★なまはげの独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 万体仏堂

<<   作成日時 : 2007/07/18 17:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

男鹿真山の「なまはげ館」や「伝承館」は以前ご紹介しました。
参考記事なまはげ館・伝承館 06年7月20日←クリック

そのなまはげ館のすぐ近くにある、小さなお堂。

画像


画像

三間四方の小さなお堂で、
男鹿の宗教施設らしく、
「なまはげ行事」で使用された「ケデ(なまはげの衣装)」が
入り口の柱に巻きつけられています。
1714年に建立されたという話もありますが、
真偽のほうは定かではありません。


画像
入り口でお賽銭をあげ中に入ると、
正面にはご本尊の祭壇があります。

が、その上の方・・・

良く見てください・・・・







画像


画像
およそ10センチほどの仏様がぎっしり・・・


四面の壁だけに留まらず天井まで整然と並べられています。

壁の下の方の仏様にはティッシュで頬かむりしてあります。
上の方には残念ながら手が届かなかったのでしょうね。








画像





ここに収められている仏様の数は1万3千体あまり。
もと遍照院光飯寺の金剛童子堂であったそうで、
宗教民俗上貴重な建造物で、
県指定の有形文化財にも指定されています。



今日この写真を御覧になられた方に、
万体仏のご加護がありますように!!!








明日は、男鹿の最先端「入道崎」と「八望台」からの眺めをご紹介します。




んだば








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
 こんばんは☆こねこです♪

 うわぁ、これは・・・すごいですね!!
 賽銭ドロボーもこれだけ監視されてたらできないでしょうね・・・って違う?(笑)

 ねこでした。ニャン☆
こねこ
URL
2007/07/18 19:13
こんばんは♪
万体仏堂の意味は このたくさんの仏様だったんですね! お堂の中では たくさんの仏様に囲まれて厳かな気持ちになれそうですね。
仏様にティッシュで頬かむりすると 何かご利益があるんでしょうか? 
moon
2007/07/18 19:14
☆こねこちゃんへ
 これだけの数の仏様の前で、賽銭泥棒はできないでしょうね(爆笑)。中に入ると異様な雰囲気に包まれましたよ。
★なまはげ
2007/07/18 20:56
☆moonさんへ
 厳かな感じとはまさにこのような雰囲気を表す言葉かもしれません。
 ティッシュの頬かむりはどんな意味があるのでしょうか?冬場の防寒なのかなあ?
★なまはげ
2007/07/18 21:00
うわあ。すごい。
思わずパソコン画面に手を合わせてしまいました。
中に入ってみたいですねえ…

ところで訂正です。
先日の男鹿半島の鬼の話、夕べ京極さんの本読み返してみたら
男鹿半島までは合ってたんですけど
鬼じゃなくて恵比寿さんの話でした。ごめんなさい。
あいかわらずうっかりハチベエでお恥ずかしい…
コマチ
2007/07/19 12:02
☆コマチさんへ
 京極さんのを調べてくれたんですね、ありがとうございます。
 このお堂には独特の雰囲気があって、中に入ると怖さというよりも何か違うもの・・・高貴な気持ちになれましたよ。仏様の持つ力のせいなんでしょうかねえ?また訪れたくなってしまう不思議な空間でした。
★なまはげ
2007/07/19 17:05
ここではケデが年中巻いてあるんですね。
ずいぶん、年季が入ってそうだなあ。
むうさん
URL
2007/07/20 09:30
>およそ10センチほどの仏様がぎっしり・・

すげーー!!

オイラにもご利益を!w
トシオ
URL
2007/07/20 09:53
☆むうさんへ
 柱に巻きつけてある「ケデ」は比較的に新しいものでした。おそらく去年の暮れに使用したものではないでしょうか。ここは安全寺から程近いところです。「なまはげ行事」見物の時にここにも寄ってみてください。
★なまはげ
2007/07/20 17:16
☆トシオさんへ
 この記事を御覧になっら方には、きっと後利益があると思います。。
★なまはげ
2007/07/20 17:18
これはね〜
前回寄ったと思いま〜す
(最近のコトなのに。。記憶が定かでない(--;
璃里
2007/07/21 06:14
☆璃里さんへ
 「なまはげ館」のすぐ傍ですから、寄られたかもしれませんね。もしまだでしたらこの機会に是非お寄りください。
★なまはげ
2007/07/21 13:14

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
万体仏堂 ★なまはげの独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる