★なまはげの独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 万灯火(まとび)

<<   作成日時 : 2007/03/08 16:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 13

多くの地域では先祖供養はお盆に行われていると思います。

送り盆の行事として、
精霊流しや盆踊りなどで先祖供養としています。


秋田県の北部、北秋田市や北秋田郡の小阿仁川流域では
春彼岸の中日にも、
昔から先祖供養の行事が行われています。

画像


山の尾根や河原、川岸、墓地などに藁などを燃やし
先祖の供養をするのですが、
それぞれの集落ごとに趣が違い、
春の訪れを先祖と共に静かに祝う風習が
ここに住まう人々の喜びを表わしています。


この写真は、北秋田郡上小阿仁村の万灯火ですが、
「中日」「マトビ」などと文字が浮かび上がっています。

上小阿仁村には17の集落があって。
集落ごとに万灯火の点灯時間をずらしているそうです。

移動しながら村内各地の万灯火を見ることが出来、
それぞれの集落の幻想的世界を堪能していただけるよう
万灯火鑑賞無料バスも運行されます。




春彼岸の中日は3月21日。
お昼前から、村役場前の道の駅「かみこあに」では
各種イベントが開催され、ゲームや抽選会などもあるそうです。

夕刻には花火も打ち上げられ、
無料バスもここから出発します。



春彼岸の中日は、上小阿仁の珍しい行事を楽しんでみてはいかがでしょうか。






んだば








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
春のお彼岸の季節です。彼岸花などお彼岸のお勉強
春のお彼岸の季節です。彼岸花などお彼岸のお勉強 ...続きを見る
春のお彼岸の季節です。彼岸花などお彼岸の...
2007/03/09 01:23
月10万円から。確実に行きましょう。
   サラリーマン、公務員のの方へ  こんにちは。原田です。副業で稼げるか、それとも稼げないかは、ほんのわずかな違いでした。情報が出回りすぎている今の世の中で、何故稼げる人間と稼げない人間に分かれてしまうのかは、ほんのわずかな違いだけだ... ...続きを見る
ネットビジネス
2007/03/20 17:18

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(13件)

内 容 ニックネーム/日時
春彼岸の中日ということなのですか。
秋田にいる時から、この時期になぜ、
と思っていましたよ。
たしか上小阿仁村って、単独立村を選択したのですよね。一年に生まれる子どもはひと桁だったと記憶しています。
村がどうなっていくか、関心があります。
むうさん
URL
2007/03/08 17:04
 こんばんは☆こねこです♪

 幻想的ですねぇ。
 火って人の思考力を鈍らせる効果があるらしいですが、この場合ご先祖様を思うために日ごろの忙しさを忘れさせてくれるかもしれませんね(微笑)。

 ねこでした。ニャン☆
こねこ
URL
2007/03/08 19:41
お彼岸行事の万灯火。いいなぁ。
先祖供養には,各地にそれぞれのしきたりがあるから,楽しめそう。こっちは8月の旧盆だけ。しかも自分供養の花火大会とか盆踊り大会…。
じっと大地を踏んで立つ人たちは偉いですねぇ。
閑 客
2007/03/08 20:39
☆むうさんへ
 春彼岸の先祖供養は全国的にも珍しいでしょうね。
 上小阿仁だけが北秋田郡に残っています。後は全部北秋田市になってしまいましたね。ご存知のように生まれてくる子供の数は、村内で生まれるクマの赤ちゃんの数よりもずっと少ないそうです。
★なまはげ
2007/03/08 21:27
☆こねこちゃんへ
 この頃のこの地方はまだ残雪があって、それに万灯火の橙の色が映えて美しいものですよ。全国的にも珍しいこの時期の万灯火を見にいらっしゃいませんか?
★なまはげ
2007/03/08 21:30
☆閑客さんへ
 なぜこの時期にこんな行事が行われているんでしょうね?もしかしたら、個々のお墓はまだ雪の下でそれぞれが供養できないために、集落ごとに行っているのかもしれませんね。こんな行事にも長い歴史があるんですね。
★なまはげ
2007/03/08 21:34
 なまはげさん、どうもです (^^)/

 いわゆる、京都の「大文字の送り火」みたいなモノでしょうか・・・
 京都以外でもけっこう日本の各地で行われているみたいですが、秋田でも行われているんですね。こんなに大掛かりに行われているのなら、もっとポピュラーでもイイのに、存じませんでした (^.^ゞポリポリ
 春のお彼岸は、お盆や秋の彼岸から比べればちょっと影が薄いような気がするのは私だけでしょうか・・・ (^^ゞ
夢見るピーターパン
URL
2007/03/09 04:44
例年、春彼岸の行事はまだ雪深いなか行われるのでしょうね
ウチの実家でも
春のお墓参りは
前日に墓を掘り出しに行かないと
当日行っても雪原が広がるばかりで
迷子になってしまうのが常でしたが
今年は雪もなく、また違った感じになるのでしょうね。

ところで先日の地震、大丈夫でした?
コマチ
2007/03/09 08:47
☆夢見るピーターパンさんへ
 京都の大文字とはちょっと趣が違う気がします。秋田には「大文字焼き」がありますよ。06年8月11日記事(大館大文字まつり)を御覧になっていただけますか、ここに詳しく書いてあります。
★なまはげ
2007/03/09 10:25
☆コマチさんへ
 春彼岸は雪掘りから始まるのが普通ですものね、その点今年は楽ですね。
 先日(7日)の地震は大した被害は無かったようです。私もPCに向かっているときでしたが、グラグラという横揺れではなく、ズンと落ち込んでいくような縦揺れでした。ほんの一瞬のことで気付かなかった方もたくさんいましたよ。北秋田市が震源のようでしたがそちらでも被害はなかったようです。
★なまはげ
2007/03/09 10:31
へぇ〜、、、
こんな行事、知りませんでした。
猫姫少佐現品限り
URL
2007/03/11 22:01
☆猫姫さんへ
 全国的にもこの時期の送り火はとても珍しいですね。
★なまはげ
2007/03/11 22:50
はじめまして、
<春の訪れを先祖と共に静かに祝う風習が
ここに住まう人々の喜びを表わしています。>
とのことですが、
私は、近頃、公開された「ラスト・サムライ」等、アメリカハリウッド映画で、日本への真の理解を示した作品が出てきましたが、日本人の武士道(精神性)を理解する人がいることは、大変うれしい事です。

却って、現代日本人の方が、その精神を忘れ、世界のグローバル化の中で、何が大事かをも、見失っているように思います。

そして、日本人の心は、武士道だけで表されるものでなく、昔の大部分の農民等の、風土と密着した自然を愛する「日本人のこころ」が、根底にある心も忘れてはいけないと思っています。
「昔からの先祖供養の行事」は、古くからの民衆の未知なる自然界(異世界)への畏怖及び崇拝から来ているように思います。
私は、この心が大事で、その心を表した地域の風習は、大事にすべきだと思います。
現代人の心の中にも、今だ根付いている心では無いか?と、思うからです。地域の風習を見て、心動かされる人々は、まだ多くいると思うからです。

mohariza
URL
2007/03/17 18:16

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
万灯火(まとび) ★なまはげの独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる