★なまはげの独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS マインランド尾去沢

<<   作成日時 : 2007/01/30 10:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

JR花輪線花輪駅から車でおよそ10分くらいのところに
旧尾去沢鉱山の廃墟が見えてきます。
画像

これらは、鉱山が現役の頃使われていた設備ですが、
今では危険防止のため、残念ながら一般の入場は出来なくなっています。
画像
およそ5分ほど山道を登っていきますと、
大きな駐車場と数々の建物が並んでいます。
ここが「マインランド尾去沢」

鉱山の特色と素材を活かし、
歴史性に重点を置きながら、
見る・触る・遊ぶ・学ぶの要素を備えた施設を目指し、
昭和57年にオープンしました。

画像
ここのメーンはやはり観光坑道でしょう。
尾去沢鉱山の坑道の総延長は800キロメートルに及ぶそうです。

実際に観光施設として、一般に開放されている坑道は1.7キロメートル。
受け付けで借りたマグシーバーを首に下げ、
いざ観光坑道へと入っていきます。

坑道入り口には、トロッコの線路が残っています。
画像
最初のゾーンは「太古の世界・幻想の道」

「マインキャニオン」と名付けられた採掘現場を中心に
坑道の跡をそのまま見せてくれます。
高さ30メートルの断崖は赤や緑のライトで照らされ、
幻想的な雰囲気です。
鉱脈に沿って採掘された跡は、頭上高くあるいは足元深くと続いています。

画像
途中狭いトンネルを抜けると、
休憩所を兼ねた神社、古酒の蔵、おみくじ所に到着。

一年を通して温度の変化が小さい構内は酒蔵として最適だそうです。
自分で購入したワインをここに預けて(有料)いる方も数人居られるとか。
掘削機とヘルメットが置いてあり、写真撮影などもOK。

画像

その先に進むと、「近代坑道」ゾーン。
「坑内事務所」「休憩所」などリアルに再現。
実際に使用していたトロリー電車。
採掘現場の再現など、興味深いものばかり。
実際の坑内の写真展示や解説などもあり
坑内の様子が詳しくわかる。


画像

さらに進むと、「ちょんまげ坑道・慶長の道」ゾーン。

金山奉行所、金の選別作業、鉱石運搬、
たぬき掘り採掘作業、水抜き作業などが
動くマネキンで再現されています。


古い時代の鉱山の有り様が良くわかるゾーンになっています。
画像

キリシタン狩りから逃れてきた隠れキリシタンが
数多く鉱山に潜っていたそうです。
坑道のあちらこちらには、
信仰のために刻んだ十字架が残っています。


ここまで一回りが約45分から1時間くらいでしょうか。

マインランドにはあと鉱山博物館や、
坑道を利用してつくられた「シューティングアドベンチャー」などの施設があり、
大人も子供もゆっくりと楽しめるようになっています。

画像


おやおや、ここまで施設の案内だけでページが一杯になってしまいました。
鉱山跡地利用に関する思いや提言は、別に機会にいたしましょう。




三日間にわたって「尾去沢」を紹介して来ました。
御覧になっていただきありがとうございました。





んだば






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
マインランドには子供の頃に行ったきりで
そのときはキラキラした石が綺麗だったとか
動くマネキンが怖かったとか
子供っぽい感想しかなかったものですが
今再度訪れたならば、文化的歴史的な背景などにも
思いが及んで、さらに楽しめることでしょうね。
とても懐かしく拝見いたしました。
ありがとうございました。
コマチ
2007/01/30 12:07
確か、あたしと姉君が行ったときには、他のお客さん2,3人だった記憶が、、、
ここは全然知らなくて、偶然発見したんですよね。
ここがおもしろかったので、このあと足利銅山へも、行きました。
猫姫少佐現品限り
URL
2007/01/30 12:14
上の二枚の写真は 同じアングルから撮影されているものですね。
昔と今 山の形が同じなことは 変わってないんだなぁって 変な箇所に感心していました。

私の故郷には こういう銅山関連の施設は無かったような記憶しかないんですが・・・

絹織物 打刃物が盛んでした。
+あい
2007/01/30 18:02
 こんばんは☆こねこです♪

 うわぁ〜楽しそう〜!!
 特にシューティングはしてみたいですね!

 お父さんはうまそうですね、シューティングとか☆
 私と一緒にペアで撃ってみるってどうですか?
 あ、あい母さんがジェラシーの眼差し・・・?(笑)

 あとは・・・もし炭鉱犠牲者の碑というのがあれば、そこで手を合わせて「今の幸せがあるのもあなたたちのおかげです」と祈りを捧げたいですね(微笑)。

 ねこでした。ニャン☆
こねこ
URL
2007/01/30 18:07
> 動くマネキンで再現されています。
凝ったつくりになっているのですねぇ〜。
秘密主義
2007/01/30 18:33
☆コマチさんへ
 子供の頃に見たものを大人になってから再度見てみると、違った印象で感じられるものです。是非もう一度マインランドを訪れてみてください。
★なまはげ
2007/01/30 19:59
☆猫姫さんへ
 ここのところ観光客は頭打ちの状態らしいです。もっとPRがなされればもっともっと観光客が来るのにと残念なところもあります。マインランドに上がる途中にそのままに放置されている旧設備などを活用したらもっと素晴らしいものになるんじゃないかな!
★なまはげ
2007/01/30 20:02
☆+あいさんへ
 いや、この二枚の写真は別の場所なんです。上の写真は山の麓にある旧施設で、今もそのまま残っています。大きな煙突が鉱山のシンボルです。
二枚目の写真が山の中腹にあるところ。尾根の形は似ていますがちょっと違っています。上の写真は一昨日も同じ場所の写真をアップしています。
★なまはげ
2007/01/30 20:07
☆こねこちゃんへ
 シューティングゲームは得意中の得意ですよ。是非一緒にやってみましょうか!
★なまはげ
2007/01/30 20:09
☆秘密主義さんへ
 そう、かなり凝ったつくりですよ!是非一度遊びに来てみて下さい。きっと感動すると思います。
★なまはげ
2007/01/30 20:10
こんばんは♪
鉱山跡は 佐渡金山しか行ったことないんですけど 佐渡より見所・遊びどころがありそうですね。ゾーン毎にいろいろなテーマがあるのもおもしろそうです♪ 
質問ですけど マグシーバーって何ですか? トランシーバーみたいな物かしら?
moon
2007/01/30 21:37
☆moonさんへ
 説明不足でしたね。マグシーバーは無線受音器とでも言いましょうか、それぞれの場所での解説がイヤホーンを通して聞こえてくる器械です。今度は是非にマインランド尾去沢に遊びに来てください。
★なまはげ
2007/01/30 21:44
ここにも行ったことないんですよ。
産業遺産の部分と、レジャーランドの要素を
どう区分するかが難しそうですね。
むうさん
URL
2007/01/31 13:39
安全地帯を設け,廃墟の傍まで行って風景を撮影するツアーなんかどうでしょう。廃線,廃屋を好んで撮る人もいますからね。まぁ,とんでもない人もいますから,ガードマンつけてのイベントでも…。
閑 客
2007/01/31 16:00
☆むうさんへ
 私個人としては、未公開になっている旧施設などを積極的に公開してもらいたいと思っています。安全上の問題もあるでしょうが、せっかくある産業遺産をもっと利用して欲しいです。夕張なんかも新しいレジャー産業を導入するのではなく、炭鉱そのものを見せる工夫があれば、観光客も増えていくのではないでしょうか!
★なまはげ
2007/01/31 16:51
☆閑客さんへ
 そうそう、そこなんですよ!!危険だからと言って遠ざけるのではなく、ギリギリのところまで公開して行くのが最善なんでしょう。近代鉱業の粋を公開しない手はないと思っています。
★なまはげ
2007/01/31 16:56

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
マインランド尾去沢 ★なまはげの独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる