★なまはげの独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 子育て奮闘中

<<   作成日時 : 2007/09/12 17:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

秋田市の大森山動物園「ミルヴェ」は、
ベィビーラッシュで、それぞれの親たちは、
子育てに奮闘中です。



本当は、今日は大切な裁判が始まりました。
そちらの記事を書こうと思っていたのですが、
記事を書いているうちにだんだん腹が立ってきてしまい、
その裁判に触れるのは控えます。


ということで、それとは全くの逆の話題です。



画像
これは、7月20日に誕生したメスのキリンの赤ちゃんです。

体重は測定出来ていませんが、
頭頂までの高さは160センチ。


このほど名前も
「ひまわり」と決まりました。

昨年9月に紹介した、
片足を事故で失いながら、義足で懸命に生きようと頑張ったのに
残念ながら亡くなってしまったキリンの「たいよう」のお話を覚えていますか?

その「たいよう」とは異母兄妹に当たります。

「たいよう」と「ひまわり」

「ひまわり」ちゃんには「たいよう」の分まで長生きしてもらいたいものです。




さて、
今一番に子育てに夢中なのが、



画像


ライオン一家でしょう。


8月12日に生まれたばかりで、
まだ性別は不明で、もちろん名前もありません。

画像


母親のマンゴーはもちろん、
父親のカズも含めて、付きっ切りの子育てに奮闘中のようですよ。


大森山動物園の飼育されている動物は、
7月末で、
哺乳類 、60種類 321点
鳥類、 57種類 228点
爬虫類 、14種類 33点
両生類 、1種類 3点
魚類 、4種類 24点
合計 136種類 609点にのぼっています。

画像
6月9日に多摩動物公園より
大森山動物園へやってきたアムールトラのアシリ(メス 8歳)。
当園にて以前から飼育されている
同じアムールトラのウィッキーのお嫁さんとしてやってきたアシリですが、
ウィッキーとのお見合いの前に、
まずは展示場に出る訓練を始めました。
しかしアシリはなかなか屋外展示場へ出てくれなく、
自然に自分で出てくるのを待っている状態でしたが、
7月18日にやっと出てきてくれました。


近い将来、きっとアシリにも
可愛いベィビーが誕生してくれることでしょう。






んだば






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
虎に赤ちゃんが生まれたら これが本当に文字通り
「虎の子」な〜んちゃって!!

何の赤ちゃんも どうしてこんなに可愛いのでしょうね。

それなのに 我が子に手をかけたり 虐待する親が増えている世間 動物以下じゃないですか。
+あい
URL
2007/09/12 19:14
 こんばんは☆こねこです♪

 あい母さんのおっしゃるとおりですね。
 今日は裁判のことなのかなぁと思ってましたが、こういうときだからこそ少しクールダウンも必要かもしれないですね(微笑)。

 近い将来、こねこにも・・・?・・・//////////

 ねこでした。ニャン☆
こねこ
URL
2007/09/12 19:49
動物園,久しく行っていないですねぇ。何かの用で四十年位前に行ったきりでしょうか。水族館は五,六年前に行っていますがね。
そういうところに出かけるのもいいかなぁと思いながら読んでいました。
閑 客
2007/09/12 20:15
こんばんは(⌒‐⌒)きっと今日は裁判の話題かなと思っていました。 大森山動物園に子どもたちと行ってきたばかりです。たいようの紹介もちゃんとしてくださっていたんですね。さすがです(^з^)-☆
微笑み
2007/09/12 20:17
☆+あいさんへ
 冒頭に書いているように、藤里町の事件の裁判を取り上げる予定で記事を書いていましたが、余りにも悔しくて、記事をまとめ切れませんでした。急遽、全く逆の記事に差し替えたのですが・・・・。。どんな動物の親だって、自分がお腹を痛めた我が子なら、可愛くないわけはありません。何であんな事件に発展してしまったのか・・・・まして、自分の罪を認めようとせず、精神異常に逃げ出そうと企んでいます。情けなくて、悔しくて・・・・・。涙。
★なまはげ
2007/09/12 23:01
☆こねこちゃんへ
 裁判の検察側の主張も、弁護側の主張もある程度判っていましたので、ある程度の下書きを書いていたのですが・・・・。。親の立場で事件を考えると、釈然としないものが残っています。親子の情愛というものを見つめ直す意味で、動物園の話題にしました。裁判の話題も近いうちに取り上げます。
★なまはげ
2007/09/12 23:08
☆閑客さんへ
 昔の動物園と違い、最近は動物の生態をそのままに見せようと工夫がなされています。こんな一面もあるんだと、感心させられることもありますよ。たまには童心に返って、動物園を散歩されてはいかがでしょうか。
★なまはげ
2007/09/12 23:13
☆微笑みさんへ
 裁判の題材を、冷静に書くことが出来ませんでした。空しくて、悔しくて、余りにも悲しすぎる事件です。近いうちに、裁判の記事は再度書き直すつもりです。
 大森山の閉鎖されている遊園地も来春には再開できそうですね。子供達の歓声が戻ってくることは大歓迎です。
★なまはげ
2007/09/12 23:21
見るベ…?
そりゃー
見に行かねば(笑)
コマチ
2007/09/13 12:59
☆コマチさんへ
 いつの間にか大森山動物園には「ミルヴェ」という名前が付いたんですよ。私もこの名前に触発されて、見に行ったことがあります。数年前からの改装で園内の様子は様変わり。ずいぶんと動物達を見やすくなったと感じました。秋田市にお出での際は、ご案内しますよ。
★なまはげ
2007/09/13 17:53
ミルヴェ、ですか。
わかる人にはわかる、というネーミングなんですね。

裁判の記事も読ませてもらったけど、あえてこちらに書きにきたのは、動物の赤ちゃんの写真見て、ほっとさせてもらったからです。ありがとう、なまはげさん。

りんごろ
2007/09/14 14:02
☆りんごろさんへ
 そうそう、判る人には判るネーミングです。
殺伐としたニュースよりも、明るい話題の方がいいに決まっていますよ。
★なまはげ
2007/09/14 17:35

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
子育て奮闘中 ★なまはげの独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる