★なまはげの独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 秋田十二景

<<   作成日時 : 2007/10/15 16:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 14

昨夜、
亡くなった父親の本棚を整理していましたら、
こんな本が出てきました。

画像


勝平得之(かつひらとくし)の版画集です。
画像
郷土秋田を愛し、意欲的に創作活動を続けた勝平得之は、
明治37年秋田市鉄砲町(現・大町6丁目)の紙漉業の長男として生まれました。
そして、家業を手伝いながら版画の絵・彫り・摺りの三つの工程を独学し、
独自の彩色版画の技法を生み出します。
郷土秋田の自然や風俗にした
独特の作風で多くの人に親しまれている勝平の作品は、
昭和6年の帝展入選以来、
数多くの美術展に入選し、海外でも高く評価されています。




勝平版画の魅力
勝平得之の木版画は、きわめてシンプルで力強く、
そして素朴な線と水絵の具の美しい色調は独特のものです。
一貫して郷土の自然や風俗を描き続けた勝平版画を
彼と深い交流があった相場信太郎氏は、
著書「勝平得之物語」で次のように評しています。


ユニークでひと目見ただけで、この人のものとわかるほど、
郷土的なにおいが豊かに流れています。




彼の代表的作品の中に、
秋田市内の風景が描かれて
「秋田十二景」と呼ばれている十二枚の版画があります。
まだ面影が少し残っているころの、
同じ場所からの写真も添えておきます。

画像
外濠夜景

画像











画像
一丁目橋雪景

画像











画像
長堤早春

画像











画像
日吉神社随身門

画像











画像
夜の秋田大橋

画像












紙面の都合で全部はお見せ出来ないのが残念です。

世界的建築家ブルーノ・タウトに作品が評価され、
世界に紹介され、
ドイツ・ケルン博物館には彼の代表作70点余りが保存されています。


秋田市の赤レンガ郷土館内にも、
勝平得之記念館が設置されています。






んだば





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
名古屋 エステ
名古屋 エステ ...続きを見る
名古屋 エステ
2007/10/16 04:34
こんなに細いショーツって・・・
もう少し過激に見たい方はこちら・・ ...続きを見る
匂い立つ色気
2007/10/16 23:30

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
あたたかい感じの版画ですね。
お人柄が現れるのでしょうか。
機会があったら是非、現物を拝見したいものです。
コマチ
2007/10/15 17:36
こんばんは♪
とても綺麗な色遣いで 優しさが漂っている作品ですね。もっと もっと見てみたい気がします。いつか本物を見に・・・ 秋田に?ドイツに? 行けるかな〜。 
moon
2007/10/15 17:45
 こんばんは☆こねこです♪

 すごいです!!
 もちろん版画はとても素晴らしいんですが、隣に同じ場所の写真を載せようと思ったお父さんの気遣いにも拍手です(微笑)。

 とても版画とは思えないその絵から、ホントに暖かい物を感じます。それにお父さんの優しさも加わってるのでなおさらです/////////////////

 ねこでした。ニャン☆
こねこ
URL
2007/10/15 19:48
こんばんは(⌒‐⌒) 勝平得之の名前は聞いていましたが、こんな素敵な版画があったなんて(゜゜;)\(--;) 一緒に添えてある写真で場所もはっきりわかります。赤レンガ舘の記念舘に家族で行ってみます。
微笑み
2007/10/15 20:44
日吉神社随身門の 版画と現在の風景比較で 殆どというか全く変わってないように見えますね。

他の風景は 時代と共に変化していったことがわかり それもまた面白いと思いました。
+あい
URL
2007/10/15 20:54
☆コマチさんへ
 勝平得之の版画は県内あちらこちらで見かけられますよ。確か「秋田ふるさと村」にもステンドグラスであったような気がします。
★なまはげ
2007/10/16 17:06
☆moonさんへ
 あはは、ドイツに行って鑑賞しますか??是非秋田にいらして本物に触れてください。
★なまはげ
2007/10/16 17:09
☆こねこちゃんへ
 同じ場所の写真があったほうが、よりリアルに版画を見ていただけると思いました。この写真自体も現在のものではありませんが、秋田在住の方でも懐かしく思い出してくれると思います。
★なまはげ
2007/10/16 17:13
☆微笑みさんへ
 けっこう毎日この版画の題材になっている場所を通っていますよね。そんな身近な場所でさえ、素晴らしい作品に生まれ変わっていると気付くと嬉しくなります。秋田市内を歩くと、思わぬところで勝平の作品が展示されたりしています。これから、気をつけて歩いてみてください。子供さんにも是非、記念館を見せてあげてください。
★なまはげ
2007/10/16 17:18
☆+あいさんへ
 ありがとうございます。神社の中は変わりようが無い場所ですから変化は少ないのでしょうが、真ん中の写真などは今現在とも大いに違ってしまっています。
夏祭り「竿灯まつり」の主会場近くなんですよ。
★なまはげ
2007/10/16 17:22
この版画集、僕も会社の本棚で見つけて、
しばらく時間を忘れて見入ったことがありました。
特に冬の描写が好きだったなあ。
むうさん
URL
2007/10/16 22:05
☆むうさんへ
 県民の生活を細かい描写で表現していましたね。どこかにほのぼのとしたものを感じる温かさをもっています。朝市を描いたものが私は好きです。
★なまはげ
2007/10/16 22:59
お写真と対比させて、
こう言うの、良いですね。
おもしろい!
猫姫少佐現品限り
URL
2007/10/18 15:08
☆猫姫さんへ
 対比させておいて正解でしたね!!
★なまはげ
2007/10/18 17:03

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
秋田十二景 ★なまはげの独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる