★なまはげの独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 涙を流すマリア像

<<   作成日時 : 2007/03/05 17:19   >>

驚いた ブログ気持玉 4 / トラックバック 1 / コメント 19

秋田市の郊外にあるカトリック女子修道院。
たった一人の女性が、昭和21年に入植、開拓を続けながら
数人の仲間と共同生活を始めたのが母体となって、
昭和44年に宗教法人認可、
翌年新潟教区の司祭認可を得て聖体奉仕会が設立されました。
画像


画像
昭和50〜56年にマリア像から涙が流れる現象が報告され大きな話題になり、
現在でも韓国を中心に海外から巡礼者が年間1万人前後訪れています。





画像







1973年、みちのく秋田の寒村で不思議な現象が起こった。名もない修道院(聖体奉仕会)で起きた驚愕の事実…この物語は一人の修道女、シスター笹川が聖櫃から流れ出た天来の光に射すくめられたことから始まる。彼女の手には幾多の聖人が経験した「聖痕」が浮かび上がった。奇しくもマリア像の手にも同じ傷が! 聖痕は激痛をともなった。原因不明の難聴に襲われ、やがて完全に聴力を失った修道女は肉体的苦痛の全てを主に捧げ、深い祈りの生活に没頭していた。そんな彼女に守護の天使が出現、「すべての人の償いのために祈ってください」と励ました。
 
 教会当局の冷ややかな反応とは裏腹に過熱化するマスコミ報道。事態は騒然たる様相を呈したが、心の清らかな人々は一連の現象に「天の声」を聞いていた。
 
 神秘現象はやむことを知らない。ある日、木像のマリア像が突然、神々しい輝きに包まれ、シスター笹川は祝された処女の声を現実に聞くことになる。聞こえないはずの彼女の耳に、この世のものとは思われぬ荘厳で優美な女の声が響いた。聖母は人類と教会の未来のために、3つの預言を残された。殊に第三の預言が与えられた日は、ファティマ最後の聖母出現と日付の重なる10月13日であった! 謎めいた符合……
 
 一人の修道女の内的な世界で起きた不思議な出来事は天の奇跡をもって裏書きされる。1975年1月4日以降、マリア像から幾たびも涙がこぼれ落ちた。神の母の美しき涙…この奇跡は信仰の多寡、信者、未信者の区別なしに大衆に目撃され、専門家による鑑定の結果、紛れもなく人間の体液であることが証明されるに至る。科学的合理主義者はここで燃え尽きた。あらゆる疑いが灰燼に帰した。聖母マリアは何故に涙を流されたのか?
 
 1981年9月15日、悲しみの聖母を記念するこの日に101回目の落涙現象が記録された。これが最後の涙であった。101という数字には深い意味が秘められていた。創世記3章15節を引いた天使の言葉、それは「共贖者マリア」の概念を暗示するものであった! 奇跡はこれだけにとどまらない。「ご聖体のうちにましますお方のみ前で、耳が完全に癒され、いと高きおん者のみ業が成就されます」と兼ねてから告げていた天使の言葉通り、翌年の聖霊降臨の祭日に行われた聖体降福式の最中、司祭(著者)が聖体顕示器を高々と掲げて一同に祝福を与えた瞬間、シスター笹川の耳がたちどころに開けた。まさに一瞬の出来事であった。
 
 1984年4月22日、この上なく慎重な調査を経て、時の新潟教区長、伊藤庄治郎司教がついに秋田における私的啓示を司教書簡で認可する。殺到する国内外の巡礼者。数え切れぬ人々の上に恵みの雨が降った。次々に起こる恵みのラッシュ! 信仰の再生、受洗の決意、神への立ち返り、不治の病の全快……
 
 幼木が樹齢を重ねて大木に育ってゆくように、巡礼地・秋田も逞しい成長を見せる。1992年、「国際マリア会議」が秋田で開催され、世界各地から枢機卿、大司教クラスを含む約70名の聖職者が一堂に会した。歴史の大きなうねりの中で、「聖体奉仕会の祈」はEucharistic Prayer of Akitaとして、急速に世界に広がってゆく……。
 




特に私は宗教を論ずるつもりはありません。
マリア像が流した涙や、数々の奇跡を
本物だとも偽物だとも追求するつもりもありません。


北国秋田に、このような不思議な出来事があったという
そのことを知っていただきたかったのです。








んだば






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
突発性難聴
難聴とは耳の病気の中でも年齢を経てくると当たり前の病気となっていますが、今若年性の難聴も問題になってきているのも確かです。若者の携帯電話や音楽プレーヤー等の使い込みで難聴になるケースも多々あります。また、近年ではストレスによる耳鳴りの難聴や各道路... ...続きを見る
耳の病気 症状診断サイト!
2007/03/08 13:23

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(19件)

内 容 ニックネーム/日時
こ、これが修道院??
あたしはこういうお話し、大好き!
神戸に住んでいたとき、近くの女子校のマリア像の目から、赤い涙が流れるという噂がありました。
ここも行ってみたいですねぇ。
猫姫少佐現品限り
URL
2007/03/05 17:49
修道院らしからぬ建物、ある意味ステキです(笑)
秋田にもそんな話があったんですねえ。
病は気からっていいますし
免疫力は精神状態に左右されるらしいですから
信仰心で体がどうにかなるっていうのも
ありえなくはないかな、と思います。
信ずるものは救われるんですかね…
コマチ
2007/03/05 18:10
この話は有名ですよね?
私は行ったことはありませんが(^^;)
怖そうな話は夜,トイレに行けなくなるので
パス。。。(笑
空色
2007/03/05 18:24
 なまはげさん、どうもです (^^)/

 なぜか、ウチの隣に昨年小さな教会が建ちました (^^;
 まだ活動はしていないようですが、入り口に大きな十字架があるので、教会である事は間違いないようです(苦笑)
 そのウチに、ワケのわからない人達が大勢ウチの周りに集まって来るようになるのかなぁ (^.^ゞポリポリ

 ちょっと不安ではあります(爆笑)

 そういえば、若い頃、会津若松の教会を借りてフォークコンサートなんてやった事もありました (^^ゞ
 他にも、新小岩の駅でキャッチにつかまり、そのまま近くの教会に連れて行かれてカレーを食べた事もありました(爆笑)
 帰りに、聖書を貰ったりして・・・ (^^;
夢見るピーターパン
URL
2007/03/05 18:46
 こんばんは☆こねこです♪

 聞いたことがありますね。
 科学合理主義者も白旗を揚げたのですから、信じる人には紛れもない真実になるでしょうね(微笑)。

 私も論ずる気はないですが、秋田に限らず世界で苦しんでる方々へ恵みが降りそそぐことを祈ります(微笑)。

 ねこでした。ニャン☆
こねこ
URL
2007/03/05 19:37
☆猫姫さんへ
 修道院らしからぬ建物ですね。猫姫さんならこんな話飛びついてくれると思っていましたよ。
★なまはげ
2007/03/05 19:45
☆コマチさんへ
 けっこう昔から有名な話で、日本国内よりも海外で有名なのかもしれません。
 何事も信じるものは救われます(笑)。
★なまはげ
2007/03/05 19:48
☆空色さんへ
 ご存知でしたか、有名なお話ですものね。空色さんはこんなちょっと怪奇的お話は駄目ですか?今度もっと怖いお話をしましょうか(大笑)?
★なまはげ
2007/03/05 19:51
☆夢見るピーターパンさんへ
 私も似たような体験がありますよ(笑)。外人さんの宣教師さんで、英会話の勉強に利用させていただきました。慣れてきた頃に聖書を渡されて、入信を進められてから行かなくなりました(爆笑)。
★なまはげ
2007/03/05 19:54
☆こねこちゃんへ
 秋田空港に韓国からの直行便が降りてきます。そんな関係で韓国からの訪問者がかなりいますが、ここを目的に来られる方が多いようです。この涙を拭いたといわれている、脱脂綿も保存されているようです。
★なまはげ
2007/03/05 19:57
キリスト教の奇蹟は,20世紀になっても続いていますね。仏教の奇蹟はとんと起きていないように思いますが…。やはり信仰の深さ,浅さが関係しているのでしょうかねぇ。
老生の散歩コースには教会が三つもあります。お寺さんも十寺を超えています。でも,カトリック女子修道院のような逸話も,見栄えもありません。淋しい限りです。
閑 客
2007/03/05 20:28
☆閑客さんへ
 奇跡が信仰の深さに関係するとは考えませんが、キリスト教には奇跡が多く存在していますね。
 ここの修道院は平成14年に建て替えられたばかりです。一見、修道院には見えない建物ですね。
★なまはげ
2007/03/05 20:59
わたくしも
宗教上で真偽を論じるのは避けておいて、と。
ともかく、大韓航空機のソウル便は、
このマリア様のお陰でなんとか、
定期路線として飛んでいるんですよね。
マリアさまさまです。
むうさん
URL
2007/03/05 21:17
こんばんは♪
お寺かと思いました。よく見ると十字架が掲げてあるんですね。
moonもこの話は知っていましたよ〜。世界各国にこのような涙を流すマリア様や 壁に浮かび上がったキリスト像などありますものね。青森にはキリストのお墓もあるみたいですし・・・。
本当か嘘かではなく 信じる強さが人を救うって事もあると思うmoonです。
moon
2007/03/05 22:11
あの阪神大震災でもマリア様だけが残ったのです。
倒れもせずに 立ち続けていらっしゃいました。

偶然で片付けてしまえば それだけの話なのですが

不思議な事が時々起こりますね。

私も宗教を論じる気は毛頭ありませんが 科学で説明のつかない現象があるという事実は認めています。
+あい
2007/03/05 22:31
☆むうさんへ
 韓国の秋田を案内するパンフレットには、必ずこの修道院のガイドが乗っているそうです。秋田県内観光目当てでなく、修道院目当てで他の観光地は二の次なんだそうですよ(笑)。秋田空港国際ゲートではハングル文字が躍っていますものね。
★なまはげ
2007/03/05 22:34
☆moonさんへ
 あの十字架がなければお寺さんと間違えてしまいそうですね。世界各地にこのような不思議な場所が存在していて、それぞれが重要な役割を担っているのでしょうね。そんなところが秋田市内にもあったということは、身近なだけに実は違和感もあるんです。
★なまはげ
2007/03/05 22:40
☆+あいさんへ
 阪神淡路大震災にもそんな話があったんですね。本当に科学では説明の付かない現象というのは、確かに存在しますね。それらはまたよく宗教の教えにピッタリと嵌っているから不思議です。
★なまはげ
2007/03/05 22:44
 先日、銀座教文館で月刊ベストセラー1位になっていた、「マリアの涙」という本をよみました。現実にも涙を流すマリア様がおられたんですね。しかも、日本で、驚きです。
やすこ
2011/10/03 00:50

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
涙を流すマリア像 ★なまはげの独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる