★なまはげの独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS ある少年兵の死

<<   作成日時 : 2007/10/29 16:49   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 8

二葉より手くれ水くれ待つ花は 
        君が為にぞ咲けやこのとき




近代国家の幕開けとなる戊辰戦争は、
徳川幕府に従おうという奥羽越列藩同盟から、
秋田藩が脱退、
唯一官軍となりましたが、
周辺の諸藩からの猛攻撃を受け、
落城寸前まで追い込まれたのです。
寸でのところで海路から官軍の援軍が参戦、
秋田藩は九死に一生を得たのでした。



この戊辰戦争では、
各地で少年兵が多数犠牲になりました。

一番有名なのが、
会津藩の白虎隊の悲劇でしょうか。

秋田県内に於いても、
援軍として訪れていた大村藩(現 長崎県大村市)の
一人の少年兵の死が140年経った今も涙を誘います。


「浜田謹吾」は大村藩士浜田弥兵衛重義の長男。
慶応三年、藩校五教館に入り、
戊辰戦争に眼病を患っていた父親に代わり、
二番隊鼓手として従軍したのでした。


雄物川中流域の右岸に、
刈和野という羽州街道の宿場町がありました。


列藩同盟軍の一関藩兵が守っていた刈和野を、
慶応四年九月十五日昼過ぎ、征討軍が襲い、
白兵戦の末に占領したのです。

しかし、夕刻になって
庄内藩や仙台藩など列藩同盟軍が反撃に転じ、
激戦は夜を徹して続きました。

夜の明けるころ、征討軍は弾丸が尽きてしまい、
庄内軍の突撃を受けて東方の城下町、
角館(現仙北市)へ撤退していきました。

この戦いの中に大村藩兵がいて、
浜田少年は刈和野で負傷し、
角館で息を引き取ってしまいました。
このとき十五歳。
弾丸飛び交う凄惨な白兵戦の中で
「進め!進め!」と最後まで太鼓を打ち鳴らしていたと言います。

少年の肌着の襟の中から、
「二葉より手くれ水くれ待つ花は 君が為にぞ咲けやこのとき」
という和歌を書き記した紙片が見つかったのです。

出征するわが子のために、
母親が書いて、襟に忍ばせていたものでした。

画像

画像


角館の常光院にある「官軍墓地」には、
征討軍戦死者の墓石が立ち並ぶ奥に、
少年鼓手の碑があります。




画像

また、天神山には
浜田謹吾少年を彷彿させる、
少年鼓手の銅像が建てられています。

この浜田少年が縁となって、
角館と大村市は姉妹都市として
交流を深めています。

去る、10月27日には大村市の関係者50人も出席して、
戊辰戦争140周年慰霊祭が、
この銅像の前で営まれました。



永久にこのような子供が巻き込まれるような戦争は
二度と繰り返させてはなりません。







んだば






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
君死にたまふことなかれ、ですね。私こういうの弱いんです。泣いちゃう…
コマチ
2007/10/29 19:29
 こんばんは☆こねこです♪

 太平洋戦争のときも学徒出陣と言って、多くの若者の尊い命が失われてますよね・・・。

 『乱世では 希望に満ちた 若者の
     
             尊き命 儚くも散る』(こねこ)

 時代を超えても15歳の少年兵にご冥福お祈り申し上げます(合掌)。

 ねこでした・・・。
こねこ
URL
2007/10/29 20:18
こんばんは(⌒‐⌒) ちょっと悲しいお話ですね。15歳と言えばまだ中学生ですよね。そんな子供まで戦争に巻き込まれていったんですね。 角館と大村市がいつまでも友好を深めていくことが、浜田少年の慰霊にも繋がっていくんですね。(^人^)
微笑み
2007/10/29 20:28
なまはげ様〜
戦争なんて〜起こったら〜
一同〜引き連れて〜逃亡します!!
わたし〜(●´∀`●)・・・
我が家の次男が〜
いま〜静岡へ〜合宿免許の最中です!!
富士を・みて〜自動車学校を・・・
のぞいてきました!!が・・・19歳^^
〜親馬鹿と・・・叱られています!!
でも〜心配で〜心配で・・・
私は・コ離れできないのかも?
・・・・・・バか親ですかしら?
かすみ草^^
2007/10/29 21:42
☆コマチさんへ
 ナマハゲとは女子供を泣かせる生き物なのです!
★なまはげ
2007/10/30 17:07
☆こねこちゃんへ
 学徒出陣などと良くご存知ですね。この時代の戊辰戦争ではもっと若い子供達が多数戦争に参加していたんですよ。それに女性の部隊まで結成されていたという記録もあります。
★なまはげ
2007/10/30 17:12
☆微笑みさんへ
 小学生から中学にかけての年代と同じくらいの子供達がたくさん戦争に参加していたようですね。それだけお国のため、お家のためと言う意識が強かったんだと思います。このお母さんの歌もこの悲劇を一層引き立てていますね。お母さんの嘆きが今でも聞こえてきそうな気がします。
★なまはげ
2007/10/30 17:17
☆かすみ草さんへ
 今じゃ殆どの人が、きっと逃げ出してしまうでしょうね。
 息子さん、運転免許取得に頑張っているようですね。心配なさるお気持ちは判りますが、覗きにいってもどうすることも出来ないでしょう。じっと、合格を祈って待っているのが良いのではないでしょうか。
★なまはげ
2007/10/30 17:21

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ある少年兵の死 ★なまはげの独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる