★なまはげの独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 藤里町は今

<<   作成日時 : 2006/11/16 19:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

大仙市の幼児殺害事件はテレビの格好の餌食になっています。


今日、ちょっと気になる記事を見つけたので
皆さんに紹介します。
「子供殺しの話題はもういい」と
怒られそうな気もしますが、
我慢してくださいね。

彩香ちゃん・豪憲君が殺害されてからもう半年が過ぎてしまいました。

連日連夜報道陣が押しかけ、
テレビでこの話題が出なかった日はなかったくらい、
日本中で一番有名になってしまった町。


「関係者以外の敷地への立ち入りはご遠慮願います」
と書かれた看板は、
取り外されることなく、いまだに残っています。


豪憲君が殺害されて明日17日でちょうど半年。

畠山鈴香被告の自宅には警察の黄色いテープはもうありません。
目印となるテープがなくなってしまったので、
「鈴香の家はどこ?」
と、団地の道路や公園で遊ぶ子供たちをつかまえて、
聞こうとする心無い者が後を絶たないそうです。

県内はもとより、県外ナンバーの車まで
観光気分で、事件現場を訪れています。

町はこの元自宅を取り壊すことにしていますが、
裁判が終わらないと作業に取り掛かることが出来ないんだそうです。


表面的には落ち着きを取り戻してきているように見える子供たち。
しかし、遊び友達を短いあいだに二人も失ったショックは、
なかなか消えるものではありません。
ましてその子供たちに、事件現場を案内させるとは・・・・・


画像
豪憲君のお兄さんは、もうすぐ10歳の誕生日。
「夢に豪憲が出てきた」
「学校へ行くとき、豪憲が向こうを向いて立っていた」
弟を失ってから、そんな話も口にするようになりました。
親が物思いにふけっていると、
努めて明るく振舞ってくれるようにもなりました。

一足先に誕生日プレゼントとして買ってもらった
携帯型のゲーム機とゲームソフトで遊ぶ姿には
楽しそうで、ホッと胸を撫でおろしたそうです。



米山勝弘さんは今、
心を痛めているのは、
大仙市の進藤諒介ちゃん殺害事件。

共犯者が逮捕されるなど、
藤里の事件と違う面もあるけれど、
どうしても容疑者が鈴香被告とダブってしまう。
「子供を産んではいけない人が、産んでいる。
 親が子供に手をかける事件は、もう起きて欲しくない。」

勝弘さんも団地住民と同じように
「地域が家庭とどう関わっていくか、
 考えないといけない」
と強く思うようになったと話す。





んだば






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
 こんばんは☆こねこです♪

 私が今回、そして以前の事件を通じて危惧してるのは、秋田県のイメージが偏見によって崩れることです。

 絶対あってはならないことですが、仕方のないことかもしれません・・・。
 でも、私はそんなことで秋田のイメージが崩れるのは許せません!!

 ねこでした。ニャン☆
こねこ
URL
2006/11/16 20:51
んだば・・・この言葉は、先に言っては意味が変わるのでしょうか?
地域の方々が、捜査当局などと一緒になって考えて欲しいことは沢山あるでしょうが・・・・外部のものが、興味本位で増えてくると言うのは許せませんね。
子どもたちまで巻き込むな!
なまはげさんのブログに任せておけ!って言いたいですね。
Tatehiko
URL
2006/11/16 21:11
いるんですよ〜 こういう非常識者が。

テレビの中継で 事件現場や 事故現場が映ることありますよね。

必ず テレビカメラの前で ピースサインしたり 携帯で連絡をとって カメラの前で手を振ったり 合図したりしてる人間いますよ!

何考えてるんでしょう 野次馬よりタチが悪いとしか思えないんです。
+あい
URL
2006/11/16 21:34
つまるところ,うまく育てられていないから,子どもの育て方が分からないのだと思います。>子供を産んではいけない人が産んでいる」との捉え方は,そのとおりでしょう。先行きどうしたらいいか,悩んでしまいますねぇ。
事件現場に来る人たちも同様です。いつの間にこんな社会になったのでしょうか。気の重いことです。
閑 客
2006/11/16 21:46
☆こねこちゃんへ
 秋田のことを心配してくれてありがとう。先の藤里町の事件のとき、私もその事を考えちょっと落ち込んだりもしました。が、それはそれで仕方ないこと。現実に辛い哀しい事件が起きてしまっているからです。
もし、この両事件に秋田の特異性があるならば、それはそれで大いに反省しなければいけないのでしょう。反省し、気付けば秋田はこれから善い所に変わっていけるかもしれません。もし、全国共通のものが原因だったとしても偶然に同じような事件が起きたことは県民としては今後に繋げる教訓になるでしょうね。実際、藤里町の事件の後、秋田県のイメージ回復活動はかなりのものです。今回の事件で再度イメージが悪くなったとしても今までの努力をもう一度やり直せばいいのです。結果的に県のPR活動が地元の活性化に繋がる可能性はあるのです。
★なまはげ
2006/11/16 23:07
☆Tatehikoさんへ
 「んだば」は、「それでは、また」の意味と「〜であるならば〜」の接続詞としての意味があります。どちらの意味の言葉も文章の冒頭に来ることはありません。
 なまはげのブログに任せていては埒があきませんので、皆さんご自由に活動されて良いのですが、子供たちの気持ちを考えて行動して欲しいのです。
★なまはげ
2006/11/16 23:15
☆+あいさんへ
 まだまだ、事件現場は生活の場に存在している子供たちに事件を忘れることは出来ないと思います。自らの興味だけでその子達の心を乱す行為だけは、大人として慎まねばならないことなんでしょうね。
★なまはげ
2006/11/16 23:18
☆閑客さんへ
 誰しも子育てを一人っきりで出来るはずはないと思っています。判らないこと、ビックリすること、焦ってしまうことなど日常茶飯事なのじゃないでしょうか。そのときにどうする、どなたかアドバイスをしてくれる人、一緒に考えてくれる人、心落ち着けてくれる人などが傍にいれば安心なのでしょうが、虐待に走ってしまう親の傍にはどなたもいないということが多いように感じています。何世代も同居していた昔ならおばあちゃんの知恵で対処できたことに、今の親が一人で立ち向かわねばならない現実があるようです。近所の方や、その周辺の方が皆で子育てに協力し合わねばならなくなってきているのではないでしょうか。
★なまはげ
2006/11/16 23:28
虐待は繰り返すのだそうです。
愛された記憶がないひとは
愛するということがわからない
愛情の表現の仕方がわからない
ひどい話ですが、暴力こそが愛情だと本気で信じている人もいるのです。
報道によれば成人した後の他人との関わり方なども
どうも問題がありそうなかんじですが
やっぱり幼少期の環境が影響していると思いますよ
人格の基本は5歳までに形成されるそうですから。

動物園で飼育係に育てられた動物は
子供を産んでも自分で育てることができないという話も聞きます。
人間だって同じことなのではないでしょうか。

まあ、それは、取材する側にも言えることだと思いますけど。
細やかな配慮とか、優しい気配りだとか、ね。
コマチ
2006/11/17 08:49
なまはげ様〜
それも〜また〜許せませんね
快楽だけでは・・・ない人生!
悲しい女たち〜!
塀の向こうは、やっぱり〜
大変な世界なのでしょう!
虐待も〜見えない社会悪です!!
・・・・・いつの世も・・・(@_@;)
かすみ草^^
2006/11/17 10:25
☆コマチさんへ
 確かにそのようなことはあるかもしれませんね。何よりも自分経験してきたものしか自分の中には存在しないでしょうから。しかし、暴力的な親から躾を受けた子供が必ずしも暴力的な親になる、とも限らないのではないでしょうか。いずれにしろ、わが子の対して虐待をする親は、相手が子供ということを忘れて暴力を振るってしまいます。子供の気持ちを忘れた馬鹿者になってしまっています。
★なまはげ
2006/11/17 19:10
☆かすみ草さんへ
 自らの寂しさ辛さを、何も抵抗できない子供に暴力で表現してしまう馬鹿親ですね。快楽のためならば子供でさえ邪魔させないとは、よくよく呆れてしまいます。
★なまはげ
2006/11/17 19:13
 秋田の人って とっつきにくいけど 基本的に人がいいから TVの取材に いろいろ答えちゃうんですよ・・・。 それがまた TVの格好の餌食になって 番組を盛り立ててしまうんです・・・。 誰も 何も答えなければ 番組は成立しないのに・・・。
 同じことが 東京であっても きっと これほど 大きく取り上げられたりはしないでしょう・・・。 近所の人や関係者は なにもコメントしないでしょうから・・・。
おっち村長
2006/11/17 21:39
☆村長さんへ
 その通りかもしれませんね、いやその通りです。自分がノチノチ困ることでも、頼まれればイヤといえない人が多いです(私も含めて)。
★なまはげ
2006/11/18 18:32

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
藤里町は今 ★なまはげの独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる