★なまはげの独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 寒締めほうれん草の常夜鍋

<<   作成日時 : 2007/01/22 07:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 14

画像

なま はげ子で〜〜〜す

今日は秋田のレシピを紹介する前に、
寒締めほうれん草を紹介しま〜〜す

画像
寒締めほうれん草とは、
寒さの厳しいこの時期に収穫されるように栽培されたほうれん草で、
夏のほうれん草と比べ、葉の肉厚が厚く、茎も倍近く太くなります。
糖度もかなり高く、秋田産のものは
糖度7%以上になったものが出荷されています。
東北各地でも栽培されていますが、
糖度チェックされて出荷しているのは秋田だけだそうです。


さて今日はこの「寒締めほうれん草」を使った
☆寒締めほうれん草の常夜鍋(じょうやなべ)☆
を紹介します。

画像


「毎晩食べても飽きない、一晩中食べても飽きない鍋」
と、言われていて、寒いこの時期にはピッタリの鍋です。
「最近野菜不足かな」「風邪気味かな」と言う時は、
常夜鍋で身体を温めて、免疫力アップさせてくださいね。

材料と分量(4人分)
画像
寒締めほうれん草    2把
薄切り豚肉       300g
えのき           1袋
とうふ            1丁
水              4カップ
酒              2カップ
大根(すりおろし)    200g
ゆず絞り汁        大2
醤油            大2
みりん           大1
ゆずの皮(千切り)    少々


作り方

@ ほうれん草は2〜3つに切り、
  根元は4つ割にします。
  えのきは石づきを取り除き、ほぐします。

A とうふは食べやすい大きさに切ります。

B 鍋に水と酒を入れて、煮たててとうふと@を少しずつ入れて
   軽く火を通し、豚肉も入れて色が変わる程度に煮ます。

C ゆずの絞り汁、醤油、みりん、ゆずの皮をあわせ、ゆず醤油をつくります。
(ゆずが無い場合は酢を使います。
ツンとこないよう一煮立ちさせてから使うといいですよ。)

D 大根おろしとゆず醤油でいただきます。



ちょっと風邪気味の貴女
常夜鍋で心も身体も温めてくださいね




んだばねえ



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
新天地
多く人の助けで軌道に ...続きを見る
★なまはげの独り言
2008/01/06 17:16

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
葉ものは寒いほうが美味しく育つといいますものね。
ほうれん草って茹でるとへにゃへにゃになってしまうので
さみしい食べ物だなあと思っていたのですが
肉厚で甘いと聞くと、期待できそうですね!!
とはいえ、露地栽培では、ないですよね…?
コマチ
2007/01/22 12:47
おいしそうですね。
北海道ではみかけません。
寒すぎるんでしょうね。
そもそも北海道ではお鍋に葉物、余り使わないようです。
むうさん
URL
2007/01/22 16:37
カサが減るからいっぱい入れないとね。
ちょっとした彩りに、よく使います。
てか、甘いの??
猫姫少佐現品限り
URL
2007/01/22 17:01
ほうれん草を鍋に入れるという料理法は 関西では少ないですね。
ほうれん草より 白菜 ミズ菜をいれます。
値段の問題もあるのではないかな?

甘いというのは 鍋にして食べた時にもわかるの?それとも 生で食べたらわかるのかな。

冬は 鍋の出番が多くなりますね 味付けや 材料次第で 毎日でも飽きません。
+あい
2007/01/22 17:10
 こんばんは☆こねこです♪

 ほうれん草は、よくうどんやおそばの具として入れますが、お鍋はあまり聞きませんね。

 でも、豆腐とゆずの組み合わせは好きなので今度試してみようと思います♪

 お父さんとゆっくりお酒でも酌み交わしながら・・・?(ニコッ☆)

 ねこでした。ニャン☆
こねこ
URL
2007/01/22 20:14
えっ? 何の話でしたか。市女笠(←ですよね)の可愛い人に見とれてしまって,上の空になっていました…。もう一度話してもらえませんでしょうか。
閑 客
2007/01/22 20:33
☆コマチさんへ
 この寒締めほうれん草は鍋料理に適したものになっています。特に秋田産は甘さが一定以上ありますから、美味しく食べられると思います。是非秋田産の「寒締めほうれん草」を探してみてください。
★なまはげ
2007/01/23 17:14
☆むうさんへ
 北海道は寒すぎるのでしょうか?東北地方で盛んに作られています。ハウス栽培ですが、ハウスの下はオープンになっていて、寒い空気が流れ込むようにつくられています。ほうれん草の成長を押さえ、肉厚の葉が出るようにじっくりと育てられています。
★なまはげ
2007/01/23 17:17
☆猫姫さんへ
 暖かい地方で収穫されたものよりもずっと肉厚で甘いのが特徴です。ほうれん草の苦味が苦手な人にも喜んでもらえると思いますよ。
★なまはげ
2007/01/23 17:19
☆+あいさんへ
 このほうれん草は鍋にしたときに一番甘さが引き立つと思います。このほうれん草を見かけられたら、是非この鍋に挑戦してみてください。
★なまはげ
2007/01/23 17:21
美味しそう
”糖度が高いほうれん草” とは
やはり甘味があるのでしょうね?^^;
お手軽ですもんね 常夜鍋☆ 
ゆずを入れるのがポイントかな
ウチは最近流行り?の柚子コショウが欠か
せません
おなべ 湯豆腐 お刺身 なんにでも合
うし柚子をスリおろす手間が省けて
おすすめですよ〜♪
璃里
2007/01/23 17:22
☆こねこちゃんへ
 ほうれん草の鍋は少ないでしょうね。苦味が出やすいので敬遠されがちです。このほうれん草だと甘さが出て鍋に最適なんですよ。一度試してみてください。
★なまはげ
2007/01/23 17:23
☆閑客さんへ
 そうそう、市女笠と言いますね。この動きのある絵も素敵だったでしょう!!
★なまはげ
2007/01/23 17:26
☆璃里さんへ
 ゆず醤油がポイントでしょうね。ほうれん草がゆずにあっているようですよ。ゆずコショウ、私もやってみます!!
★なまはげ
2007/01/23 17:27

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
寒締めほうれん草の常夜鍋 ★なまはげの独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる