★なまはげの独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 寒風山

<<   作成日時 : 2007/07/17 14:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

男鹿半島の入り口にある寒風山(かんぷうざん)

画像


(先日お伝えしていた、
大きなナマハゲ像のある総合観光案内所付近からみた寒風山

今までも「なまはげ」を中心に男鹿の話題を度々取り上げてきました。
が、今回は私も知らない男鹿を再発見しようと、
いつもながらたった一人でじっくり男鹿を観て来ました。
おそらく今回はご紹介しきるまで
およそ一週間くらいかかるかも知れません。

またまた長いシリーズになってしまいそうですが、
よろしくお付き合いお願いします。

一日一日はそれぞれが違ったテーマになっていますから、
飽きずに充分楽しんでいただけると思います。







寒風山は標高355mの小さな山ですが、
全山が芝生に覆われている火山です。

今日は寒風山の魅力探訪といたします。

画像
まずは一気に頂上に登ってみます。
頂上には、360度見渡すことのできる回転展望台があります。

頂上はスペースが無いため、
駐車場から回転展望台までおよそ100メートルほど
歩道を登らねばなりません。




画像


画像回転展望台は一周およそ10分くらいで
ベンチに腰掛けたまま360度のパノラマが楽しめます。
秋田市から能代市八峰町辺りまで続く海岸線。
世界遺産白神山地、奥羽山脈、森吉山や秋田駒ケ岳、鳥海山などの山々。
足元には八郎潟の干拓地大潟村や残存湖。
男鹿市内の港や石油備蓄基地などが見え、
どの方向を見ても飽きることがありません。
画像
秋田市方面の海岸線
右上に秋田市の一部が見えますか?
夜景は灯りが弓状に連なり、
なんともロマンチック

八郎潟干拓地
水路は大潟村の浄水路で
その奥が干拓して出来た大潟村。
奥に見える山並みは森吉山系。



全山芝生に覆われているため、
立ち木に邪魔されないのでパラグライダーのメッカとなっていて、
休日など老若男女で賑わいます。
画像



画像
回転展望台のすぐ下にある
小噴火口

北側に続くヘアピンカーブを2つ下りたところの大噴火口
一角に大きな石がうず高く積み上げられたようになっています。
以前はここに岩山の底深くに通じる通路があったとされています。
これが、かつて鬼が石を積んで棲家としたと伝えられている「鬼の隠れ里」です。
現在も隠れ里のどこかに秘密の入り口があるとかないとか・・・・。。
画像


この日は、そのまま寒風山の北側に下りて行き、
次のスポットを目指しました。
そのレポートはまた明日からのお楽しみということに・・・・






んだば






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
 こんばんは☆こねこです♪

 海岸線と綺麗に並んだ雲のコントラストが美しい景色を醸し出してますね♪

 夜景になったらもっと綺麗なんでしょうね(微笑)。
 鬼の隠れ里・・・ここに行けばお父さんに逢えるのでしょうか?(キャハハハ☆)

 ねこでした。ニャン☆
こねこ
URL
2007/07/17 19:11
鬼の隠れ里だって!!
京極夏彦さんが、後巷説百物語で
そんなような物話を書かれていましたよ。
最近読んだばかりなのでちょっと新鮮…
コマチ
2007/07/17 19:27
☆こねこちゃんへ
 「なまはげ」は「鬼」ではないので棲家は別ですよ!ここの鬼は大昔、漢の武帝がお供に連れてきた鬼たちかもしれませんね。
★なまはげ
2007/07/17 20:41
☆コマチさんへ
 京極夏彦さんですね。本屋さんで探してみます。。
★なまはげ
2007/07/17 20:44
寒風山という名前が 何と言うか ぴったりとあってるような気がします。

京極夏彦さんの小説にでてくるのですか?

読んだら 読書感想文お願いしますね。

社保庁の年金照会 HPでやってみました 昭和50年の6ヶ月間抜けてましたが これが どうやら昭和61年以前の任意加入時期の話で 知らずに支払って無かった分です。昭和61年以降は強制加入に法律改正されたのですね。
払おうと思えば 60歳以降に選択できるとか言われました。今でも 受給資格は既に満たしているのはわかりました。

6ヶ月分を支払うにしても 今現在の年金金額での支払いになるとか それって 払った方が得なのか 払わずにそのままにしといた方が得なのかどっちかな?

結局 社保庁まで行って相談しないとダメみたい・・・

+あい
2007/07/17 21:55
☆+あいさんへ
 寒風山は昔は妻恋山とか羽吹風山(はぶかぜやま)とか呼ばれていたのです。この「はぶかぜやま」が「さむかぜやま」に変わり寒風山になってきたのでしょうね。
 年金調べられてよかったですね。未納期間分の納付はすると受給額が変わってくるんでしょうか?そこらへんも含めて考えた方がいいと思います。
★なまはげ
2007/07/17 22:28
 なまはげさん、どうもです (^^)/
 新企画、楽しませていただけそうです (^^)v

 ここは、お天気のイイ日に行ったら楽しめそうですね (o^∇^o)ノ
 アクセスも容易みたいだし。
 パラグライダーは通年でやっている方が居るのですか?
 見ている分にはイイけど、私は運動神経もないし、高所恐怖症だからムリですが (^.^ゞポリポリ
夢見るピーターパン
URL
2007/07/18 10:26
ええな〜 パラグライダー 気持ちよさそう*^^*
オイラも飛んでみたいけど「高所恐怖症」worz

360度パラノマ。絶景でしょうね^^
トシオ
URL
2007/07/18 13:00
☆夢見るピーターパンさんへ
 冬期間は日本海からの風雪が強すぎて絶対に無理ですね。春から秋にかけて行われています。アクセスは単純ですからわけなくここまでこれますよ。
★なまはげ
2007/07/18 17:49
☆トシオさんへ
 秋田市から能代市までのどこからも寒風山は見ることができます。ということは寒風山からも眺望は抜群なんです。360度といわず720度でも飽きませんね。
★なまはげ
2007/07/18 17:52
ナマハゲ像って、ほんとに男鹿の入り口にできたんですね。寒風山に火口があったとは、知りませんでした。
天王から秋田にかけての海岸線、美しいなあ。
むうさん
URL
2007/07/20 09:34
☆むうさんへ
 巨大な2体の「なまはげ像」はまじに男鹿の入り口ですよ。今年も男鹿に行くときには、是非立ち寄ってくださいね。寒風山が火山だったのをご存知じゃなかったんですね。ここから切り出されている「寒風石」は火山岩なんですよ。
★なまはげ
2007/07/20 17:13
わ〜いわ〜い^^*
このレポ−トまってました
ゆっくり読ませてください♪
5日に男鹿に泊ることにしたので^^V
とにかくこの時期空いてるホテルが無くて
泣きそうでした><
唯一 ちょっと高めでしたが きっと最後の家族
旅行だろうと奮発して良いところを撮りました
ここは前回行けなかったので
是非寄ってみますネ
それにしてもすっばらしい眺め
楽しみです♪
璃里
2007/07/21 06:11
☆璃里さんへ
 男鹿巡り一週間の旅の始まりです。男鹿に入ると一番最初に見えてくるのが寒風山です。男鹿の全体像、位置関係などが理解でき、男鹿巡りの最初にはふさわしい場所だと思います。是非寄って回転展望台からの眺めを満喫してください。
泊まるところが決まってよかったですね。
★なまはげ
2007/07/21 13:12

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
寒風山 ★なまはげの独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる