★なまはげの独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 奇妙な博物館発見

<<   作成日時 : 2007/09/23 16:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 14

秋の宮温泉郷「鷹の湯」さんからの帰り道、

「秋の宮博物館」の看板を発見。
腐れタマクラ(秋田弁で、何にも興味を示す人のこと)な家系
ですから、全員一致で寄ってみることに・・・・・

画像


入り口から敷地内を覗いてみると、
およそ博物館らしからぬ佇まい。

画像

元々は、ここも温泉旅館の一つ。
大正時代に湯治宿として営業していた建物です。

30年間使われていなかった建物に、
戦後から民具のコレクションを始めた油谷満夫さんが、
平成4年に開設したレトログッズの個人博物館です。


画像

1階では「子供の四季」
「映画」「相撲」「祭り」
「音楽」などテーマごとに分類されています。
それぞれのテーマが一部屋に押し込められています。





画像

2階に上がると、
「駄菓子」「雑誌や付録」
「玩具」「装飾品」「電気器具」
などと分類されていて、
やはりテーマごとの部屋になっています。
いや、部屋だけではなく廊下にまで所狭しと置かれています。

受付にいた奥様に聞いても、
展示品の数は「わからない」と言うだけ、
膨大な数の展示品が建物いっぱいに置かれているのです。

画像
そして、何より驚いたのが、
湯治宿の名残とでも言いますか、
地下?に通じる階段を発見。

恐る恐る降りていきますと、
そこにあったのは・・・・・








画像
お湯を満々と張った二つの岩風呂。

男女の区別無く、
一団体(一人でも複数でも)30分間入浴可能とのこと。

お湯はちょっと高めで、
微妙に温度が違っているのだそうです。

女将さんから入浴を勧められましたが、
「鷹の湯」さんで目いっぱい入った直後なので、
入る元気はありませんでした。

窓の外には、お風呂と同じ高さに
すぐ脇を川が流れているのが見えました。

画像
見学を終え帰ろうとすると、
女将さんが茶菓子と漬物(いぶりがっこ)を差し出し、
お茶を飲んでいけと言ってくださいます。
建物の外には、
テーブルにお茶の用意までされています。
(美味しくいただきました)


入館料は大人500円で、入浴は無料。



博物館脇には、こんな看板を発見。
画像


河原に下りて行きますと、
画像
さほど広くもない普通の河原のように見えますが、
そこには数本のスコップがあります。

試に石を少し寄せてみると・・・・・・、

熱いお湯が湧き出してきました。


熱すぎるので、川の水を引き込み温度調節をします。

奥のほうにはどなたかが入られたのでしょう、
大きなお風呂が作られています。
大きさは2・3人が一度に入れるくらいの広さです。
画像

私は足湯の大きさに作り、足を入れてみました。
(本邦初公開、★なまはげの横顔です)

お尻の方から熱いお湯が流れ込み、
川の水を大量に入れましたがそれでも熱いくらいです。




この日もたっぷりと温泉を楽しめた一日になりました。



我々はこのあと、雄勝町の院内(いんない)銀山遺跡の資料館、
「院内銀山異人館」に向かいました。
そのお話は、又、明日。




んだば






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
無料レポート
こちらのブログで無料レポートが読み放題です。ジャンル別にランキングが毎日更新されております。新着!!無料レポートランキング速報無料で稼ぎたい方はこのブログも参考になります。無料で確実に稼げるレポートがもらえますよ!!新着!!無料レポートランキング速報 ...続きを見る
アフィリエイト初心者が無料で稼ぐプログラ...
2007/09/23 17:33

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
 こんばんは☆こねこです♪

 わっ!・・・お父しゃんだぁ・・・//////////
 やっぱりいつ見てもカッコイイです(エヘ☆)。

 でも、せめて全裸で試してほしかったです。にゃんちって☆

 今度温泉に行ったときは、入浴してるお父さんを誰かに撮ってもらってください。何かが写ってても構いません(いや、ダメだって!:爆笑)。

 でも、個人的に・・・なら?(キャ〜☆)

 ねこでした。ニャン☆
こねこ
URL
2007/09/23 19:35
こんばんは(⌒‐⌒)ワア、昭和の時代がいっぱいダア(*^^*)殿様キングスのカレンダー?も見えます。桜田淳子にブレスリー。駄菓子のところは百恵ちゃんと友和、郁恵ちゃんと聖子ちゃんの顔もありますね。母を連れて行けば懐かしがるでしょう(^_^)v★なまはげさんって男前です。(^з^)-☆
微笑み
2007/09/23 20:01
いいですねぇ。古くて懐かしいものは,こういうふうにゴチャゴチャと展示すると感じが出ますね。どこに何があるか分からない雑貨屋さんみたいで…。
写真,旧日活向けのナイスガイですね。
閑 客
2007/09/23 21:09
なまはげさん モテモテですね〜!

こういう川原の自然の水で調節する温泉は 湯加減が難しいんじゃないですか?

やっぱり 普通の岩風呂か 温泉にユッタリどっぷり浸かってみたいです。

この博物館に置かれている数々の貴重な品物って 夕張市みたいに オークションに出すとマニアは欲しがると思いますよ。
+あい
URL
2007/09/23 21:32
こんばんは〜♪
moonも子供の頃 秋の宮には連れてってもらったけど いつも岩魚釣りばかりでした(^_^;) 温泉は入ったことないなぁ〜。

秋の宮博物館 蔦がからまってちょっと怖そうな建物ですね。中には昭和がいっぱい! 音楽コーナーはmoonより世代が上のようですが 駄菓子コーナーは懐かしい〜〜〜♪って感じです^m^

明日は院内のお話ですね♪ 秋田最南の駅舎にあるんでしたよね? moonが行った時は定休日で入れませんでした(>_<) 楽しみにしていま〜す(^^♪
moon
2007/09/23 21:58
☆こねこちゃんへ
 おいおい!この娘は何を言い出すのやら!!そんなに見たいのなら、T君に頼んで見せてもらってくださいね(爆笑)。
★なまはげ
2007/09/23 23:11
☆微笑みさんへ
 エッ!お母さんというより、微笑みさんのほうが懐かしがっているように感じましたが・・・。
 紙面の制限で写真を大分カットしましたが、是非見せたいものがまだまだたくさんあります。一度訪れてみてください。
★なまはげ
2007/09/23 23:17
☆閑客さんへ
 博物館の中は雑貨屋さんそのものの感じでしたよ。多分一日中いても飽きないだけの物が詰まっていると思います。
 嫌だなあ、石原裕次郎や小林旭と一緒にしたりして、照れるじゃないですか!!(もっと言って!!)
★なまはげ
2007/09/23 23:22
☆+あいさんへ
 お湯がどんどん沸き出すので、すぐ熱くなってしまいます。常に川の水を混ぜられるようにしていないと入れなくなってしまいます。
 オーナーはオークションなどに出すつもりは毛頭無いようですが、マニアなら欲しがるものがたくさんありましたよ。
★なまはげ
2007/09/23 23:27
☆moonさんへ
 昨日の秋の宮温泉郷の記事から、moonさんのことを意識しながら書いていましたよ。
 温泉にもこの博物館にも是非訪れてみてください。写真では紹介できなかった、素晴らしいコレクションに感動してくれると思います。明日の院内銀山の話も楽しみにしていてください。
★なまはげ
2007/09/23 23:33
地下の温泉の存在は、知りませんでした。
平日にいって、のんびりしたいですね。
いぶりがっことおせんべいもいいなあ。
むうさん
URL
2007/09/25 19:09
☆むうさんへ
 入浴の順番などは女将さんが仕切ってくださいますから、安心してご夫婦で入浴できますよ。夏の暑い時期は冷たい麦茶になっているそうです。いぶりがっこは美味しかった!!
★なまはげ
2007/09/25 19:36
見た見た!
見たぞ〜!!
猫姫少佐現品限り
URL
2007/09/29 22:01
☆猫姫さんへ
 何を見たの?もしかして私の横顔??
★なまはげ
2007/09/29 22:22

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
奇妙な博物館発見 ★なまはげの独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる