★なまはげの独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 若山牧水・旅人 父子歌碑

<<   作成日時 : 2007/04/20 17:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

昨日、千秋公園の桜(の蕾)を観に行ってきました。

先日もお伝えした、「佐竹資料館」もじっくりと見物して来ました。
資料館の内部も写真撮影OKの場所では、
たくさんの写真も撮ってきました。
近いうちに、機会を見てご紹介したいと思います。



今日お伝えするのは、
この「佐竹資料館」のすぐそばにある、
若山牧水・旅人の父子歌碑を見つけましたので
その碑を紹介します。


画像




     鶸(ひわ)めじろ山雀つばめなきしきり
           さくらはいまだ ひらかざるなり    牧水



     旅さなか秋田にやどりし父のうた
           ふかきゑにしに 今日きざまれる   旅人



若山牧水は宮城県出身の、
酒と旅をこよなく愛した漂泊の歌人でした。

当然、酒の国秋田にも足を運び、
数首を詠まれています。

ここに紹介されている歌は、
ここ千秋公園で詠まれた歌で、
「鳥達は鳴き叫んでいるのに桜はまだ咲かない」
ちょうど昨日の公園を詠んでいたかのような歌です。

また、数年後に秋田を訪れた息子旅人は
父親がこの地に残した歌を知り、
感激した心情を歌っています。



平成11年10月に、
この二首を並べた「父子碑」が実現しました。
碑の解説文には、
「父子のおおらかで平明暢達な歌風が、
いつまでも人びとに愛されることを希う。」
とありました。


まさに、牧水・旅人親子が一段と好きになってしまいました。


 



んだば








    

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
若山牧水といえば、
「白玉の歯にしみとほる秋の夜の 酒は静かに飲むべかりけり」
ですよね。秋田に、しかも
千秋公園に歌碑があったとは。
恥ずかしながら、知りませんでした。
むうさん
URL
2007/04/20 20:06
 こんばんは☆こねこです♪

 父の歌に感激して息子も歌を詠み残す・・・。

 素敵ですねぇ〜♪
 単に父子だからというわけじゃなく、尊敬してるからこその感激であり詠み残しだったんでしょうね(微笑)。

 ねこでした。ニャン☆
こねこ
2007/04/20 20:18
秋田に牧水の碑? と,思って読み進め,納得。
歌も,碑の形もステキですねぇ。でも「鳥達は…」は違うでしょう。『★なまはげが鳴き叫んでいるのに…』と思いますが,いかが。
閑 客
2007/04/20 21:11
若山牧水ですか・・・
閑宮さんに影響されて、小生も入院を契機に短歌モドキに挑戦していますが、碑になるほどの詩はゆるぎないですね。
秋田の桜はまだなのですか?
ツバメはもう飛び交っているのでしょうか?
京都では桜の開花と前後して「ツバメが我が家の軒下に帰ってきました」。との見舞い客の話を聞きましたが・・・そんな時期なのでしょうね。
Tatehiko
URL
2007/04/22 09:52
☆むうさんへ
 私も知らなかったんですよ。偶然、この碑をみつけました。佐竹資料館脇のちょっと目立たないところにありました。周りにたくさんの人がいましたが、この碑に興味を見せていたのは私くらいでした。
★なまはげ
2007/04/23 20:41
☆こねこちゃんへ
 私も歌を勉強して、一緒に父娘の歌碑を立てましょうか!
★なまはげ
2007/04/23 20:43
☆閑客さんへ
 参りました!!その通り、昨日の私はまだ咲かない桜に確かに泣いていました。
★なまはげ
2007/04/23 20:44
☆Tatehikoさんへ
 お体のほうはよろしいのでしょうか?
鳥達もそろそろ活発に活動し始めたようですが、ツバメの姿はまだ確認できません。そろそろ見かける時期なんでしょうが・・・。。
★なまはげ
2007/04/23 20:47

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
若山牧水・旅人 父子歌碑 ★なまはげの独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる