★なまはげの独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 古代の水洗トイレ

<<   作成日時 : 2007/08/10 19:17   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 10

蝦夷(えみし)征伐のために作られてきた城柵。
最北限に作られたのが現在の秋田市にある出羽の柵です。
最北限と言うことは、
ここが蝦夷征伐の最前線となった場所と言うことですね。

奈良・平安時代には名前を「秋田城」と変えています。
秋田城には国府が置かれ、出羽北部の統治を行っていた記録もあります。



秋田市の土崎港の近く、
高清水の丘に存在していました。
陸路から行くには非常に難儀な秋田でしたが、
船で北陸から都の文化などは容易に入ってきていたようです。


平成に入って、秋田城の遺跡発掘が盛んになり、
平成10年には外郭東門と築地壁が再現されました。

画像



秋田城は外国の使節を迎えるための迎賓館の役目もあったことが
数々の記録から明らかになっています。


この秋田城には奈良・平安時代の水洗トイレ「水洗厠舎(かわや)」が
見つかっています。
奈良県にはこの設備は見つかっているのですが、
全国的には少なく、
当時、辺境の地秋田に整備されたのは、
日本海側に面していたなど外交上の理由とされています。


水洗厠舎は94〜95年の調査で外郭東門から
南東に150メートルほど離れたところで発見され、
奈良後期の760〜790年頃に使用されていたと見られています。

画像


東西7メートル、南北5.6メートルの木造平屋建てで、
内部は個室状に三つに分かれ、それぞれに便槽があります。
便槽の底には長さ6メートルのヒノキの樋があり、
屋外の沈殿槽に続いています。
用を足した後に、個室内の瓶(かめ)の水をひしゃくで汲んで流すと、
沈殿槽に流れ込むようになっています。
沈殿槽は沼地へ通じていて、
後はバクテリアが自然に分解してくれる仕組みだったようです。


復元工事が先日7日から始まりました。
強化プラスチックで便槽や樋、沈殿槽をつくり、
遺構に合わせて埋設していきます。
この部分は9月中には完成予定で、
国体期間中に1週間ほど一般公開も予定されています。

その後、建物部分の復元にかかり、
敷地の南西を囲む木塀も復元します。

全ての設備が復元されるのは
2009年春になり、一般公開される予定です。

総事業費は7800万円。
3室ある個室のひとつには
水瓶とひしゃくを置き、
古代人の気分に浸って水を流す体験も出来るようにします。
しかし、当面使用は出来ません。
風変わりなトイレだと間違えられる心配はありますが・・・・・


当時、日本一の設備を誇ったトイレを
見ていただきたいものだと思っています。


辺境の地秋田には、
都にしかなかった設備が存在していたというお話でした。





んだば











テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
迎賓館のサイト集情報
迎賓館のリンク集形式のサイト情報です。の情報収集にお役立てください。 ...続きを見る
迎賓館厳選サイト一覧
2007/08/18 14:08

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
昔の人たちが水洗トイレを作っていたなんて・・・不思議な気がしますね。
支配者の居城だろうとは思いますが・・・私など田舎者は、ポットントイレの経験者ですから、権力者は当時の科学技術見極めることができたのですから偉いですね。
Tatehiko
2007/08/10 20:08
衛生観念がずいぶん進んでいたんですね。バクテリアなどという仕組みや言葉は無かったとしても,経験でこうすればいいー,だったのでしょう。
いつも思うのですが,こういう進んだ昔の仕組みが途中で途切れることを不思議に思います。何も日本に限らず,世界遺産などを観ると特にそう思えます。
閑 客
2007/08/10 20:19
 こんばんは☆こねこです♪

 そのころから水洗トイレがあったんですか!?
 私もここで・・・と思いましたが、丸見えですね(笑)。

 ねこでした。ニャン☆
こねこ
URL
2007/08/10 21:34
☆Tatehikoさんへ
 昔も水洗トイレは爽やかに使用できたんでしょうね。ただやはり設備には相当の知恵と多くの費用が必要だったでしょうから、どこにでもあるというものではなかったようです。
★なまはげ
2007/08/10 22:41
☆閑客さんへ
 長年の経験などからこのような設備が作られてきたのでしょうね。もちろん地域全体に普及させるには莫大な費用などがかかるために、これ以上に広がらなかったのでしょう。
★なまはげ
2007/08/10 22:47
☆こねこちゃんへ
 全国的には小川の上に作られたトイレ(ここからカワヤと言う名前になった)などがあるようですが、沈殿槽を備えた設備はかなり珍しかったでしょうね。建物が完成してもここは使用できませんから・・・・。。
★なまはげ
2007/08/10 22:52
>小川の上に作られたトイレ(ここからカワヤと言う名前になった
へぇーへぇーへぇー(@_@)
友人宅で「変ったトイレで!」と言われ使った‘終了後シャワーをかけて流す’トイレを思い出しました^m^
秘密主義
2007/08/12 16:54
☆秘密主義さんへ
 まさにその友人宅で使っていたトイレがそのまま古代にあったようです。シャワーは無かったのでひしゃくで水を流すのです。
★なまはげ
2007/08/12 18:28
秋田が北方外交の拠点だったなんて、
なかなかロマンを駆り立てられます。
美人が多い理由もここにあったのかもしれませんね。
むうさん
URL
2007/08/13 13:41
☆むうさんへ
 京都から近い福井の港から直通で秋田と繋がっていたようです。古代は東北の中ではずば抜けて中央文化が浸透していたんですよ。京都あたりの美人がたくさん秋田に来ていたのかもしれませんね。
★なまはげ
2007/08/13 14:24

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
古代の水洗トイレ ★なまはげの独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる