★なまはげの独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 梵天奉納祭

<<   作成日時 : 2007/01/20 12:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 14

梵天(ぼんでん)祭は秋田固有の祭事で、
県内各地で特色ある梵天祭が行われています。

中でも秋田市の三吉神社の梵天祭は「喧嘩梵天」と言われるくらい
勇壮で荒々しいお祭です。
    参考記事太平山三吉神社 9月22日←クリック 

秋田市三吉神社の梵天奉納祭は毎年1月17日と決まっています。
今年も72団体85本の梵天が奉納されました。 

画像 

梵天とは
3mほどの杉の丸太棒に
竹で編んだ籠を付け、
色彩鮮やかな布・錦で飾り付けます。
棒の頂は「ほうずき」と呼ばれる赤い綿入りの袋で覆い
綿入りの鉢巻、御幣・お守り鈴などが付けられます。

奉納の数が多いため、子供梵天、企業梵天、町内梵天と時間を分けて奉納されます。
画像
が、それぞれの中での先陣争いは激しく、合図と同時にものすごいもみ合いになります。

それもそのはず、遠くは10キロ以上も離れている土崎方面から、雪道を担いで奉納にやってきます。当然、途中途中で次の奉納梵天と合流するたびに酒を酌み交わし、「ジョヤサ・ジョヤサ」の掛け声と共にぶつけ合いを繰り返しながらやってきます。
三吉神社の参道に揃う頃には、皆さん、相当に出来上がっているんです。
(私も30代の頃、ある町内の奉納に数年間参加しました。最初の年にはもみ合いの中でメガネを形がわからなくなるまでグチャグチャにされてしまいました。次の年からはもみ合いの時には外しましたが・・・。。)


三吉神社の御祭神は力の神であり、競り合いに負けることは許されないのです。

  三吉節という梵天奉納の歌があります。
 
    わたしゃ太平(おいだら) 三吉のこども
        人に押し負け  大嫌い
 
 
  
    と言う歌詞があるくらいです。


また、参道を駆け上がる梵天から飾りやお守りをもぎ取ることは、その年の縁起が良いこととされているため、観客までが押し合いに加わるため、一層激しいものになります。

画像 

無事に奉納された梵天は神社脇に飾られ、
奉納者たちは一礼してこのお祭は終了となります。









厳冬期の秋田にあって「梵天祭」に参加する誇りと愛郷の念、
春を待つ雪国の人々の慶び、
明日への原動力を培ってきたもの、
長年続いてきた伝統・文化、
そんなものが失われないようにずっと守り続けていきたい行事です。
 




んだば






 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
リカピン
発毛促進剤リカピン ...続きを見る
リカピン
2007/02/14 15:31

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
いつも秋田のあんなことやこんなこと、
教えていただき有難うございます。
身近なはずなのに知らないことばかり・・・
とっても勉強になります。
小正月行事の梵天も
土地により色々な特色があるものですね!
県南では
横手→頭飾りが豪華絢爛
増田→竿灯顔負けのの妙技披露
これくらいしか思い当たりません。
失礼致しました。
sasakure
2007/01/20 17:03
☆sasakuraさんへ
 はじめまして!いつも見てくれているようですね、ありがとうございます。じつは私も知らない事ばかりなんですよ。そんな中でも秋田のことを全国に広げていきたいとの勝手な思いで、自分なりに調べながらレポートしています。記事の中で変なところや間違って紹介したりすることもあろうかと思いますので、そんな時はドシドシご指摘くださいませ、お願いします。
 県南の梵天は、横手・増田の他にも大曲の「川を渡る梵天」がありますね。どの地区の梵天もそれぞれに味わいあるお祭になっています。
★なまはげ
2007/01/20 18:22
お祭り、いっぱいありますねぇ、、
てか、秋田の人って、負けず嫌い?なの??
猫姫少佐現品限り
URL
2007/01/20 18:23
 こんばんは☆こねこです♪

 秋田にも荒々しいお祭りがあったんですね。
 どの地域にもあるということは、やはり昔に「国」(今の県)として栄えていた証拠でもありますね(微笑)。

 これからも秋田を知り、日本を知るという伝道師の先頭を切って行ってくださいね♪

 ねこでした。ニャン☆
こねこ
URL
2007/01/20 18:24
「梵天」!!

始めて見させていただきました♪
日本の祭りは 不思議がイッパイで この梵天の形も 随分ユニークで 面白いですね。

祭りは 勇壮さを競う 男らしさを女性に見せる晴れ舞台だったのではないでしょうか?

今みたいに 合コンなんていうシステムも無い時代 お祭りで知り合う男女もあったでしょう。

普通 お祭りというと 春祭りや 秋祭りを思うものですが 秋田のお祭りは 冬が本番なのですね。
+あい
2007/01/20 18:41
☆猫姫さんへ
 そうです、秋田県人は見栄っ張りの負けず嫌いなんですよ。
★なまはげ
2007/01/20 19:59
☆プリンセス・ティアラちゃんへ
 もっと荒々しいものもあるんですよ。この梵天も最近は大人しくなったと、年長者は嘆く人もいます。
★なまはげ
2007/01/20 20:02
☆+あいさんへ
 一説では、この形、男性のシンボルを表わしているとの噂も、まことしなやかに流されていますが、真偽のほどは・・・・?
 秋田のお祭は8月の夏祭りと、2月の冬祭りに大別されます。8月は短い夏を楽しみ、2月は厳冬のさなか、春を待つ気持ちをぶつけて思いっきり楽しみます。2月のお祭もこれからドンドン紹介します。
★なまはげ
2007/01/20 20:07
写真,最後の一枚がステキです。
あざやかな赤,使い込んだ半纏の紺ー。綺麗なうえに,ひと仕事終えた安堵感,さらには祭りの後の寂寥のような雰囲気があります。伝統文化はこうして続いてきたんだなぁと…。
閑 客
2007/01/20 20:43
ぼんでんって、ほかのかまくら行事などに比べると、地味な感じがして、実は太平三吉神社のすら、見たことがありません。
勇壮といわれる理由を初めて知りました。、
むうさん
URL
2007/01/20 20:57
☆閑客さんへ
 他の写真はどれを使おうか迷いましたが、最後の一枚は最初から決めていました。お祭の最後のシーンは何故か寂しさが漂ってきますね。
★なまはげ
2007/01/20 21:09
☆むうさんへ
 私も友人に頼まれてこのお祭に参加するまではなんだかあんまり興味は薄かったんです。が、参加してみたら楽しさ、激しさに病みつきになってしまいました。それから数年間、親父が亡くなってしまう前まで参加しました。それからはただ見る側へと移ってしまいましたが、できることなら再度参加させてもらいたいものです。
★なまはげ
2007/01/20 21:14
ぼんでん企画会議と言っては呑み
ぼんでん制作作業と言っては呑み
当日は寒くてかなわないと言っては呑み
後日反省会と言っては呑み…
秋田の男衆は呑むのが好きですよね

秋田のお祭りは数あれど、
こればっかりは女子禁制。
山の神様は女性のようです。
コマチ
2007/01/22 12:40
☆コマチさんへ
 そうそう、何につけても「飲み」だけは欠かせません!!それが無かったらやる意味が無い!
★なまはげ
2007/01/23 17:07

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
梵天奉納祭 ★なまはげの独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる