★なまはげの独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS どじょっこ ふなっこ

<<   作成日時 : 2007/10/17 16:45   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 18

皆さんはこの童謡を良くご存知だと思います。



1.春になれば 氷(すが)こもとけて
  どじょっこだの ふなっこだの
  夜があけたと 思うべな

2.夏になれば 童(わらし)こおよぎ
  どじょっこだの ふなっこだの
  鬼こ来たなと 思うべな

3.秋になれば 木の葉こ落ちて
  どじょっこだの ふなっこだの
  船こ来たなと 思うべな

4.冬になれば すがこも張って
  どじょっこだの ふなっこだの
  天井(てんじょ)っこ張ったと 思うべな   

メロディはクリック

歌詞の中の名詞の後に、
「こ」が付くのは秋田弁の特徴です。

元歌は東北各地に伝わる民謡だとも言われていますが、
昭和11年(1936年)、
東京の玉川学園「芸能隊」が東北公演旅行で
秋田を訪れた際の歓迎会で、
秋田市の金足西(かなあしにし)小学校の
教員・中道松之助が披露したのが始まりです。

これを聞いた玉川学園講師の岡本敏明が詩を書き取り、
編曲し合唱曲に仕立て、
唱歌として広く親しまれるようになったのです。

画像
金足西小学校には、
唱歌発祥の地として歌碑が建立されていて、
「どじょっこ ふなっこ」を、
地域興しの一つと捉えたイベントも開催されます。







画像
金足西小学校では平成7年から毎年体育館を使って開催され,
『「どじょっこふなっこ」の歌を楽しむ集い』が開催されています。
「どじょっこふなっこ」を楽しむ集いは,
地域の人々に親しまれています。 





画像


一つの歌をきっかけに、
大人も子供も同じ体育館に集まり、
歌を聴き比べるというのは、
地域の連帯感にも繋がっていくのではないでしょうか。


いつまでも「どじょっこ ふなっこ」の歌が
唄い継がれていって欲しいものです。




んだば






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時
ご無沙汰していますm(__)m
「どじょっこふなっこ」この歌は4番まであったんですね〜
初めて知りました!
しかも秋田が発祥だったとは・・
さくら
2007/10/17 18:55
 なまはげさん、どうもです (^^)/

 「どじょっこふなっこ」は、秋田の童謡でしたか。
 なるほど、言われてみれば、どことなくそんな雰囲気がありますね。

 会津の、それも喜多方あたりのことばだと、会話のお尻に「し」が付きます (^^ゞ
 「よくいらしたなっし」「んだなっし」・・・
夢見るピーターパン
URL
2007/10/17 19:15
 こんばんは☆こねこです♪

 それぞれの地域から生まれた歌には、その地方ならではの暖かみが歌には込められていますね(微笑)。

 それにしても「どじょっこふなっこの歌を楽しむ集い」って、ストレートなネーミングで個人的に好きです(微笑)。

 ねこでした。ニャン☆
こねこ
URL
2007/10/17 19:24
この歌,国民学校(今の小学校)で教わったように思います。今でも歌えますが,秋田生まれの歌だったことは知りませんでした。
歌詞を覚えるのに,氷こ溶けて夜が明けるー式に四番まで,その情景を生かしました。鮮やかで分かりやすい歌ですね。
閑 客
2007/10/17 20:17
こんばんは(⌒‐⌒)へええ〜秋田の歌だとは知りませんでした(^o^;)秋田弁に近いなあとは思っていたけど・・・(゜゜;)\(--;) 秋田市内から生まれた童謡なんてちょっと自慢出来ますね。 地域に根付いているのも嬉しいことですね。
微笑み
2007/10/17 20:30
昔、合唱団に入っていた時に
全国放送のテレビ局が取材に来たことがあり
雪のお城山をバックにどじょっこふなっこも含めて
いろいろ童謡を歌ってみせたことを思い出します。
小雪のちらつく中で歌う真っ赤なほっぺの子供たちは
他の地方や都会の人の目からみると
昔話の世界だったりするんだろうなあ(笑)
それにしても秋田生まれの唄だったとは…
コマチ
2007/10/17 20:47
皆さん書かれていらっしゃいますが この歌が秋田発祥とは知りませんでした。
秋田弁だったのですね。

有名な歌なのに なぜか どこの方言なのかわかりませんでした。
+あい
URL
2007/10/17 21:21
こんばんは〜♪
以前 TVか何かで 完璧な秋田弁バージョンの「どじょっこふなっこ」を聞いたことがありますよ〜。とても雰囲気良くて すぐに両親に「歌って!」とせがんだのですが 童謡の歌詞を雄勝弁に翻訳するのに手間取ってよく解らない歌詞になってました(^_^;) 同じ秋田でも微妙に違うらしいですね〜。

moonの住んでる市は ♪夕焼け子焼け♪の歌詞が生まれた場所です。いまでも午後6時になると「山のお寺の鐘」が聞こえてきますよ〜。自分達の町に歌の舞台があるって素敵なことですよね♪ 童謡の温かい歌詞 素敵なメロディ 大事に歌い継いでほしいですよね♪
moon
2007/10/17 21:46
☆さくらさんへ
 歌詞をよく御覧になっていただきたいのですが、沼に棲む生物の目から見た四季の様子を歌にしています。素朴ではありますが、北国の四季が良く表現されている歌詞だと私は思っています。
★なまはげ
2007/10/17 22:53
☆夢見るピーターパンさんへ
 そうそう会津の言葉は「っし」が語尾につきますし、仙台は「っちゃ」という語尾になりますね。言葉を聴くだけで、どこの出身かがよくわかります。
★なまはげ
2007/10/17 22:57
☆こねこちゃんへ
 「どじょっこふなっこの歌を楽しむ集い」ではここに写真は載せていませんが、数多くの団体がそれぞれの「どじょっこふなっこ」を唄います。それぞれに趣があって、けっして飽きることはないそうですよ。 
★なまはげ
2007/10/17 23:01
☆閑客さんへ
 歌詞は情景を思い浮かべながら唄うと良く覚えられますよね。単純な歌詞ではありますが、良く表現されているように思えます。
★なまはげ
2007/10/17 23:05
☆微笑みさんへ
 秋田市内の方でも、知らない方もたくさんおられるようですね。私はこの歌を46年前の秋田まごころ国体で歌に合わせて団体で踊りを披露しましたよ。
★なまはげ
2007/10/17 23:09
☆コマチさんへ
 もしかしたら、そのテレビ放映を私も見たかもしれません。あの可愛らしい女の子がコマチさんだったのですね(本当かよ!!)。
★なまはげ
2007/10/17 23:12
☆+あいさんへ
 なかなかこのような方言が全面的に出ている唄は数少ないでしょうね。秋田弁として御覧になると、意味も良くわかっていただけるのではないでしょうか。
★なまはげ
2007/10/17 23:14
☆moonさんへ
 へえ、「夕焼け小焼けで日が暮れて・・・」というあの歌ですね。それぞれの土地にはいろんな歌が隠れているのですね。そんな情報も知れたのはラッキーでした。
★なまはげ
2007/10/17 23:17
あは、、、
そうか、、この歌は、
方言だったのね?
今頃気づきました、、
猫姫少佐現品限り
URL
2007/10/18 15:10
☆猫姫さんへ
 名詞の後に「こ」が付いただけですから、気付かなかったかもしれませんね。
★なまはげ
2007/10/18 17:07

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
どじょっこ ふなっこ ★なまはげの独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる