前を三度呼んでくださいね、和尚さん)

そんた事して何ったごどするなよ。
和尚が心配して聞いたら、
俺れの言う通りにしてたんせな、したらな
てトラ出はって行ったど。
(「そんなことをして何をしようと言うのだ」
 和尚が心配して聞くと
 「何も言わずに私の言うとおりにしてください」
 とトラは出て行きました。)

そのうちに葬式の立派なダミバゴするするど空さあがって浮かんでしまった。
 (そうこうしている間に、葬式の立派な棺桶がするすると空に浮かんでしまいました)

画像 
あらあらって、皆たまげて見でだたて、
宙吊りになったままビクともしね。動かね。
こりゃ大変だ。何えしてこえんたごどになったなだべ
て、町の大きた寺のえらい和尚さんどご呼ばたたて、ビクともしね。

(おやおや、と皆が驚いて見ていると、
 空中に浮いたまま動かなくなってしまいました。
 大変だということで、偉いお坊さんを呼んできても、何ともなりませんでした。)

これなば困った。
この人なば何が悪いごどでもしたなだべがて、
八卦おぎ頼んだりしたども動かない。

(これは困ったことになった、この人は何か悪いことをしたのだろうかと不審に思い、
 占い師など呼んで来てもピクリともしなかった)

和尚という和尚どごみんな頼んで、
有り難いお経を声そろえであげで貰ったたて、ビクどもしね。

(町中のお坊さんを全員呼んできて、
 ありがたいお経を声を揃えて読み上げても、ピクリともしない)

娘が成仏出来ねぐなるべ、あど和尚が居ねなだが
と長者が聞いたら、
村の貧乏寺さ息つでるが分がらねども年寄り坊主えだな。
ただしお経あげれだが知らねども
て言う。
長者は早く早くて催促するがら、
使いの者が貧乏寺さ頼みに来たけど。

(「娘が成仏できなくなってしまう。あとは和尚さんはいないのだろうか。」
 と、長者が聞くと
 「村の貧乏寺に生きているかどうかわからないけれど年寄りのお坊さんがいます」
 と誰かが言い、長者は早く早くと催促するものだから、
 使いのものが貧乏寺に頼みにきました。)

トラの言ったごど、これのごどが。
和尚さん色あせた法衣を着て、よらよらど歩いて行ったど。

(「トラが言っていたのはこのことか」
 和尚は色のあせた法衣をまとい、フラフラと歩いていきました)


大騒ぎしてだ皆の前さ行って、数珠をちゃんともって、
空さ浮かんでだダミバゴさ向かって、

ナムトラサントラヤーヤー、ナムトラサントラヤーヤー、ナムトラサントラヤーヤー
て、トラどご呼ばるようにとなえた。
(大騒ぎしている大勢の前で手に数珠をかけて、
 空に浮かんだ棺桶に向かって、
 「ナムトラサントラヤーヤー、ナムトラサントラヤーヤー、ナムトラサントラヤーヤー」
 と、トラを呼ぶように唱えました。


そうしたば、ダミバゴしずしずど降りできて、じゃーんとおさまった。
(すると棺桶は静かに下りてきて、所定の場所に納まりました)


何んと、あの和尚さん見れば、こん汚ねえ法衣着てえるたって、
何んぼが偉い和尚さんだべな。
誰もなったごどもされねがた葬式のダミバゴ、宙吊りになったな下げだおな。
よっぽど偉い有り難い和尚さんだべおの。

(「あの和尚さんは、汚い法衣をまとっているが、
 偉いお坊さんに違いない。
 他の坊主たちが何とも出来なかった棺桶を、
 空中から元に戻してくれた。
 よっぽど名のある偉いお坊さんなのだろう。)
 

騒ぎで集まった見物人まで、
こぇんた葬式なば見だごどね。んだども立派な和尚さんだな。
俺らも葬式の時、あの和尚さんどご頼むじゃ。
偉い和尚さんがらあげで貰えば早ぐ成仏するて言うおの。
したら来年の法事の時あの和尚さんどご頼むべ。

(騒ぎで集まった野次馬たちも
 「こんな不思議な葬式は見たことが無い。
 それにしても立派なお坊さんなんだな。
 私も葬式のときはあのお坊さんを頼むことにする。
 偉いお坊さんにお経を詠んでもらえれば早く成仏できるというし、
 手始めに来年の法事には、あのお坊さんを頼むことにしよう) 

むかし弘法大師様だたて諸国布教して歩ぐ時なば、
こん汚ねよだ法衣を着て歩いたて話こ聞いたごどあるな。
んだんだあの和尚さんだたて、そういう人でねべが。
俺らなば絶対あの和尚さん頼む。

俺らも頼むて、何とも言い訳たでならねだげ繁盛し、
一晩のうちに大金持ちの住職になってしまったど。

(「昔、弘法大師様でさえも諸国行脚の時には
 汚い格好であったと聞いたことがある。
 あの和尚さんもそのようなお人なのであろう。
 私は絶対にあの人に頼むことにする。」
 私も、私もと、皆が頼むものだから、
 一晩のうちに大金持ちになってしまった。
 

それさ長者まで、
村のお寺どご今まで投げでだな悪りがたす。
大和尚様のお陰で成仏さへるごど出来だがら精一杯のお礼する

っては、山門がら本堂まで奈良京都のお寺よりも立派だお寺を建ででけだけど。
(それに、長者まで
 「今までお寺を放ってばかりいて申し訳ありませんでした。
 大和尚様のお陰で娘を成仏させることが出来ました。
 精一杯のお礼をさせていただきます。」
 と、山門から本堂にいたるまで、奈良や京都のお寺よりも立派な
 お寺を建てました。)
 

ただ、年寄り猫のトラなば何んぼ待じだたて戻らねがった。
どさ行ったもんだべな。

(ただ、年寄り猫のトラはいくら待っても帰ってくることはありませんでした。
 いったい何処に行ってしまったのでしょう。


畜生だたて恩は忘れねおんだて、
俺らわらしの時にえぐ聞がへられだ話こだす。

(ペットでも、主人にたいする恩というものは忘れないものなんですね。
 私たちが子供の頃に、よく聞かされたお話です。)


とっぴんぱらりのぷう
(おしまい)








んだば



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは(⌒‐⌒)我が家でもトラ猫を飼うことにして、お坊さんがいないけど腕白坊主に「ナムトラサントラヤーヤー」の念仏教えることにします(゜゜;)\(--;)
★なまはげさんのお話いつも子供たちに話してあげると真剣に聞いてくれますよ(^o^)v
微笑み
2007/12/21 20:37
 こんばんは☆こねこです♪
 
 ねこの恩返し・・・。
 私はお父さんに優しくしてもらってばかりで、何も恩返しができてないですね(しゅん)・・・。

 このネコの行方が気になりますが、なんだか悲しい結末のような気がするので聞かないことにします・・・。

 ねこでした。ニャン☆
こねこ
URL
2007/12/21 21:07
たしかにね。
私も含めて、世の中には
畜生にも劣る恩知らずがたくさんいますね…
反省。
コマチ
2007/12/21 21:54
☆微笑みさんへ
 お子さん達にお話くださっているのですね、とても嬉しく思います。時々は秋田に伝わっている民話をご紹介しています。これからも楽しみにしていてください。
★なまはげ
2007/12/22 17:25
☆こねこちゃんへ
 いやいやねこちゃんにはいつも心癒されていますよ。ずいぶんねこちゃんに助けられたことが多いですよ。しっかり支えになっています。私のほうこそねこちゃんに何もしてあげれていませんね。
★なまはげ
2007/12/22 17:30
☆コマチさんへ
 あはは、反省ですか?人間はたった一人では生きていくことが出来ません。自分を育てていてくださるどなたかに感謝の子持ちを持つということは必要なことですね。私もしっかりと反省組の一人です。
★なまはげ
2007/12/22 17:34

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
猫の恩返し ★なまはげの独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる