★なまはげの独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 「館」に埋められた乙女と鶏

<<   作成日時 : 2007/08/09 07:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 12

昔はその高台は、一応きれいに芝生が生えていたような気がする。
季節によって野薔薇が咲き乱れたり、
白い百合が咲いたり、
野イチゴ狩りが出来たりして、
自然公園だった。
そこを「タデ」と私たちは呼んだ。
「館」のことで、城跡だ。

やがて子供達の遊びが多様化し都会化すると、
この村のこの公園にもその影響も出てきて、
草は生え放題、雑木も大きくなり、単なる山になってしまった。

その山を久しぶりに見た時、
昔みたいにきれいに草が刈られていたようになっていたのは、
たぶん大人たちがそうしてくれたのだろうが、
なによりも子供たちが遊んでいたせいだ、ということがわかる。

その「タデ」が、また公園として蘇った。
東屋が出来、ベンチもあり、花や木も植えられた。

実はこの「タデ」にはちょっと不思議な現象が起こる。
このことは昔から、口伝えに伝えられてきた。

画像
雨のそぼ降る日など、その「タデ」に佇んでいると、
かすかに天のかなたの方から鶏の鳴き声が聞こえてくる。
もちろん断っておくが、
「天のかなたの方から」というのだから、
近くの農家の鶏の鳴く声ではない。
なによりもこの「タデ」のある場所は、
集落を通り過ぎ、村はずれの橋を渡ってなお暫く歩いたところにあり、
しかも高台だから農家の鶏の声を聞くのは難しい。
おまけにこれは単なる昔話ではなく、
今もその鳴き声は、天のかなたの方から聞こえてくると言う。
もうこの集落に鶏を飼っている家などない。

聞こえてくる鳴き声は、あの朝のトキを告げるような元気なものではない。
悶え苦しみ、あるいは哀しげに喉をふるわせるように、
その声は時に長く、あるときは短くかすかに聞こえるのである。

じっと耐えるようなその鳴き声を聞いていると、
やがてその声に応えるように、
地の底のほうから女の、
それも若い女のすすり泣く声が聞こえてくるのだ。

厚い雲が垂れ込め、どんよりと暗い空の下で、
そぼ降る雨が高台一帯を濡らす頃、
しかも、黄昏頃に特に聞こえる。
黄昏頃に特に聞こえるけれど、
朝早くでも、もちろん昼日中でも小雨の降る日は聞こえる。
そこは「羽川館跡」というところだ。

珠林寺という寺が、鬱蒼とした杉林の中にあり、
百ほどの石段を登らなければ辿り着けないけれど、
立派な伽藍だ。
その寺からさらに、杉や雑木の林の小径を登る途中には
三十三番の観音様があり、登り詰めると、
筑紫森という百メートル余りの山頂に辿り着く。
山頂の祠に手をあわせてから目を上げると、
日本海がひらける。
男鹿半島も鳥海山も一望のもとだ。

いくつかの固有名詞を出したが、
肝心なところへの道案内はしない。
何とか探りだして、小雨の降る週末に車を走らせて見てはいかが。
たぶん、一日楽しめる。


実は、その高台に館を新築する時に、
基礎固めと一族の武運長久を祈って、
生贄として館の下の土の中に、
村の乙女と一羽の鶏が埋められたという。

伝説の声がかすかに聞こえる。
ちょっとしたミステリーコースである。





秋田こわいこわい物語から








んだば








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【ツインストロベリーチョコ袋入り】サクサクいちごをチョコレートでくるみました!
【ツインストロベリーチョコ袋入り】サクサクいちごをチョコレートでくるみました! ...続きを見る
取寄 チョコレート
2007/08/09 11:00

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
こわいこわい…
大切なもの、かけがえのないものを供えるからこそ
願いも叶うというものかもしれませんが
その犠牲は当事者にとってはあまりに大きいですよね。
声が聞こえたら、手を合わせようかなあ。
コマチ
2007/08/09 12:43
 こんにちは☆こねこです♪

 こわいですぅ・・・。
 でも、埋めた話が本当なら聞こえてくるのもうなずけます・・・。

 けど・・・やっぱりこわ〜い。
 お父さんに抱きついちゃお(むぎゅ☆)。

 ねこでした。ニャン☆
こねこ
URL
2007/08/09 16:34
なんだか 一人じゃ行けない場所ですね。

昔は 生贄という犠牲者を捧げたという話は よく聞きますが 本当にそうしたのであれば 結構残酷・・・
+あい
URL
2007/08/09 19:09
さぁ登ろう 
羽川館跡へさぁ登ろう

みんなで登れば怖くない
かんかん照りなら怖くない
小雨降る日にゃ耳栓持って
閑 客
2007/08/09 20:05
↑↑↑・・・・耳栓か???アハハ
夏は〜いいですね!!
オバケ見たことない私でも〜少し・寒くなりますもの
アハハ・・・色んな・・名所や〜言い伝え・
不思議が〜ありますね!!・・・んだば〜^^また〜
かすみ草^^
2007/08/10 08:01
☆コマチさんへ
 昔は実際に「人柱」として行われていたようですね。今の時代では受け入れられない古代の風習です。
このようなお話は日本全国に残っていそうです。
★なまはげ
2007/08/10 19:25
☆こねこちゃんへ
 人柱の話は日本全国にありますから、本当にあったお話でしょう。ミステリーツアーにお連れしますよ。
★なまはげ
2007/08/10 19:27
☆+あいさんへ
 登場する固有名詞から、「あの場所」ではないかという目当てがあります。私も一人じゃ行けそうもありませんので一緒についてきてください、お願いします。
★なまはげ
2007/08/10 19:30
☆閑客さんへ
 耳栓持ってですか!!アハハ、それなら怖くないかも。。でも、意味ないじゃん!!!
★なまはげ
2007/08/10 19:31
☆かすみ草さんへ
 昔子供の頃に、「人魂」を見た経験があります。それ以来霊の存在を信じるようになっている私です。
秋田の「怖い」お話はまだまだあります。時々紹介しますから、乞う、ご期待!!
★なまはげ
2007/08/10 19:34
こういうの、好きなんです!
猫姫少佐現品限り
URL
2007/08/11 22:13
☆猫姫さんへ
 そうだと思っていました。
★なまはげ
2007/08/11 22:37

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「館」に埋められた乙女と鶏 ★なまはげの独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる