★なまはげの独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 神々の舞い 大日堂舞楽

<<   作成日時 : 2006/12/22 17:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 8

参考記事
 ダンブリ長者(前編)
ダンブリ長者(後編)
  


鹿角市八幡平の大日堂舞楽は、
約1300年の歴史を持つ県内最古の舞楽です。

小豆沢地区に鎮座する大日霊貫(おおひるめむち)神社が
正月2日に行う祭典に奉納される舞楽です。

画像


この舞楽に参加する能人は、
大里・谷内・小豆沢・長嶺の4地区の氏子35人です。
長い歴史を持つ素朴な伝統行事、
厳かな神事の舞いはまさに「神々の舞い」と呼ぶのにふさわしいものです。

小豆沢は、かつては神社から田んぼを分け与えられていたそうです。
「笛吹田(ふえふきだ)」「八幡田」「鼓田」などの地名が残り、
舞楽が土地の生活と信仰に強く結びついていたことが偲ばれます。


舞楽の舞台は、四方から見ることが出来ます。
能人はあらゆる角度から、
その一挙手一投足まで観衆の目に晒されていることになります。


能人たちは数週間前から準備を始めます。
笛・太鼓・舞の稽古はもちろんだが、
それ以上に心身を清める行が大変だそうです。
家の周りにしめ縄を張って悪霊が入るのを防ぐ
他人とは火を別にし自炊する
妻と床を別にし朝夕神を拝む
不幸や出産のあった家に行かない
毎朝沐浴して身を清める
以上のことが義務付けられているそうです。
もしも十分に行が出来なかった場合は、
大日堂近くの吉祥院で風呂に入って潔斎するのだそうです。

1月2日は、午前八時前に境内に太鼓と笛の音が近づいてきます。
五本骨扇に日の丸を染め抜いた藍染め舞楽衣装に身を固め、
脚絆を付けわらぐつを履いた小豆沢・大里の能人が姿を現し、
間もなく長嶺・谷内の能人が合流します。
四つの集落がそろったところで、
神主のお払いを受け地蔵舞を舞います。
舞楽の前奏曲です。

能人が全員揃って境内を三周し、礼拝堂前に整列し舞楽が始まります。

籾押し・幡揚げ・神子舞い・神名手舞い・曼陀羅振りが奉納されると
いよいよ本舞と移っていきます。

本舞いは7種類。
舞いは集落ごとに分担されていて、
他の集落の人間が舞うことは許されていません。
画像
大里が駒舞・鳥舞・工匠舞の三つ、
小豆沢が権現舞・田楽舞の二つ、
長嶺が鳥遍舞(うへんまい)、
谷内が五大尊舞を担当します。





画像


  五大尊舞


  鳥舞







奉納の順番は、権現舞・駒舞・鳥遍舞・
鳥舞・五大尊舞・工匠舞・田楽舞になっています。

画像

 田楽舞


ダンブリ長者伝説とともに
地元に根付いている舞楽。
遠く古からの伝統行事を楽しみにいらっしゃいませんか。







んだば






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
秋田ロード 鹿角
鹿角八幡平でたっぷりと温泉を満喫した後は、 鹿角の街へと訪れてみましょう。 ...続きを見る
★なまはげの独り言
2008/03/23 17:31

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
この行事は これから先も若い人に シッカリと伝承されていけるのでしょうか?

こういった 日本古来の 土地伝説が消えてしまわないように 保護 保存していって欲しいですね。

衣装や 舞 しきたり 全て 決まり事として 守っていき 残して欲しいです。
+あい
2006/12/22 17:41
1300年も続いているなんて! 
鳥舞と田楽舞の装束に当時の雰囲気を感じます。13年で代替わりすると100代。その半分の6年か7年で代わると200代の人が伝えてきたんですよねぇ。凄い。気の遠くなるような話です。
閑 客
2006/12/22 21:33
こんばんは♪
とても伝統ある舞いなんですね。
伝統を引き継ぐということは とても難しいことで 近くの二つの小さな町に獅子舞があるのですが 一方の町は 町民以外は伝承禁止を守り 町内からの持ち出しも禁止 もう一つの町は 町外の参加者を募り 町外にもドンドン出かけて行って披露しています。片方は後継者に悩み 片方はどんどん参加者が増えていっているとか。どちらが良いのかは解りませんが 1300年もの間 きちんと伝承し続けてきたことはすごいことです。★なまはげさんのお話を読んでから 舞をみたらとっても神聖な気持ちになるのでしょうね。 
moon
2006/12/22 22:29
 こんばんは☆こねこです♪

 お久しぶりです。
 ワケは・・・もう言わなくてもいいですよね。

 お祭りなどは歴史と共にあると思いますが、あと1000年もしたらこのお祭りもこれからの未来を吸収したものに変化するんでしょうか・・・。

 いつまでも形を変えないのは難しいと思いますが、先人たちが築いてきた歴史そのものを保ってほしいですね。

変えるより 守ることこそ 価値がある

         先人たちの 想いつなげて

 ねこでした。ニャン☆
こねこ
URL
2006/12/22 22:38
☆+あいさんへ
 どこの集落も少子化で後継者問題を抱えていると思います。なんとかこの歴史ある舞楽を継承していただきたいものです。
★なまはげ
2006/12/22 23:45
☆閑客さんへ
 この舞楽は歴史がしっかり判明しています。正月早々に奉納されるという歴史的根拠もあります。これからも末永く継承してもらいたいものです。
★なまはげ
2006/12/22 23:48
☆moonさんへ
 昨日一昨日の「ダンブリ長者」の物語を知っているだけでも、この舞楽の価値がぐっと上がってくると思います。1300年続いているこの舞楽はぜひとも永久に続いていって欲しい秋田の財産だと思います。
★なまはげ
2006/12/22 23:51
☆こねこちゃんへ
 50年後、100年後の人口予測が出ていましたが、これからも少子化が続いていくみたいですね。この舞楽もきっと後継者に悩む時が繰るのではないでしょうか。未来永劫継承して欲しい芸能ではありますが・・・。。
★なまはげ
2006/12/22 23:54

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
神々の舞い 大日堂舞楽 ★なまはげの独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる