★なまはげの独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 変な奴

<<   作成日時 : 2007/11/14 17:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 14

私が高校時代、
他校の野球部に奇妙なバッターがいると噂になっていました。

普段の練習などには殆ど顔を見せず、
遊びまわっていて、練習試合にも姿を現さない。

しかし、甲子園予選や秋の大会など、
重要な試合には1年のときから必ず4番を打っているという。

まあ高校レベルの大会では、
そこそこ通用しても、
根っからのサボり癖で大成は望めない奴だろうと、
皆、鼻で笑っていました。



大学に進学した彼はそこでも練習に打ち込めずに、
中退してしまいます。

その頃、巷ではやっていたのがボウリング。
毎日遊び半分で通っているうちにめきめきと上達。
今度はプロボウラーの受験をしてみることになりました。


しかし、運転免許を取ったばかりの彼は、
交通違反をしてしまい、
罰金を払うためにプロボウラー試験の受験料を失ってしまいました。


よくよく運の無い彼は高校時代の恩師を訪ねました。

そこで紹介されたのが、
東芝府中という会社の季節作業員。

そこで再度野球とめぐり合い、
3年後にドラフト3位という高順位でプロ野球界入りをしました。



もう誰のお話か分かりましたよね。

画像

昨日、今年度の正力松太郎賞を受賞した、
中日の監督、落合博満さんのエピソードです。


プロ野球に入ってからの活躍や、
言動などはわざわざ書かなくても皆さんご存知だと思います。

中日の監督を引き受けてから4年間の成績も、
優勝・2位・優勝・2位(日本一・アジア一)と、
かなりの好成績です。

落合といえば「オレ流」が選手時代からの呼ばれ方で、
それはもう、高校時代から実践してきた彼独特のものだったのです。

今では彼の野球の考え方や、
選手の育成方法は間違っていると言えないのではないでしょうか。


日本シリーズの第5戦の物議を醸した投手起用法も、
勝利第一主義のプロではしょうがないことだったのかも。



今後益々の活躍をされることを期待しています。

巨人・阪神をはじめとするセ・リーグ各球団も
来年以降も大いに落合中日をいじめて、
大いにプロ野球を盛り上げて欲しいものです。







んだば







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ボウリングの投げ方を上達するために、初心者が気をつけなければならないコツを知っていますか?
ボウリングの投げ方をうまくマスターするコツはないか、 ボウリング初心者によく相談を受けます。 ...続きを見る
ボウリングの投げ方教室
2007/11/14 23:47

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
 なまはげさん、どうもです (^^)/

 個人的には、落合は大好きな選手でした。
 「オレ流」ということばも彼らしくて好きでした (^^)v

 しかし、長嶋と同じで、選手としては好きでしたが、監督としての彼を私は評価していません (^.^ゞポリポリ
 やはり、オレ流では、人は育てられないのではないかと今のところ思っています。
 あと、勝利第一主義がプロだとは私は思っていません。それは高校野球などでなら言えると思いますが、「プロ」というのは勝つという事ももちろん大事ですが、それ以上に見ている人を魅了するプレーというのが大事だと私は思っています。
 カネを払っても見てみたいと思わせられなければプロとは言えないと思います。そのためには、さすがにプロだなぁと思わせるプレーこそが大事なんですよ。

 先日の投手起用も、プロの監督としては私は大いに不満です。ああいう事をやっていると、森祇晶氏のような、勝てるけれど観客動員ができないというつまらないチームになってしまうんじゃないかと私は思っています。
夢見るピーターパン
URL
2007/11/14 17:27
落合監督は秋田出身だったのですか?

オレ流は野球が大好きというわけじゃないので よくわかりませんが 落合夫人と息子はデシャバリ過ぎじゃ!と思っています。
内助の功とかいうのは 彼女には通用しないみたいですね。

今回の日本シリーズの最後のピッチャー交代については プロの方達の間でも評価は分かれていました。
さぁーて?どうなんでしょう・・・
+あい
URL
2007/11/14 18:23
夫が秋田県出身なので、落ち合いシンパです。
こういう個性の強い人は、好き嫌いがはっきり分かれますね。これを通用させるためには、ガシガシ実力を見せ付けていくしかないんですよね。そして、大成すれば、ある種の感動を人に与えることにもなります。
日本シリーズの采配は、野球のこと分からないのでなんともいえませんが、いいじゃないかどんな選択があっても・・・と少し思ってます。
これほど論議を呼ぶというのも、「華」のうちかなと。
ぷん
URL
2007/11/14 18:50
 こんばんは☆こねこです♪

 どこかで聞いたんですが、名選手名監督にあらずという言葉を・・・。

 でも、落合監督の場合は成績だけ見ればその言葉も当てはまらなくなりますね(微笑)。

 ボウリングが得意なのも彼を特集した番組か何かで知ってました。その彼が今ではアジアナンバーワンの監督ですもんね。人間、先には何があるか分かりません・・・(微笑)。

 ねこでした。ニャン☆
こねこ
URL
2007/11/14 19:07
こんばんは(⌒‐⌒)主人の方が先に落合監督だと気付きました(^-^ゞ なまはげさんと落合監督は同年代なんですね。先日の采配も日本一を決めなければならない試合ならば仕方ないと主人は言っていました。受け売りですが(゜゜;)\(--;)
微笑み
2007/11/14 19:53
ぼくも秋田にいるとき、この話がおもしろくて、取材しましたよ。秋田の人たちには不評とも伝えられている彼ですが、陰で見守っている人たちが多いことに驚きました。いつか、秋田に恩返しする機会がやってくるんでしょうか。楽しみですね。
それから、ぼくはシリーズの投手交代、支持派です。
むうさん
2007/11/14 22:34
落合監督がロッテにいた頃から妙に気になる選手でした。
その以前に榎本それから打の職人と言われた(・・・名前が出てきませんが)選手が好きで、その延長線上で贔屓にしていたのかと自らに問いかけてもいたものですが・・・。
いい選手で、いい監督になったですよね。
Tatehiko
2007/11/15 09:56
☆夢見るピーターパンさんへ
 落合監督のように個性が強いと好き嫌いがハッキリしてしまいがちですからね。まあ、采配にどうのこうのと文句をいうのはそれぞれの勝手なわけで、責任を取るのは監督だけですからね。プロ野球というものはどういうものかは、中日球団が監督をどのように評価しているかで判るものと思います。
★なまはげ
2007/11/15 18:28
☆+あいさんへ
 落合さんは秋田の若美町(現 男鹿市)の出身で、秋田工業高校を出ています。当時から「変な奴」と評判の男で、どうも体育系のしきたりみたいなものが嫌いだったようですね。現在の奥様や息子さんを良いと仰る方は少ないでしょうね(私もはっきり言って、嫌いです)。
★なまはげ
2007/11/15 18:34
☆ぶんさんへ
 ご主人さんが秋田の方でしたか。個人的に好きか嫌いかといわれれば、私的にはあまり好きなタイプじゃないかもしれません。が、もちろん中日には頑張っていただきたいと思っています。
 あの采配も・・・・実際のところ、投手が怪我をして投げれない状況にあった、というのが真相らしいですね。
★なまはげ
2007/11/15 18:40
☆こねこちゃんへ
 落合さんは一見運が悪そうに見えても、実は強運の持ち主だったのかもしれませんね。今となってはボウリングの世界に行かなくて正解だったともいえます。
★なまはげ
2007/11/15 18:43
☆微笑みさんへ
 おやおや、ご主人さんにも御覧になっていただいているのですね。ありがとうございます。実は落合さんより一つ上になります(内緒ですが)。
★なまはげ
2007/11/15 18:46
☆むうさんへ
 冒頭のお話の中にもありますが、秋田では必ずしも優秀なスポーツマンというわけではありませんでした。どちらかというと問題児のレッテルを貼られそうな男でした。スポーツ特に野球に関する彼独自の考え方が古い体質の高校・大学野球に馴染めなかったのでしょうね。プロの世界で始めて実力を見せ、それまでの彼の理論の正しさが認められてきたのだと思います。それゆえに彼に反発する勢力もまだまだ多いとは思われますが、反発に対してぐうの音も出ないくらいの活躍で見返して欲しいものです。
★なまはげ
2007/11/15 18:55
☆Tatehikoさんへ
 昔からの打撃の職人がお好きなようですね。落合さんもその中に入れていただいて嬉しくなります。ペナントレースを見ていても、時々あっというような采配を見せたりもして来ました。監督としても凄い腕を発揮しているようです。
★なまはげ
2007/11/15 19:00

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
変な奴 ★なまはげの独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる