★なまはげの独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS えぐ おざってけざんしな!

<<   作成日時 : 2007/05/20 14:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 10

いきなり秋田弁でのタイトルで、
ちょっとビックリなさったかもしれませんね。

「遠いところ わざわざいらしてくださって ありがとう」


と言う、来訪者を迎える歓迎の言葉です。

画像


この横断幕が掲げられたのはJR横手駅前のバスターミナル。

19日朝、19人の乗客を乗せた春日部ナンバーの
真っ赤なマイクロバスが横手に”帰郷”しました。

運転してきたのは、横手市(旧 十文字町)出身の
埼玉県松伏町に住むラーメン店主嶋田浩さん
故郷の魅力を都会の人に知ってもらおうと、
埼玉と横手を無料でつなぐ「ふるさとバス」を企画したもの。

この企画を知った横手市が、
先の横断幕を用意、
名産のりんごジュースを手渡しますと、
降り立った嶋田さんと乗客に笑顔が広がったそうです。


嶋田さんは地元の中学校卒業と共に上京。
都内の観光会社でバス運転手を長年務めました。
が、ラーメン好きが高じ、
去年埼玉にラーメン店「嶋田屋」を開業したそうです。

毎年1・2回は実家に帰省する嶋田さんにとって、
活気を失っていく街並みの姿はとても気がかりだったそうです。

シャッターを下ろした空き店舗が並ぶ商店街、
人影のまばらな駅前・・・・・・・


「寂れていく故郷のため何か出来ないだろうか?」
と頭をよぎり、自ら橋渡し役を買って出ることにしました。

インターネットのオークションサイトで、
21人乗りの中古バスを今年の2月に購入。
塗装や整備費などに500万円をつぎ込んだそうです。

営業登録をしていない白ナンバーの車ですが、
無料であれば問題の無いことを国土交通省に確認。
4月19日に電話予約を受け付けると、
わずか20分で満席になったそうです。


第1便は18日午後10時30分、
「嶋田屋」前を出発。
およそ500キロの道のりを9時間かけて駆け抜けました。

埼玉県越谷市から参加した主婦は到着後、
「やっぱり少しひんやりしますね。
横手焼きそばを食べて、温泉でリラックスしたい」

と声を弾ませていました。
乗客は復路便が出発する19日午後9時まで、
おもいおもい自由に観光を楽しんだそうです。


「首都圏には自然豊かな故郷を持たない人もいます。
少しでも多くの人に横手の魅力を知ってもらい、
第二のふるさとにしてほしい」

と嶋田さん。

今年は8月7日、10月30日にも無料バスの運行を予定しているそうです。




んだば





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
初めまして!
始めたばかりですが、また読ませてもらいます。 ...続きを見る
ブログです
2007/05/20 17:31
にんにく・ラーメン関連ニュース!明星食品、カップめん「明星 ぶぶか 油そば マヨネーズ付」を発売【に...
にんにく大好きブログ@ニンニク情報バンキングは、にんにく大好きの僕がにんにくに関する色々な体験や情報を提供していくことを目的として運営していきます。よろしくお願いしま〜す! ...続きを見る
にんにく大好きブログ@ニンニク情報バンキ...
2007/05/23 02:17

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
 こんにちは☆こねこです♪

 ラーメン屋さんは競争が激しく、このような企画すらできない余裕のなさなのに、この嶋田さんという方はすごいですね。

 都内のもっと有名なラーメン屋さんも、知名度も生かして何か地方救済に一役買ってほしいですね。

 自分の故郷とはいえ、嶋田さんの企画には拍手を送りたいと思います(微笑)。

 ねこでした。ニャン☆
こねこ
URL
2007/05/20 17:51
 なまはげさん、どうもです (^^)/

 この記事からではよくわかりませんが、この「ふるさとバス」というのは、嶋田さん自身が帰省する折に他の人も一緒に乗せて帰ると理解してよろしいのでしょうか?

 つまり、運行は不定期で、普段はラーメン屋をしていて、秋田に帰省する際に声をかけて客を集める・・・と。
 そうでなければ、無料ではとても運行はできませんものね・・・ (^^;

 しかし、この行動力は凄いなぁ・・・
 これが話題となって、本業のラーメン屋さんにお客さんが集まるとイイですよね (^^)v
夢見るピーターパン
URL
2007/05/20 19:52
これはまた奇特なアイディア。
このバスが成功し,第ニ第三の後続バスが生まれるといいですね。
閑 客
2007/05/20 22:45
あら。無料なんだ?
帰省に利用させていただけないかなあ(笑)。
それにしても9時間かあ。
遠いですよねえ…
コマチ
2007/05/21 12:25
☆こねこちゃんへ
 おそらくご自分のお店のお客さんを中心に観光客を募集したんだと思いますが、こんな発想はなかなか出来ないですよね。いつまでも「ふるさとバス」が続くと良いのですが。
★なまはげ
2007/05/21 16:48
☆夢見るピーターパンさんへ
 まったくその通りの解釈で良いと思います。なかなかこんなこと出来るものじゃないですよね。お仕事でそちら方面に行ったら、ラーメンを食べてください。(笑い)
★なまはげ
2007/05/21 16:52
☆閑客さんへ
 500万円もかけてバスを改造し、無料で観光客を連れてくるなんて、お金優先主義のこの世の中にあって、貴重な話題になりますね。もし自分だったらこんなこと出来ないと思う!
★なまはげ
2007/05/21 16:55
☆コマチさんへ
 スケジュールさえあえば何とかなるのかな?
横手の魅力をこんな形でアピールしてくだされば心強いものですね。
★なまはげ
2007/05/21 16:57
あたたかいお話ですね。
でも、こんな場合の「白タク」行為って
なんとか、特区かなんかで認めれれないものかと、思ってしまいます。
むうさん
URL
2007/05/22 22:43
☆むうさんへ
 何処までが「白タク」行為になってしまうんでしょうかね?高速代やガソリン代を人数割に負担しても「白タク」になってしまうんだろうか?(今回は完全に無料だったそうですが)実費負担は許されるのではないでしょうか?
★なまはげ
2007/05/23 07:29

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
えぐ おざってけざんしな! ★なまはげの独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる