★なまはげの独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS ヒマラヤプロジェクト

<<   作成日時 : 2006/11/26 14:42   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

電力が行き届かないネパールの山村に、
太陽光発電の設備を届け続けている、
学生サークル「ヒマラヤプロジェクト」が、
今年も来月に現地入りをします。



これは、秋田県立大学のシステム科学技術学部の学生です。


5年前の春に結成し、
03年3月に以来、6回目の訪問になります。


サークルは、クリーンエネルギーの研究成果をネパールで役立てようと発足。
指導教授にネパールの友人が居たことから話が進み、
効率的な電力貯蔵システムの製作などの準備作業を進め、
03年から、現地活動に入っています。

画像
昨冬は、指導教授と学生10人が、
ヒマラヤ山脈の裾野にある、
標高2200メートルのナチェ村へ、
徒歩で3日間かけて入りました。

山に囲まれた地形で、日照時間が短く、
村人は蝋燭の火を頼りに生活していました。

ここの村の小学校に太陽光発電パネルを設置。

電力消費が少なく、
耐久年数が長い発光ダイオードの電球を取り付けました。
電球が灯ると、村人は大喜び。
踊りまで披露してくれたそうです。

ネパールの気象はどうか、
風の強さはいかほどなのか、
飛行機で運ぶためには軽量化できないのか。
メンバーたちは白熱した討議を重ねました。

画像

「準備期間が長い分、達成感も大きい。
 日本では体験できない魅力がある。」

と、サークルの代表は語った。
指導教授も、
「ものづくりとはどういうことかについて、
 教科書では得られないことを学べる。
 目標がハッキリしているから、
 ものすごく伸びる」

と、メンバーたちの成長ぶりに目を見張っています。


ネパールの国内情勢は、
王政廃止を目指す武装組織「ネパール共産党毛沢東主義派」が
1996年以降武装闘争を始め、
昨年末まで約13,000人の命が失われています。
情勢は地域によってばらつきがあり、
こまめな情報収集が欠かせません。
21日に、武装解除手続きなどを織り込んだ
包括和平協定が調印され、
「情勢がよくなってきて一安心」
だという。


今回の活動には教員2人と学生6人が参加。
一向は12月20日に秋田を出発、
22日にカトマンズに入る予定。
国立トリプバン大学の学生と交流した後に、
これまでに太陽光発電を導入したピサン・ナチェ村の二手に分かれ、
装置のメンテナンスを行う予定にしています。



一行の無事と、プロジェクトの成功を祈っています。





んだば








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
 こんばんは☆こねこです♪

 ネパールって危ない国だったんですねぇ。小さくけどほんわかしてる国だと思ってました・・・。(勉強が足りないですね。反省・・・)

 秋田も雪国なので何か役に立つことはないかと目をつけたのは偉いと思います。

 国の情勢が不安定でも準備だけはしてるんですから、おっしゃるように喜びも大きいでしょうね。

 政治ではない国の交流・・・。
 大事にしていきたいですね(微笑)。

 ねこでした。ニャン☆
こねこ
URL
2006/11/26 21:17
☆こねこちゃんへ
 海外の話をすると、日本ほど平和な国はないように感じています。
 日ごろの自分たちの研究成果を、このような形で人のために利用するという試み。頭が下がる思いがします。今年も無事に遠征が成功して、国際交流が上手くいくことを祈っています。
★なまはげ
2006/11/28 18:46

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ヒマラヤプロジェクト ★なまはげの独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる