★なまはげの独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 火振りかまくら

<<   作成日時 : 2007/01/18 16:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

暖冬の今年ですが、
秋田県内もそろそろ小正月行事のお祭が始まろうとしています。


秋田市から県南内陸地方では
小正月行事の総称を「かまくら行事」と呼んでいます。

「かまくら」と言えば「横手のかまくら」に代表される
雪室を思い浮かべることが多いかと思いますが、
雪室以外にも「かまくら行事」はたくさんあり、
北国秋田の雪に閉じ込められたパワーの爆発を感じます。

なぜ「かまくら」と呼ぶのか?
それには諸説あり、
その解説は明日にしようと思っています。


昨年は「刈和野の大綱引き」「西木村紙風船あげ」「なまはげ紫灯(せど)まつり」を
このブログで紹介しました。

参考記事 
 刈和野の大綱引き 2月9日記事←クリック
西木の紙風船上げ 2月11日記事←クリック
なまはげ柴灯(せど)まつり 2月12日記事←クリック


今年も積極的に各地の行事を紹介していくつもりです。
はたして幾つご紹介できるでしょうか。



先ずはじめに、今日は
秋田市で行われている「火振りかまくら」をご紹介します。


「火振りかまくら」というと角館のものが有名ですが、
秋田市の仁井田地区でも昔から行われています。


画像


昭和26年を最後に中断していた行事を、
平成2年の市制百周年を機に、
仁井田地区振興会が復活させ今日に至っています。
開催日は1月の15日と決まっています。

縄で結んだ俵やわら束に火をつけ、
頭上で振り回しながら、
五穀豊穣・家内安全・無病息災などを祈願します。


今年は地域住民ら700人が詰めかけ、
約300個のわら束を準備。
神事に続き、大人や子供が入り乱れて
火のついたわら束を頭上で回しました。



「何度かやっているが、上手く回すのは難しい」
と。地域の小学生。
上手に回らないと、自らに火の粉が降り注ぐので、
帽子は必須アイテム。
集まった人たちは
暗闇に揺れる幻想的な炎を堪能。
今年一年のそれぞれの思いを祈念していました。





んだば






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
お〜!!早速の記事アップ ありがとうございます♪

ニュースだけだと ここまで詳しい説明無しでした。

フム フム わかりました!!

でも すごく綺麗で 熱そうでしたよ☆
+あい
2007/01/18 17:49
かまくら行事の時期になりますね。
ここまでくると、秋田の冬もやっとゴールが見えて来るという心持ちだったのを思い出しました。
それから、それから、
わたくし2年前に「六郷の竹うち」に
参加したことがあるのです。
いたかったの、なんのって。
まだあの怖さ、痛み、忘れられません。
むうさん
URL
2007/01/18 17:58
 こんばんは☆こねこです♪

 白銀に回る火の輪・・・。
 実際に見たらその光景にしばし呆然とすることでしょうね(微笑)。

 私も回してみたい気もしますが・・・火だるまこねこになるでしょうね(笑)。

 ねこでした。ニャン☆
こねこ
URL
2007/01/18 19:59
こんばんは♪
「かまくら」って 雪のドームのことだけなのかと思ってました。このお祭りも「かまくら」なんですね! また一つ お勉強になりました♪
たくさんの「火振りかまくら」が回っていたら とてもキレイでしょうね(^^♪ moonもやってみたいなぁ〜!
moon
2007/01/18 20:23
「かまくら」のいわれは,明日の楽しみにして,ちょっと気がついたんですが,ブログトップに「FMVブログ選手権入賞」と入れたらいかがですか。検定合格の次の行にでも…。せっかく頂いた勲章ですから,飾っておきましょうよ。
閑 客
2007/01/18 20:36
☆+あいさんへ
 「火振りかまくら」は角館の方が規模が大きく、時期も小正月に合わせて行います。この時期から県内では雪祭りがあちらこちらで開催されます。お祭好きな県民気質がうずいてくる時期になってきました。これからもニュースなどで秋田県内のことでわからないことや質問などあれば、私がお答えできる範囲では解答していきますので遠慮なさらずにコメントに書き添えてくださいね。
★なまはげ
2007/01/18 22:31
☆むうさんへ
 「六郷の竹うち」は、実は私は怖くて見に行ったことがありません!今回「かまくら」を調べていくうちに、どうやら六郷地区に「かまくら」の秘密を見つけてしまいました。詳しくは明日の記事を読んでくださいね。
★なまはげ
2007/01/18 22:35
☆こねこちゃんへ
 たとえ火が付いたとしても、雪に飛び込めば直ぐに消えますから大丈夫ですよ!!2月には角館で「火振りかまくら」があります。ご都合をつけて是非見にいらっしゃいませんか?
★なまはげ
2007/01/18 22:39
☆moonさんへ
 そうなんですよ、いままで、そこのところの説明などは、どこでも公式には乗せていませんでしたね。明日、私なりに調べた「かまくら」を発表しますのでそちらもお楽しみに。秋田の「雪祭り行事」の見方が変わってくるかもしれませんよ!
★なまはげ
2007/01/18 22:43
☆閑客さんへ
 ありがとうございます。それも考えていたのですが・・・・・・???名誉なことでもありますし、ちょっと暫くの間、そのように書き込みをして見ましょうか。
★なまはげ
2007/01/18 22:46
カウボウイショウみたい、、、
やっぱり雪、もっと見たいですねぇ。
猫姫少佐現品限り
URL
2007/01/19 00:46
☆猫姫さんへ
 そうそう、去年ほどの雪は要らないまでも、もう少し雪が欲しいですネエ。小正月の本番が始まるまでにはもう少し雪が必要ですね。
★なまはげ
2007/01/19 00:52

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
火振りかまくら ★なまはげの独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる