★なまはげの独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 白瀬南極探検隊記念館

<<   作成日時 : 2006/11/06 16:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

明治45年日本人による探検史上偉大な足跡を残した
白瀬中尉らによる南極探検。

その偉業を後世に伝えるべく白瀬中尉の故郷、
にかほ市金浦(このうら)に建てられているのが『白瀬南極探検隊記念館』

画像


白瀬中尉の人物像、南極探検に使用した装備や、
極地で見られるオーロラの神秘についての解説など、
知られざる南極探検の歴史的偉業に触れることが出来ます。

画像
白瀬矗(しらせのぶ)中尉

当時の探検隊は政府の援助を受けられず、
資金難に苦しみながらの探検でした。

アムンゼン隊、スコット隊は当時40万円を越える
資金を使って探検しましたが、
白瀬隊の総予算額はわずか7万円でした。
白瀬は探検後,借金返済に追われ、
不幸な末路だったといいます。

画像

この船が「開南丸」
アムンゼン隊、スコット隊の
乗り込んだ船の半分くらいの大きさでした。





画像

館内に展示されている「寝袋」。
南極の雪原での野営に使用されたものです。
当時としてはかなりのノウハウをつぎ込んだものだったようです。





画像






記念館の円錐形の部分は、
オーロラドームとして
オーロラの実写映像や
オーロラを題材にした話を
レーザーを使った映像で上映しています。





画像


記念館の周辺は広い公園になっていて
「開南丸」や鯨の模型、遊具などが設置されています。


秋田が誇る、郷土の探検家白瀬矗。
一度ご来場になり、
苦労辛苦の探検史をご確認ください。




んだば










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
その当時の越冬装備って 今から見たら どうなんでしょう?
とても 極寒に耐えられる代物とは思えないように見えるんですが 実物は暖かそうですか?
船も 貧弱でしたね。
多分 ご苦労された事の 全ては伝わらないのではないでしょうか?
+あい
URL
2006/11/06 20:08
☆+あいさんへ
 当時は日露戦争に国民の目が向いていました。当然政府からの援助もありません。白瀬隊は極点の一歩手前で断念し戻ってきました。目的を達し得なかったことで評価は低かったと思います。しかし、十分な装備をしたスコット隊のように極点に達しても、帰りに遭難して全員死亡となる手前の決断はさすがではないでしょうか。寝袋も当時のものとしては最高のものなんでしょうが、かなり貧弱です。秋田の冬でもこれ一つで外には寝られませんよ。
船も木製の船で、諸外国の船の半分以下の大きさでした。スコット隊の船と交流があったようですが、こんな小さな船でよくこれたものだと、驚かれたようです。
★なまはげ
2006/11/06 20:22
えっと驚いて,百科事典を広げました。
載ってました。秋田出身と…。出身地のことは覚えていませんでした。そうだったのかと,ブログも事典も,二度三度と読み返しました。凄い人の故郷なんですね。
閑 客
2006/11/06 21:35
 こんばんは☆こねこです♪

 こういう方たちがいて今があるのでしょうね。
 どの分野でもそうですが、パイオニアがいなければその文化の発展はあり得ませんからね・・・。

 今はすでにこの世の方ではない白瀬さん。
 当時、このプロジェクトに関わった全ての人に合掌です(一礼)・・・。

 ねこでした。
こねこ
URL
2006/11/06 21:59
白瀬南極探検隊記念館・・・見てみたいですね。
こんな帆船みたいな船でよくも、あんな強風と氷山の欠片が流れる荒れる海を突き進んだものですね。
Tatehiko
URL
2006/11/07 18:15
☆閑客さんへ
 白瀬中尉の事はご存知だったと思います。写真で見る限りあまり色男ではなかったようですね。お寺の長男に生まれ、法名も持っていたそうです。
★なまはげ
2006/11/07 19:00
☆こねこちゃんへ
 時は、世界中が南極点到達を競っていました。実は2年前に白瀬隊は一度南極に旅立っているのですが、厚い氷に阻まれ、大陸に上がる事もできずに引き返しています。それにもめげずに再チャレンジをして来ました。南極点到達を目前にして隊員の生還を優先にしたために目的は達せられませんでしたが、南極点に到達したスコット隊が全滅した事を思うと、白瀬の英断だったと感じています。
★なまはげ
2006/11/07 19:08
☆Tatehikoさんへ
 木造の帆船でした。世界中からこんな船が南極に到達出来たのは奇跡に近いと絶賛されたそうです。おそらく舳先に陣取り、氷を割りながら進んだのでしょうね。
★なまはげ
2006/11/07 19:11
オーロラ、観るのが夢です。
余命を宣告されたら、オーロラを観ながら逝きたいですね。そのまま氷に埋もれて数百年後に発掘されたりして(笑
オーロラを何度も描こうと思って挑戦してるんですが、これがまた上手く描けない・・・・神秘的だから難しいんでしょうね。
yuki
URL
2006/11/08 09:08
☆yukiさんへ
 それでは、余命を宣告されたらここに来てください。確実にオーロラを見ることができます。ただし、そのまま逝かれては困りますけど(大笑)。
★なまはげ
2006/11/08 15:31
そんな船だったの??
はい、一度いってみたいです。
猫姫少佐現品限り
URL
2006/11/08 22:52
☆猫姫さんへ
 今の南極観測船などと比べたら、オモチャのような船なんですよ。一度ここも訪れてみてください。
★なまはげ
2006/11/10 18:18

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
白瀬南極探検隊記念館 ★なまはげの独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる