★なまはげの独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS なまはげの面と衣装

<<   作成日時 : 2006/12/12 16:55   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 20

画像
なまはげ行事は男鹿文化圏の中では
相当広く分布しています。
男鹿市内で旧若美町も含め約80地域、
潟上市の旧天王町でも約15地域が
それぞれのなまはげ行事を行っています。

これらが全て「なまはげ」といっても
一様なしきたりで行われてはいません。
もちろんそれぞれの「なまはげの面」にも
同じものは一つとして存在していません。

今日はそんな「なまはげの面」を少しだけご紹介します。
どこかに私の顔が隠されているかも!!

画像

これは霊峰・真山のふもと、真山地域のなまはげです。
特徴として、この地区のお面には角が存在しません。
あくまで神様として迎えているこの地域独特の考えによるものです。


画像

これは、相川地域のお面 →
男鹿一の暴れん坊?



画像

こちらは、北浦地域のお面です。
←→
どちらも真山地域とは近いのですが
お面はまったく違ったものですね。

画像

これは寒風山の西側の中間口地域のなまはげ




画像




これは寒風山南側の金川地域


画像



←これは寒風山の東側、百川地域のお面





まだまだ紹介し切れません。
が、それぞれの地域でお面が違っていることが
判っていただいたと思います。

しかしなまはげの衣装はほぼ同じで
その年に収穫された稲藁を使って作られます。
画像


なまはげが各家々を訪問した際に、落としてきた稲藁は
神様からの授かり物ということで、
その日は片付けないで、
次の日に頭に巻いたり、足に巻いたりして
身体を清めるために使用します。
無理に抜き取ったりしたものは、
逆に神様から盗んだとされ、
縁起が悪くなるそうです。


「なまはげ行事」の本番が
あと半月ほどに迫ってきています。

各地域では、面の手入れや衣装の製作などに忙しい時期でしょう。


テレビニュースなどで「なまはげ行事」を御覧になる方も多いことでしょう。
そのときは是非、お面にも注目してくださいね。




んだば






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(20件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは♪
なまはげのお面 素朴なものから 立派なもの 丸顔やら細長やら 男鹿という地域の中だけで これだけいろいろな表現があるのがおもしろいですね。どのなまはげも歯がものすごくて
 子供の目には強烈に映るんでしょうね(^_^;) 行いの決して良くない私ですが いつか本物のなまはげに会ってみたいです(*^_^*) 連れて行かれちゃったらどうしましょう・・・(>_<)
moon
2006/12/12 18:20
毎日の更新…御苦労様です。
楽しく拝見しています。そして、知識を頂いています。
無口なモグラ。
URL
2006/12/12 19:40
ワタシ的には 北浦地域のお面が好みかなぁ!!

それにしても 皆同じお面を 一度に作ってるのかと思ってました。

皆 違うのを知りましたので テレビでニュースが流れたら ジックリ観察してみますね。
+あい
2006/12/12 19:51
なまはげのお面は,地域ごとに違うのですか。八十地域それぞれ…。脅し文句も異なると,ますますたいへんだけど,面白そうですね。
相川地域のお面が,持っていたイメージに近いようです。でも,冒頭,角のない真山地域のお面が好ましいです。神様だから角がないという話は,納得できます。
閑 客
2006/12/12 21:40
なまはげさんの本領発揮の時期が来たのですね。
沢山のお面がありますが・・・それぞれの地域で、手作りしているのでしょうか?
文化を感じます。
観光事業でそれぞれの地域の食品の特産物が画一化されて、売れるようにするために表面的な特徴だけになってきつつあるなかで、真髄を守って続くことを期待しています。
Tatehiko
URL
2006/12/12 22:04
相川のが一番ロシア人に似ているというのを、2年ほど前にNHKの番組でやってましたね。
一番、漂着しそうなところですものね。
個人的には安全寺の銀、金キラキラなのが好きです。今年もたずねることになります。
元旦の夜は小安峡温泉に泊まることになりました。強首温泉は正月営業しておらず、たいへん残念でした。事故があった泥湯の奥山旅館も満員で泊まれませんでしたよ。残念だけど、よかったなあと思いました。
むうさん
URL
2006/12/12 22:10
☆moonさんへ
 どの「なまはげ」もそれぞれの地区では怖がられています。是非一度は本物を御覧になっていただきたいです。連れて行かれそうになったら・・・・私が助けに行きましょう!!
★なまはげ
2006/12/12 22:35
☆モグラさんへ
 いつも恐縮です。披露できるほどの知識はないのですが・・・・。。これからもよろしくお願いします。
★なまはげ
2006/12/12 22:39
☆+あいさんへ
 殆どの方は「なまはげ」の顔は一つだけと思っていらっしゃるでしょうね。観光用に出ている顔は残念ながらどこの地域も使ってないんです。テレビで見かけられたときはじっくりお面を見てください。
★なまはげ
2006/12/12 22:43
☆閑客さんへ
 真山地域の「なまはげ」は角がないだけではなく、刃物も持っていきません。あくまで神様の使いで訪問していると言うこだわりでしょうか。地域地域でそれぞれが違った「なまはげ神」を迎えていることを知っていただきたく、今日の記事にしました。
★なまはげ
2006/12/12 22:46
☆Tatehikoさんへ
 お面はそれぞれの地域に伝わっているものを大切に保管していて、この時期に手入れなどを施し使用します。全て地域住民の手作りです。お面の素材もそれぞれに特徴があるそうです。
★なまはげ
2006/12/12 22:50
☆むうさんへ
 北浦・相川あたりが断崖絶壁から砂浜に変わるあたりですものね。漂着するならその近辺だと言うのは考えられますね。安全寺のお面の写真がなくて掲載できませんでした。大晦日に写真を撮ることができたら一枚分けてくださいませんでしょうか?
★なまはげ
2006/12/12 22:54
実はもう3年連続でなまはげで年越し。今年は4回目です。写真はいくらでもあります。いつでもお送りできますよ。
むうさん
2006/12/12 23:38
☆むうさんへ
 よろしければ、アドレスをお教えしますので送っていただきたいです。むうさんのブログにメールを入れました。よろしくお願いいたします。
★なまはげ
2006/12/13 08:54
ニュースのトピックなんかでよく紹介されるのは
相川のが多そう。
典型的でユーモラスでさえありますね。
でもこんなにいろいろななまはげさんがいらしたとは驚き!
その昔、コマチママが号泣したというなまはげさんは、どのお面かなあ…

コマチ
2006/12/13 09:08
なまはげ館にはお面と衣装で
生はげになりきりグッズが置いてあり
ました。。しまった写真写してなまはげ
さんに見せてあげればよかった!笑
そうそう。。わらのすっごく小さなの
拾ったんですよ。。
アレレ。。どこ行っちゃったかな(--#
御利益無いわけです。。爆
璃里
2006/12/13 14:35
☆コマチさんへ
 けっこうあちらこちらで放送されていると思うのですが、イメージとしては相川地域の感じがしますよね。コマチママはどのなまはげに泣かされたのかなあ?
★なまはげ
2006/12/13 19:42
☆璃里さんへ
 なまはげ館には私も良く足を運びますが、たった一人で行くものですから変身写真を撮ることができません。どうしたものかいつも迷ってしまいます。拾われた藁は大切にしまっていてくださいね。
★なまはげ
2006/12/13 19:45
出刃包丁が怖い、、、
やっぱり、どう見ても、鬼ですね。
猫姫少佐現品限り
URL
2006/12/16 22:36
☆猫姫さんへ
 心にやましいモノを持っていると鬼に見えてしまうそうですよ。心清い人には「神様」なのですが・・・・(笑)!!
★なまはげ
2006/12/16 22:55

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
なまはげの面と衣装 ★なまはげの独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる