★なまはげの独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 捜査終結 立件起訴

<<   作成日時 : 2006/12/05 16:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

大仙市の進藤諒介ちゃんが用水路で遺体で発見された事件は、
母親と交際相手の男の殺人事件として、
4日に起訴され、捜査は終結


今後は、法廷での争いになります。


秋田地検は、暴行をエスカレートさせた末の犯行だったと断定。
二人は、車内で失神した諒介ちゃんの処置に困り、
放置することを相談した時点で、
すでに殺意があったとみています


画像

暴行は畠山被告の軽乗用車内で行われ、
母親の進藤美香被告が先に手を出したそうです。
次第にエスカレートし、
畠山被告が素手や飲みかけのコーヒー缶で
繰り返し頭や身体を殴り、
首元を押さえたようです。
母親はやめるように頼んだが
畠山被告が手を離したときには、諒介ちゃんは失神していました。

困った二人は処置の仕方を相談。
病院に連れて行けば、暴行がばれてしまうと考えた畠山被告は
山や川など見つかりにくい場所に放置することを持ちかけ、
美香被告も内縁の夫に対する裏切りや暴行が発覚するのを恐れ、
放置することに同意したという。


美香被告はその後、自分の車に諒介ちゃんを乗せ、
いったん自宅に戻り、間もなく、事故に見せかけようと
近くの用水路に諒介ちゃんを投げ捨て、殺害しました。


捜査の途中で、畠山被告は殺意を否認。
「頭を殴って傷を付けたが、殺意は全くなかった」
「殺害行為には全く関与していない」
などと捜査当局との対決姿勢を鮮明にしていた。

こうした経緯があるため、
畠山被告が今後の公判で起訴事実について
どのように発言するのかが注目されます。




んだば






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
 こんばんは☆こねこです♪

 こういう犯罪の今後における「判例」になりますから、きちんとそのときの思いを述べてほしいですね。

 改めてこういう虐待で亡くなった子供たちの無念の死にご冥福をお祈りいたします(涙)・・・。

 ねこでした。
こねこ
URL
2006/12/05 18:40
血縁関係のない、義理の父親がからむ虐待って
ものすごい確率高そうですよね。
一体、どういうつもりで関係を始めるのでしょう?
母親が相方を求めるのはいいですけど
どうせ関係をもつなら子供ごと受け入れてくれるひとを、と
どうして考えられないのでしょう?
前回の事件のときに、
離婚した父親が子供の死を悼む発言をしていましたが
ならばなぜ自分が引き取らなかったのでしょう?

友達が、冗談で
「前の事件のときもそうだったけど
お母さん、ちっとも秋田美人じゃないよね」
って言いました。
私も冗談で「そうでない人にはそうでない相手がちゃんと見つかるものなのよ」と答えましたが
なんだか、その一言に尽きるような気がしてきて…

なんというか、
その犠牲になってしまった命を思うと
とてもとても残念で悔しいのです。
コマチ
2006/12/05 19:28
☆こねこちゃんへ
 この二人の「その時」の心境など、今後の裁判で徐々に明らかにされていくのでしょうが、何とも切ない事件でしたね。行政も、地域も含めて二度とこのようなことが起きないような対策を真剣に検討してもらいたいものです。
★なまはげ
2006/12/05 21:17
☆コマチさんへ
 美香被告は母親としての執着よりも、女としての執着の方を選んでしまったのですね。美人ではないといったコンプレックスがあったのかもしれません。二度の結婚相手と内縁の夫、そして畠山被告の4人に何故か共通点があったような気がしてなりません。
★なまはげ
2006/12/05 21:24
しかし
彼女にとって
諒介くんってなんだったんだろう......
前夫にその気になれば引き取らせることもできただろうに
自分で引き取ってるわけだし
虐待しておきながら
引き離されると自分から実家に戻っているし
大仙にだって
わざわざ諒介は連れていっておきながら
また虐待を重ね
あげくの果てには愛人とともに殺してしまう
本当に一体なんだったんだろうか.........


しかし
やはり未だに信じられません......
そんな子じゃなかったのに
にいさん
2006/12/14 22:56

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
捜査終結 立件起訴 ★なまはげの独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる