★なまはげの独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 花香譚

<<   作成日時 : 2007/07/28 16:59   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 8

画像
天にあって鳴るものを雷といい
地にあって鳴るものを震といい
人にあって鳴るものを屁という



誰でもやることを嫁がやったら大問題、
その一つが嫁の屁だ。

本荘町は六郷藩の城下町。
”家中”という界隈は、昔から小笠原礼儀作法の正しい家が
武家屋敷の伝統を継いでいて、
生花、茶の湯の師匠も多かった。
そこの某家の嫁が、かがむ拍子にブウと漏らしたため
家をおん出されたという話はいまでも有名。
三歳の童女ならゴメンナチャイ!で済むものを
何故嫁だけが屁ごときで責め立てられるのだろうか。


屁をひって おかしくもない 独りもの


屁は元来、人体自然の生理がなせるもので、
その人の意思によるものではない。
だからおかしくなくて当たりまえなのだが、
実際は、悲劇も喜劇も発生する。

落語に、花嫁が抑えきれずにボオーとやってしまい、
申し訳ないと衣装を脱ぎ捨て
井戸の中に飛び込んだが、
一人だけ死なしてはおかぬとムコ殿も、
続いて仲人夫婦、両親たちが次々と飛び込み、
荷を担いできた小僧までが飛び込もうとしたら
「満員御礼」の札がかかっていたという馬鹿クサイ話がある。


一大事花嫁今にも屁を出そう
大変だ花嫁かかとで屁をころし
村の嫁かかとでわれめへ屁をはさみ



古人曰く、放屁は菩薩のあくびなり、
形なく、色なく、妙なること神のごとし、
屁に三徳あり、
腹減り、気が晴れ、人を笑わせ、尻の塵をとる
、とかや。

姑といえば鬼婆ァばかりじゃない。
ー 屁なりとてあだなるものと思うなよ ぶつという字は仏なり −
姑ばば咳と同時に一つひり
姑の屁をひったので気がほどけ
念仏と屁ばかりひっていい姑


画像
というふうに愛敬のある姑もいるが、
本荘町御蔵町の話にこんなのがある。


ナンマイダ、ナンマイダと亡夫の霊を慰めている姑、
プヒプヒプヒとはしご屁を漏らしたが、
誰もいるはずのないかげの間からクスクスと嫁の忍び笑いの声。
自尊心を傷つけられた姑。
いつかこの仇をとってやろうと、
日役町の禰宜というところで知恵を借り、
南蛮渡来の秘薬ならぬ屁薬を授かってきた。

今日は姑の年祝い。
近所の友人達を集めて宴たけなわ、
姑がひとこと謝辞を述べる段になって
やおら立ち上がろうとしたとき、
ブウーブッ、ブブブウ、ブッ。
一茶は「馬の屁に吹き飛ばされし蛍かな」と詠んだが、
馬のやるような大音響。
床の間に活けてあった水仙の葉がハラハラと散った。
満座哄笑。
大爆笑、薫響ともに薬効満点であった。
姑が置き忘れた薬を嫁が見破って、
姑の吸い物椀に仕込んで姑を返り討ちにしたという噺。



あきた風流「艶」ばなし 嫁いびり編から








んだば





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
良いお話ですなぁ〜(大笑い)
私は、クローン病を患ってからこの方「大音響」の屁を布団のうえで寝転んでやっていまっせぇ〜
勇気付けられるお話があるのですね。
ちょっとプリントアウトさせていただきま〜す。
Tatehiko
2007/07/28 19:45
 こんばんは☆こねこです♪

 えぇ〜!?
 オナラで身投げですか??それは悲劇・・・?

 でも、オナラくらい人に生まれたら誰でもするんですから、あまり気にしなくてもいいのでは?と思います。

 ぶっちゃけ、私もしますよ?
 もちろんTくんの前ではなるべくしないように心がけてますが・・・///////////

 ねこでした。ニャン☆
こねこ
URL
2007/07/28 19:49
あー面白かった。
水仙の葉がハラハラと散る光景,見たかったなぁ。
続編はありませんか。
閑 客
2007/07/28 20:18
 なまはげさん、どうもです (^^)/

 興味深く拝読させて頂きました(笑い)

 「プッと出た屁
  臭いと思うな
  屁は○○のあくびだよ〜」・・・ってのを、私もどこかで聞き覚えたような気がします (^.^ゞポリポリ
夢見るピーターパン
URL
2007/07/29 18:01
☆Tatehikoさんへ
 「おなら」に対する女性達の悩みは男が思うよりずっと深いものがありますね。秋田にはけっこう「おなら」に関する楽しいお話がたくさん存在します。これからもときどきご紹介していきますね。
★なまはげ
2007/07/29 18:25
☆こねこちゃんへ
 「おなら」の出ない人はいないわけですから、本来気にしなくても良さそうですが、お嫁さんのそれは特に周りが許してくれなかったのでしょうね。この落語のお話も全く事実無根のお話では無さそうですよ。
★なまはげ
2007/07/29 18:31
☆閑客さんへ
 まだまだこのような楽しいお話はたくさんあります。少し時間を置いて別のお話も紹介します。
★なまはげ
2007/07/29 18:33
☆夢見るピーターパンさんへ
 「菩薩のあくび」とは面白い表現ですよね。「観音様のあくび」だとかなり卑猥になってしまいます。
★なまはげ
2007/07/29 18:36

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
花香譚 ★なまはげの独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる