★なまはげの独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS スタルヒン投手

<<   作成日時 : 2007/11/11 15:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 12

ここにいらっしゃる女性の方には、
ちょっと不得手な話題かもしれませんが、
日本プロ野球の創生期において
並外れた好成績を挙げた
スタルヒンという投手がいたことをご存知でしょうか?


画像

1916年ロシア帝国生まれで、
ロシア革命のとき王党派が一族にいたために、
革命政府に迫害を受け、
1925年に一家で日本に亡命してきました。


旭川市に移り住んでいたころから
豪腕投手として鳴らしていたようです。

旧制全国中等学校野球選手権(現 全国高校野球選手権)で、
2年連続北海道大会の決勝に駒を進めるも、
味方のエラーによる失点で甲子園出場が果たせませんでした。

1934年、日米野球のため来日していた大リーグと対戦するために、
3年生のスタルヒンが半ば強制的に引き抜かれ、
旭川中学を中退し上京します。


そのまま後の東京巨人軍に入団し、
1937年からは沢村栄治に替わってエースとなり、
1938年から1943年までの6連覇に大きく貢献していきました。


しかし時局は太平洋戦争に向かっていった時代。
反欧米思想が激しくなり、
1940年には「須田 博(すた ひろし)」に改名。
1944年、白系ロシア人であるため「敵性人種」として連行され、
多くの在留外交官らと同様に軽井沢に抑留されてしまいました。

画像
戦後の1946年、パシフィックリーグに復帰。
1955年、日本野球史上初めてとなる300勝を達成し、
その年に引退しました。
その生涯記録は586試合で303勝175敗(完投250・完封84)、
奪三振1960個。
中でも完封84試合という大記録はいまだに破られていません。


1957年(昭和32年)1月12日。
自ら自動車を運転中に、
東急玉川線の電車と衝突し即死。
まだ40歳という若さでした。

1960年、前年創設された野球殿堂に、
プレーヤーとして最初の表彰を受け、
殿堂入りとなりました。



ここまで読まれて、疑問を持たれている読者が多いでしょう。

何で、★なまはげがこの話題を取り上げているのか???

スタルヒンと秋田がどう結びついてくるのか???



昭和25年、スタルヒンは久仁恵さんという女性と再婚なさっています。
この女性は、
横手市雄物川町の崇念寺(そうねんじ)というお寺の住職のお姉さんだったんです。


平成元年1月、スタルヒンの33回忌の命日に、
娘さんのナターシャさんが、この崇念寺に建立したのが

画像


スタルヒンの玉碑と呼ばれている、
現在のお墓です。

ここには妻・久仁恵さんと共に安らかな眠りにつかれています。







んだば





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
習志野市
 昭和62年の2月、会津から再び上京して江戸川の家電店に勤める事になった。 その ...続きを見る
居酒屋 『夢』
2007/11/12 07:40
沖縄に来たニューヨーク・ヤンキース
沖縄にヤンキースが来たことを知っている人がどのくらいいるであろうか。よく調べたわけではないが、地元を含め殆どの人がしらないのではないか。 少なくとも私の周辺の人々に聞いたところ誰ひとりとして知らなかった。 昔、沖縄にアメリカのプロ野球チームが来たことを私.. ...続きを見る
沖縄風土記、思いつ記
2008/05/03 00:50

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
 なまはげさん、どうもです (^^)/

 私も、さすがにスタルヒンは名前だけしか知りません (^.^ゞポリポリ
 当時、どうして外国人の選手が日本のプロ野球界に居たのだろうと、それくらいしか興味の対象でしかありませんでしたが・・・ (^^;
 何しろ、彼が亡くなった翌年に私が生まれたわけで、スタルヒンが活躍した時代というのは、私にとっては未知の遠い昔の出来事ですから(笑い)
夢見るピーターパン
URL
2007/11/11 16:41
☆夢見るピーターパンさんへ
 もちろん私もスタルヒンが活躍していた頃のプロ野球は知りませんよ。記憶にあるのは、王・長嶋の時代からです。しかし、こんにち、落合の采配が悪いの、日ハムの打線が打てなさ過ぎだの、巨人が優勝したにもかかわらず日本シリーズに出れないのはおかしいなどと、文句をつけれるのは先輩達の苦労や努力があったからな訳で、彼の偉業は決して無視できることではないんですよね。
★なまはげ
2007/11/11 17:08
 こんばんは☆こねこです♪

 スタルヒン・・・じぇんじぇん分かりましぇん。
 でも、父に聞けば活躍してたころのことはさすがに分からないものの、名前くらいなら知ってるかもしれませんね(微笑)。

 あ、けど東急玉川線なら知ってますよ。昔は地上を走っていたみたいですね。私が物心ついたときはすでに今のように地下を走ってますが・・・。

 それに今現在、その名前はなくなって(新玉川線という名前もなくなりました)ますが、私が毎日お仕事へ行くのに使ってる路線ですから♪

 ねこでした。ニャン☆
こねこ
URL
2007/11/11 17:37
スタルヒン・・・名前しか知りませんでした。
どんな人かも知りませんでした。野球のこと何にも知らないものですから。
でも、ここで取り上げてなかったら、もう知る機会もなかったかも。
過酷な状況ながら、ロシア人が日本で暮らせたのは、その才能があったからなんでしょうね。いい話、聞かせていただきました。
ぷん
URL
2007/11/11 18:43
こんばんは(⌒‐⌒)私も野球にはあまり興味ないのですが、主人に聞いたら名前は聞いたことあるそうです(^o^)vしかしこんなに凄い人だとは知らなかったと言っていました(゜゜;)\(--;) いつも感心しているのですが、なまはげさんの情報量は物凄いですね(((・・;)
微笑み
2007/11/11 19:52
私も、名前しか知りませんでした。
ほんと、なまはげさんの情報網ってすごいなあ。
コマチ
2007/11/12 00:20
この話は知っていました。
秋田にいるころ、若い記者がスタルヒンに関心を持って、栄養士の娘さんが横手に講演会に来た折、取材していました。秋田とのうれしいつながりですね。


むうさん
URL
2007/11/12 09:53
☆こねこちゃんへ
 へええ!この路線なくなっちゃっていたんですね。どうりで探しても見つからなかったわけだ。情報ありがとう!!
★なまはげ
2007/11/12 16:14
☆ぶんさんへ
 なかなかスタルヒンが活躍していたころのことを知っている人は少なくなってしまったでしょうね。秋田にスタルヒンのお墓が無ければ、私も彼のことを調べたりしなかったでしょうね。これも婦人のお導きかな!
★なまはげ
2007/11/12 16:18
☆微笑みさんへ
 ご主人さん、お若そうなのにスタルヒンを知っていたんですね。野球に興味おありなのかな?
 情報源は・・・・企業秘密です。
★なまはげ
2007/11/12 16:20
☆コマチさんへ
 あはは、コマチさんまで・・・・(大照れ)。。
★なまはげ
2007/11/12 16:22
☆むうさんへ
 北海道と秋田を結ぶ貴重な話題ですよね。直接関係無いにしても、スタルヒンの人生を再度調査できたことが嬉しかったですよ。
★なまはげ
2007/11/12 16:29

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
スタルヒン投手 ★なまはげの独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる