★なまはげの独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 刑期

<<   作成日時 : 2007/11/06 17:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

老人のボケとその家族の介護の問題は、
今に始まったことではありません。

その昔から大いに悩み、
苦労させられてきた大問題です。


秋田のお話の中にも、そんな題材の悲劇?を見つけました。

画像





久代の老母がいわゆるボケ老人になって5年になる。
この頃は重症で、物覚えがひどく悪く、
久代は時に老母の妹になったり、姪になったり、
母親になったりすることさえある。
30分前にとった食事を忘れ、しつこく催促する。
慢性の下痢で、オシメをあてているのだが、
汚れるとさすがに気持ちが悪いのか、
コッソリ外し、叱られるのを怖れて押入れに隠したりする。


久代の夫は2年前に他界し、
成人した息子達は仙台と東京に住んでいる。
久代は老母と二人暮らしをしていた。

一町歩ほどの田を人に貸してあり、
年金とあわせると、不自由なく暮らせていた。
わずかばかりの畑を作るのが楽しみで、
収穫した野菜を近所に気前よく配ってまわった。
気骨の折れる老母の面倒を見ながらも、
その明るさは少しも損なわれること無く、
いつも軽口をきいては人を笑わせていたから、
近所の評判は良かった。

その久代が老母を殺したと聞いて、人々はおどろいた。
自分で駐在に自首して出たから間違いはない。
なるほど老人たちの中には、
久代が嫁に来てからずっと
老母にいびりぬかれてきたことを知っている人もあったが、
昔はともかく今はそれを根にもっているようには見えなかったし、
何よりも、老い先短い老母を今さら殺してどうなるのかと思った。
ともあれ、殺人事件と呼ばれるほどの陰湿さは、
何処にも見当たらなかった。

「おばあちゃんがよ、この二・三日前から、
殺せ殺せっておらにつぎまどうはげ、
おらぁつい、フラッとその気になったのせ」


と、久代は駐在でも裁判所でもそう言った。

「フラッとというのをもう少しわかりやすく説明してください」

と、検事は何とか隠された怒りを発掘しようとしたが、
久代はクスッと笑い、

「あえっ、フラッとってばフラッとだ。
ほれ、よぐあるべしゃ。
フラッと女がその気になるって言うべ」


これには一同吹き出した。


弁護士は、何度かそんな久代の軽口を封じようとしたが無駄だった。
ともかく、そんな久代のあっけらかんとした言葉に、
みんなこんな事件をまじめに追及するのは
ばかばかしいと思いはじめた。
裁判はこの種の事件としては異例の早さで結審に向かった。


さて、いよいよ判決が下される日、
弁護士が法廷に入る前に久代に言った。

「できるだけのことはやったから、心配はいらねえよ。
事がことだから、無罪は無理だども。
したども、婆っちゃはいい度胸してるなや。
何とだ、今の気持ちは?」


「ンだなあ、いよいよ床入りする前の花嫁みでな気持ちだ」

「おや、何して?」


「ほれ、もうじきブチ込まれるのはわがってるどもや、
その長さはわがらねえべ??」


久代はアハハと大きな声で笑った。








んだば








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
始めの方は 他人事じゃないなぁって 真剣に読んでたのに・・・

最後で ずっこけました(爆)
+あい
URL
2007/11/06 18:43
 こんばんは☆こねこです♪

 床入りというのは寝ることですか?
 そして、その関係からすると長さって、長さって、長さって・・・///////////////

 私も長さは分かりません(キャ〜☆)。
 おらぁ〜何言ってんだべ!?(照笑)。

 ねこでした。ニャン☆
こねこ
URL
2007/11/06 19:03
こんばんは(⌒‐⌒)アハハハハ 真剣に読んでいたのに(゜゜;)\(--;) 最後に落とされました(^o^;)
微笑み
2007/11/06 19:23
 ワハハハハ・・・ (^◇^)

 久代婆ぁちゃんに座布団10枚だな
  ( ^^)/◆
夢見るピーターパン
URL
2007/11/06 19:28
おもしろすぎます。
まいった。
むうさん
URL
2007/11/06 21:50
病人や長期の病人を看病するものには心安らぐ面白いお話ですね。
私の従兄の嫁が亡くなりました。
30年来の闘病生活の末のことで這ったのですが・・・従兄は、もう口も利かなくなった嫁の下の世話から洗濯、経腸栄養剤の点滴投与を自宅で続けてきました。
亡くなってホッとしていることでしょうかね。
Tatehiko
2007/11/07 11:37
はじめまして。
秋田はまったく自分にとって関係のないところではないので、床入りさせていただきました。

面白すぎる展開に、驚愕!

これ、フィクションですよね?
フィクションだといってください。
ぷん
URL
2007/11/07 12:42
☆+あいさんへ
 最後は話を落としてしまいましたが、これに似たような事件が起こらないとも限りません。笑い話で済んでいるうちは良いのですが・・・・・。
★なまはげ
2007/11/07 17:38
☆こねこちゃんへ
 若い女性には刺激強かったかな??そのうち、だんだんと平気になってきますよ(爆笑)。
★なまはげ
2007/11/07 17:42
☆微笑みさんへ
 今回のお話は最後には落ちが付きましたが、根本の問題は我々にいつ振りかぶってくるかわからないことです。介護の問題は今から充分に頭に入れておかないといけないでしょうね。
★なまはげ
2007/11/07 17:46
☆夢見るピーターパンさんへ
 久代婆ちゃん、刑務所の中で牢名主扱いでしょうよ(爆笑)。
★なまはげ
2007/11/07 17:49
☆むうさんへ
 お粗末!!
★なまはげ
2007/11/07 17:50
☆Tatehikoさんへ
 全国にはこの問題で悩んでいらっしゃる方はかなりいらっしゃるのでしょうね。我々ももっと真剣に大作を考えていかねばならないでしょう。
★なまはげ
2007/11/07 17:53
☆ぶんさんへ
 いらっしゃいませ、はじめまして。秋田からの情報発信を続けているブログです。このお話はもちろんフィクションですよ。秋田風流話という本のお話を少し短く編集し直して掲載しました。決しておふざけだけのつもりではありません。また時々覗いてみてください。来られた時には是非足跡を残していただければ嬉しいです。
★なまはげ
2007/11/07 17:58

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
刑期 ★なまはげの独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる