★なまはげの独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 大迫力 角館・曳山まつり

<<   作成日時 : 2007/09/02 17:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 15

武家屋敷が残り、
春は桜で有名なみちのくの小京都・角館。


そんな大人しい優しい雰囲気のある街に、
一年に一度、人々が一番熱くなり興奮する三日間があります。

毎年9月7日から9日(実際は10日明け方)まで行われるもので、
国指定重要無形民俗文化財になっているお祭りです。

画像
角館は藩主佐竹公の分家・佐竹北家が治めていたところ。
信仰の中心だった神明社と薬師堂への奉納のお祭りで、
毎年町内から18台の曳山が奉納されます。






9月7日は神明社の宵宮で午前10時より例大祭、
8日には御輿渡御祭が行われます。
薬師堂においては9月8日午後4時より宵祭法楽、
9日には薬師瑠璃光如来御輿巡行が行われます。


画像



各町内には「張番」という祭典行事を司る場所が設けられ
御神輿のお迎えや曳山への対応等を行い、
丁内祭典の進行について、
最高の権限と責任をもち年番長が責任者となります。





画像
18台の曳山には、
笛、大太鼓、小太鼓、鼓、摺り鉦、三味線等により
飾山囃子を奏する人たちが乗り終始囃し、
秋田おばこたちが艶やかに手踊りを披露します。

若者達は、神明社、薬師堂への参拝、
佐竹北家への上覧等を目的としながら曳山を運行します。

やまぶっつけは曳山の進行との関連で行われます。
相手の曳山と話し合うことを「交渉」といいます。

参拝をする曳山を上りヤマ、参拝を終えた曳山は下りヤマと呼ばれ、
道行きの優先権は上りヤマにありますが、
参拝等を終え進行の目的がなくなってしまった3日目夕刻以降は
通行の優先権がなくなりますので交渉をしても決裂してしまいます。

画像


道路上で鉢合わせしたヤマ同士は
実力で通ることになるため「やまぶっつけ」の場面になります。
重さ5トンを越えるヤマのぶつかりは迫力満点。
この時は祭のクライマックスにふさわしく曳手もお囃子も最高潮に達します。

静と動が交差するみちのく小京都。
短い夏の終わりにふさわしいエネルギーの爆発。



画像


祭りが終わると、
桧木内(ひのきない)川から涼風が立ち、
角館は日一日と秋の色がその濃さを増していきます。











んだば







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
みちのくの小京都・角館
本当はお祭りの本番を観に行きたいのですが、 なかなか仕事の関係で行くことが出来ません。 ...続きを見る
★なまはげの独り言
2007/09/10 16:48
角館の紅葉【秋田県】
秋田藩の支藩、佐竹北家の城下町だった角館は、みちのくの小京都とも呼ばれている。藁葺きの屋根、古めかしくも風格漂う... ...続きを見る
北海道・東北の紅葉情報
2007/10/09 18:25

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(15件)

内 容 ニックネーム/日時
写真を見ると「やまぶっつけ」の曳山に人が乗っていますね。勇壮なようですが,怖いお祭りみたい。
最後の写真が祭りの後でいいですね。ホッとします。
閑 客
2007/09/02 19:56
 こんばんは☆こねこです♪

 うわぁ!!
 こんなにぶつかって大丈夫なんですか!?

 私は心のどこかで思いっきりぶつかってみたいという想いはあるんですが、ケガしたらどうしようとか考えると怖いですぅ・・・。

 こんなとき思うのが屈強な肉体がほしいってことですね。男だったらあまり考えずにぶつかることもできるのになんて思っちゃいます・・・。

 ま、今のところ見てるだけでも満足なんですけどね(微笑)。

 ねこでした。ニャン☆
こねこ
URL
2007/09/02 20:57
こんばんは(⌒‐⌒)角館のお祭りはこの時期だったのですね。昨日の能代のお祭りとどちらを見ようか迷ってしまいます。★なまはげさんってお祭りの紹介がとってもお上手ですね。どちらかはきっと見に行きたいです。
微笑み
2007/09/02 22:10
☆閑客さんへ
 うっかりすると大事故になりかねないようなぶつかりです。実際過去には犠牲者も出たことがあります。演ずる方も見ているほうも、充分な注意が必要ですよ。
★なまはげ
2007/09/02 23:35
☆こねこちゃんへ
 いやいや男でも充分怖い「ぶつかり」になります。万が一、挟まれでもしたら命は助かりませんから。それだけに「ぶつかり」の迫力は相当のものがあります。
★なまはげ
2007/09/02 23:40
☆微笑みさんへ
 あははは、ありがとうございます。能代のお祭りと角館のこの祭りのどちらかはきっと見てくださいね。どちらも感動されることうけあいです。
★なまはげ
2007/09/02 23:44
勇壮なお祭りですね!!
やぐら〜が・・・船みたい?みえるんですが??
ぶつかりあう!!沢山の櫓が・・・出るんでしょうね!!大迫力^^の〜題材どおりなんですね!!
ヾ(*^▽^*)〃・・・・
かすみ草^^
2007/09/03 06:38
盛大なお祭りですね。
お祭りの歴史やいわれを知って実際のお祭りをお知らせ願えるのですからすばらしいですね。
Tatehiko
2007/09/03 10:02
おお!なんかだんじりみたいですね。
角館といえば桜と武家屋敷!と思っておりましたが
まだまだ見所はあるのですね。
そういえば、先日知人から聞きましたが、
冬の行事でも素敵なのがあるそうですね。

コマチ
2007/09/03 12:24
旅から戻ってきました。改めてよろしくお願いします。
角館の山ぶっつけ。1度見たかったけど、
結局チャンスを逃してしまいました。
なんだか、秋になってしまいましたね。当たり前だけど。
むうさん
URL
2007/09/03 12:28
☆かすみ草さんへ
 曳山の先端は、相手のヤマに乗り上げれるように工夫されています。相手を上から潰してしまおうと言う作戦が取られます。そばで見ていると凄い迫力ですよ。
★なまはげ
2007/09/03 17:25
☆Tatehikoさんへ
 やはりお祭りは、歴史やいわれが判ればもっと楽しく見ることが出来ますからね。紹介もそのようになるように努めています。
★なまはげ
2007/09/03 17:27
☆コマチさんへ
 ははは、ダンジリですか。雰囲気はそのようなものがあるのかもしれませんね。
 角館は春の桜が有名ですが、春夏秋冬いつ来ても楽しめることが出来るようにイベントはたくさんありますよ。また冬のお祭りなども紹介しましょう。
★なまはげ
2007/09/03 17:30
☆むうさんへ
 お帰りなさい!!楽しんでこられましたか?またレポートを楽しみにしていますよ。
 朝晩はぐっと気温が落ちてきましたね。風邪など引かないようにお互いに注意しましょう。
★なまはげ
2007/09/03 17:32
こんにちは☆
手踊りを習いたいのですが・・・
どこで教えてもらえますか?
mimi
2009/08/30 10:07

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
大迫力 角館・曳山まつり ★なまはげの独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる