★なまはげの独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 秋田の父母

<<   作成日時 : 2007/10/08 14:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 12

秋田わか杉国体ももう大詰めになってきました。
明日9日はもう閉会式になってしまいます。

今年の大会は、県内各地に競技会場が分かれ、
各県の選手団の多くが民泊という形で
競技会場近くに宿を設けました。

地元の住民と全国各地から来秋された選手との
交流も深く進んだようです。

今日の秋田の地元紙に、
そんな選手と地元の関係を報じた記事がありましたので、
この場を借りて紹介したいと思います。

平成19年10月8日秋田魁新聞 朝刊

“秋田の父母”愛知チームを応援 
湯沢・ハンドボール民泊協力者

画像

本県チームとの激戦を制した愛知の選手たちをたたえる須川地区の住民=6日、
湯沢市総合体育館

6日のハンドボール少年男子準決勝。
会場の湯沢市総合体育館は超満員に膨れ上がり、
本県選抜チームと対戦する愛知にとっては“完全アウエー”の状態、
と思われた。

ところがである。
耳をつんざくような本県チームへの大声援に交じり、
「行け行けアイチ」「いいぞ、いいぞアイチ」
の掛け声が聞こえてくるではないか。

声の主は、
同市須川地区の民泊協力会員。
1階特別席から約80人が声をからす。
延長戦でも決着がつかず、
スローコンテストの末に秋田を退けた2時間の激闘。
応援団の数では秋田が圧倒したが、
選手に寄せる一人一人の思いは決して負けていなかった。

応援はこの日が3日目。
しゃがれた声で佐藤多助会長(69)が言う。
「試合前、選手たちから『きょうは僕たちを応援してくれないんですか』と聞かれた。
冗談じゃない。
国体が終わるまで、われわれは愛知県人です」

画像
愛知の少年男子チーム17人は今月3日から地区の民家7軒に分宿。
住民とすっかり打ち解けた様子で、
選手全員が集まる食事会場の須川公民館でも
「秋田のお父さん」「秋田のお母さん」という声が飛び交う

「初めての民泊で、来る前は不安もあったが、本当に良くしてもらっている。
勝つことが皆さんへの恩返しになる」

と土居良恵流主将(岡崎城西高3年)。
ファインセーブしたゴールキーパーは応援席にガッツポーズでアピール。
勝利を決めた次の瞬間には、
一目散に応援席に駆け寄り、
応援団と固い握手を交わした。

協力会員の中には、
この日の試合を複雑な気持ちで見守った人もいる。
歓迎美化班長の八田多鶴子さん(45)。
息子の匡人君(羽後高3年)は本県チームの代表メンバーだ。
「きょうだけは秋田の応援席に座らせてもらった。
できることなら、両方に勝たせたかった」

八田さんの思いを知る選手たちも、
「決勝では秋田の分も頑張る」(土居主将)と力を込めた。

7日に行われた福井との決勝は33—37で惜敗し、
愛知国体(平成6年)以来の優勝はかなわなかった。
それでも住民たちは
「いい思いをさせてもらった。
半年も前から準備してきたかいがあった」

と口をそろえる。





全国から大勢の人が訪れている秋田。
選手・役員のほか、報道陣・応援団、観光客を
すべて補えるほどの宿泊施設は秋田県にはありませんでした。

その不足分を補う上で、
民泊が多く取り入れられたのです。


中には先月の集中豪雨で予定していた民家が被害を受け、
急遽、同地区内のほかの場所に
変更せざるを得なかったところもありましたが、
大会までに整備し直して、
大会に間に合わせてくれたお宅も多かったそうです。


秋田県民総出で国体を盛り上げてきました。
今はプロスポーツの話題ばかりマスコミに取り上げられ、
国体の活躍などはそれぞれの地元で、
小さく取り上げられるのがやっとの状況ですが、
秋田の地で、様々なドラマが繰り広げられました。




来年以降も
国体が益々発展していってくれる事を願うばかりです。






んだば





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
熟年離婚しないために
熟年離婚しないために ...続きを見る
離婚の現実
2007/10/08 22:46

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
 こんにちは☆こねこです♪

 いいですねぇこういう交流って(微笑)。
 こんな素晴らしい出来事をもっともっとメディアを通じてみんなに知ってもらいたいですね。

 私はここでお父さんに記事で教えてもらって、とても感謝しています(一礼)。

 ねこでした。ニャン☆
こねこ
URL
2007/10/08 14:18
もう国体も終わるのですか。
開会式が つい昨日の事のように感じていました。

やはり 宿泊施設の問題があったのですね そういう表に出ない情報を聞けるのも ブログならでは マスコミは派手な出来事だけしか伝えてくれません。
今は 相撲の不祥事ばかり 芸能人がどうしたこうした・・・

くだらない事を繰り返し繰り返し流すくらいなら 国体の裏話 心温まること 沢山あると思うのですよね。

PS 福井が勝ったのは GJ!!
+あい
2007/10/08 15:23
 なまはげさん、どうもです (^^)/

 今回の民泊は、マスコミなどにもかなり評判が良いようですね。
 何よりも、宿を提供している県民の熱意が高いと聞いています。
 こういう手法は、他の県でも見習うべきなんじゃないかな。
夢見るピーターパン
URL
2007/10/08 16:01
福井が勝ったのですか!(^^)!ヤッター
でも・・初めて知りました(ドキッ)ありがとうございます。
>「秋田のお父さん」「秋田のお母さん」
なんか温かく力強いですよねぇ!!こういうのって。
秘密主義
2007/10/08 18:36
こんばんは(⌒‐⌒)昨日は更新がなかったのですね。ちょっぴり心配していました。今日はいつも通りのアップで安心です(((^_^;) 国体も明日で最後になってしまいますね。ちょっと寂しい気持ちにもなってしまいますね。この記事は秋田県民としても嬉しいですね。秋田は寒いですが気持ちは温かいと言うことが良く言い表されています。記事を取り上げてくれてありがとうございました。
微笑み
2007/10/08 19:00
☆こねこちゃんへ
 46年前の秋田まごころ国体の時からの秋田の特長みたいなものです。自分の身内に対しては、損得を忘れて接します。秋田県人の弱点なのかもしれませんが(笑い)。
★なまはげ
2007/10/09 00:13
☆+あいさんへ
 選手達が安心して競技に集中してもらうためにも、宿泊先の心配だけはかけられないですからね。各民宿先の家はそれぞれ独特のおもてなしをしているようです。きっと損得で言うと、赤字になっているところが多いのではないでしょうか。
★なまはげ
2007/10/09 00:18
☆夢見るピーターパンさんへ
 この民宿の方法は、46年前の国体の時の手法です。今回も改めて宿泊施設を作るというより、それぞれの個人宅にお願いをして温かく迎えてもらおうと計画されたものです。他県の方々に評判が良いと聞けたのは初めてですが、嬉しい報告ですよ。
★なまはげ
2007/10/09 00:22
☆秘密主義さんへ
 選手達にとっても、旅館などに泊るよりも秋田が身近に感じてもらえるのではないでしょうか。国体が終わっても、手紙のやり取りや、数年後の再訪問などに繋がっていっていただきたいものです。
★なまはげ
2007/10/09 00:26
☆微笑みさんへ
 ちょっと野暮用がありまして、土曜日から出かけていました。毎日の更新を楽しみにしてくださってありがとうございます。
 ただ競技の結果だけを報告するだけではなく、こういった他県の方々との温かい交流をお伝えすることが何よりも嬉しいことですね。
★なまはげ
2007/10/09 00:29
「秋田のお父さん」「秋田のお母さん」
いい言葉の響きですよね。
先日、風の便りに来年から角館〜鷹巣間の100キロマラソンが復活するという話を聞いて、やや興奮しています。
むうさん
URL
2007/10/09 20:39
☆むうさんへ
 秋田の100キロマラソンが復活し、むうさんが出場するならばサポーターで頑張らせてください。全面バックアップします。
★なまはげ
2007/10/09 21:51

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
秋田の父母 ★なまはげの独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる