★なまはげの独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 海から見る男鹿西海岸

<<   作成日時 : 2007/07/20 17:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

画像


男鹿再発見の旅、第四日目です。
実は西海岸遊覧船があることを去年の暮れまで知らずにいました。
ご紹介した写真を御覧になられた方から、
「遊覧船があるの?」の質問をいただき、
調べて初めて遊覧船があることを知りました。
今回初めて男鹿の西海岸を海から見ることが出来ました。
画像
船は24人乗りの小型船。
この日はウイークディでもあり、
二組の若い親子連れと私だけでの観光となりました。










画像

船が港を出港してすぐ見えてくるのが
男鹿水族館「GAO」の建物です。
海面とほぼ同じ高さに建てられているのが判ります。








画像

鎧島・かもめ島・大黒島など
いろいろな形の島々を見ながら
桜島あたりから海岸の風景が一変してきます。
赤っぽい岩肌が波に晒され
日本海の厳しさが感じられるようになってきます。




画像
カンカネ洞と言われている
岩に開いた入り口です。
カンカネとは鍵のことです。
この洞の中には広さ100畳ほどの
空洞になっていて、
小さな穴が二つ開いていて
押し寄せる波の音が中で響き渡っているそうです。





画像

切り立った男鹿西海岸。
岸壁の中腹に「おが潮風街道」が走っているのがお判りですか?
門前と言うところから戸賀の水族館まで、
ほぼこの高さの道路が海岸線に沿って走っています。
車を走らせながら見る数十メートル下の海も綺麗なんです。

画像

白糸の滝

「お山」から流れ来た沢水が
直接日本海に滝となって流れ落ちています。

全国的にも海に注ぐ滝は珍しいそうです。










画像

大桟橋(だいさんきょう)

長い年月を経て、
日本海の荒波が巨大な岩を浸食し、
橋の形を形成したものです。
(穴が大きく開いているのが判りますか?)
遊覧船より少し小さめの船ならば
橋の下をくぐれるほどだとか・・・

このあたりは昔海賊達の
絶好の隠れ家になっていたそうです。

画像
ここが「孔雀巌(こうじゃくのいわや)」です。
ここに伝わる赤神伝説
孔雀巌の説明は以前の記事を参考にしてください。
入り口の高さはおよそ7メートルほど、
穴の深さは70mにもなるそうです。
船から穴の中をじっと見ていると、
どんどん引き込まれそうな錯覚に陥ってしまいます。
「白の女神」が私を呼んでいたのでしょうか・・・・・







遊覧船はここでUターンします。
海岸線を離れ、少し沖をかけ戻ります。

出港してから戻るまでおよそ小一時間の船の旅でした。



明日は、男鹿水族館周辺と、「ゴジラ岩」をご紹介します。








んだば






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
ナマハゲさんは 船酔いしないのですね。

私はダメなんです 小さい船だと多分観光どころじゃないだろうな〜

でなかったら この海から眺める遊覧船に乗ってみたいですよ。

海岸線は 日本海側独特の侵食がみられます 海が荒れると ドンドン岩肌が削られていくので こういう風に歳月をかけて変化していきます。

それがまた絶景を生むとも言えますね。

それにしても 海面すれすれの水族館 海が荒れている日など 波を被りっ放しじゃないかな?
どうやって建築したのでしょうか?
+あい
URL
2007/07/20 17:37
赤神伝説と孔雀窟のお話も読ませていただきました。とてもすばらしいお話で後でもう一度読み返そうと思っています。 海からの眺めもいいものですね。水族館に行ったときに船に乗れば良かったと後悔しています。
微笑み
2007/07/20 19:43
 こんばんは☆こねこです♪

 全てが自然の形をそのままに・・・という感じですね(微笑)。

 水族館も利便性より自然に沿うほうを選んだのでしょうね♪

 女神が呼んでいた・・・?
 その女神・・・ネコの姿してませんでした?(笑)

 ねこでした。ニャン☆
こねこ
URL
2007/07/20 21:57
☆+あいさんへ
 私は殆ど乗り物酔いをしたことがないのです。この日遊覧船に乗っていた子供達も元気に最後まで楽しんでいましたよ。波は多少ありましたが、大きく揺れることはなかったです。
海面すれすれの水族館を建てるときには、防波板を廻してから建てたんです。建物が完成後に防波板は取り除かれました。
★なまはげ
2007/07/20 22:54
☆微笑みさんへ
 去年の暮れに紹介した赤神伝説と孔雀巌の記事も読んでくれたんですね、ありがとうございます。とても嬉しいです。今度水族館にいらしたときには是非遊覧船にも乗ってみてください。
★なまはげ
2007/07/20 22:58
☆こねこちゃんへ
 そうか、白の女神はこねこちゃんだったのですか!爆笑。。
★なまはげ
2007/07/20 23:02
ええな〜 自然が生んだ芸術って感じですかね!?
オイラも行ってみたいです
トシオ
URL
2007/07/20 23:03
☆トシオさんへ
 秋田は自然がいっぱいのいいところですよ。いつか是非遊びにいらして欲しいものです。その時はちゃんとガイドとしてご案内しますよ。。
★なまはげ
2007/07/20 23:07
わぁ私も遊覧船に乗せてもらったみたいです^^
泊りは桜島付近ですので
まさにありがたいレポ−ト
秋田から海岸線で今回は来ようと思ってるので
とても楽しみにしてるんです^^
璃里
2007/07/21 06:24
☆璃里さんへ
 桜島のすぐ傍の水族館脇に遊覧船発着所があります。載せきれなかった写真もたくさんあって、どれも素晴らしい景色です。是非実際に乗ってみてください。
★なまはげ
2007/07/21 13:19
平日にお休み取れるって、ホント、良いんですよねぇ、、、
このあたりって、陸から行くことは?出来ないんですか??
猫姫少佐現品限り
URL
2007/07/22 20:48
☆猫姫さんへ
 平日に動けるのは自由業の特権ですね!
上を走っている道路からも4・50メートル断崖を降りることになります。余程のクライミングの経験者じゃないと難しいでしょうね。
★なまはげ
2007/07/22 21:19

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
海から見る男鹿西海岸 ★なまはげの独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる