★なまはげの独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 樺細工(かばざいく)

<<   作成日時 : 2006/10/16 18:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 12

桜の名所、仙北市角館。
ここの名産品に、樺細工(かばざいく)があります。


画像



ヤマザクラの樹皮を用いて作られる工芸品です。

独特の技法によってヤマザクラの樹皮特有の光沢を生かし、
シブくて奥深い色合いが、名実ともに伝統的工芸品として
広く愛用されています。


画像

 これは茶筒です。
 秋田県内のお宅には、
 殆どで利用されています。



画像






色合いも様々なものがあります。



ヤマザクラの樹皮を使うのになぜに「樺細工」と呼ぶのでしょうか。
「樺」の字からは「白樺」を連想されることかと思います。

万葉集の山部赤人の長歌に、
ヤマザクラのことを「かには(迦仁波)」と表現しています。
さらに、紫式部の「源氏物語 幻」の一節に、
「外の花は、一重散りて、八重桜咲く花盛り過ぎて、樺桜は開け、・・・」
というのがあります。
この樺桜は白色単弁、
開花時期から察してカスミザクラと考えられますが
いずれにしろ、この時代山桜を樺と言い表していたと想像されます。



画像

 このような文庫や硯箱も
 実用的なものの一つです。





画像




印籠や、煙草入れなども
よく見かけます。



この樺細工は、
18世紀にこの角館地域の下級武士の内職として
定着しました。

他の地域の山桜では、この樹皮の感じが出なかったそうです。
日当たりの悪い、雪深い地域だからこそ独特な工芸品になったようです。


画像


さて、角館の樺細工伝承館では、
第34回樺細工伝統工芸展が開催されます。
10月19日(木)〜25日(水)までの一週間です。

樺細工職人さんの新作発表もあります。

是非この機会に、秋田の伝統工芸に触れてみてください。





んだば






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
小倉百人一首三番 柿本人麻呂
百人一首を読んで書いて親しめる。ダウンロードして無料で筆ペンの練習にお使い下さい。百人一首の美しい日本語の世界をお楽しみ下さい。 ...続きを見る
筆ペンでなぞる百人一首:百人一首の美しい...
2006/12/05 14:25

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
日当たりの悪い 雪深い土地だからこその工芸品というのが 何だか意味がありますね。

今日 秋田県大仙市というところを紹介してたんですが 何で出てたのかが思い出せない・・・ボケかな(涙)
+あい
URL
2006/10/16 19:16
 こんばんは☆こねこです♪

 言い方が良くないかもしれないですが、お年寄りのお宅にこういう柄のものを見かけますね。ウチの祖父母宅にも似たようなものがありますから。(ちなみに祖父が秋田出身です)

 でも・・・印籠ほしいです(笑)。
「こねこの印籠が目に入らぬかぁ〜〜!!」ってね☆

 ねこでした。ニャン☆
こねこ
URL
2006/10/16 21:53
樹皮を剥ぐ、というのは
木にとってはなかなか残酷なことのように思いますが
死なない程度に剥ぐ技術とかがきっとあるんでしょうね。
日常使いのものとしてはお茶道具なんかが多いのでしょうか。
実家にお茶セットがあったような・・・
コマチ
2006/10/17 12:25
その茶筒、実家にあります。
味があっていいですよね。
木で出来た物は飽きがこないし、年月がたつにつれて
風合いも出てきますものね。
私みたいに・・・ってまた石が飛んできそうだわ(笑
yuki
URL
2006/10/17 17:53
☆+あいさんへ
 日当たりの良い、育ちのいい桜は樹皮が裂けてしまってあまり良くないそうです。幹の成長が押さえられている、いわゆる発育不良の木の樹皮が最も向くそうです。ちょっと皮肉な結果ですね。
★なまはげ
2006/10/17 18:24
☆こねこちゃんへ
 ねこちゃんの4分の1は「秋田県人」の血が流れているじゃないですか。それじゃますます秋田に一度は来てみないとね!猫マーク入りの印籠を注文しましょうか(笑)。
★なまはげ
2006/10/17 18:28
☆コマチさんへ
 職人さんたちの大事な仕事の一つに、皮剥ぎがあります。もちろん木を大切にしていますから、殺してしまうことはありません。上手に剥がすとちゃんと樹皮は再生されるそうです。
★なまはげ
2006/10/17 18:32
☆yukiさんへ
 この茶筒は味があっていいですね。同じお茶を入れていても、高級感が出ますものね(笑)。yukiさんみたいに風合いも出てきます(????)。
★なまはげ
2006/10/17 18:35
そうそう。。
確か旅行の時
樺細工の資料館みたいなトコロありました・・
歩きつかれた事もあって寄らずじまいでした
美しいモノですよね☆
でも高価なモノ。。と言うイメ−ジです
璃里
2006/10/17 20:04
☆璃里さんへ
 意外と値段はリーズナブルですよ。ただのお茶缶が高級茶筒に大変身です。長い間使っていただけるほど丈夫にも出来ています。一つ送りましょうか!
★なまはげ
2006/10/17 20:11
>雪深い地域だからこそ
なるほどねぇ、、、
家の中で、根詰めてやったんでしょうね。
猫姫少佐現品限り
URL
2006/10/19 17:54
☆猫姫さんへ
 そういう意味じゃなく、雪深いと木の生長が遅く、樹皮が割れていないという利点があったのです。
★なまはげ
2006/10/19 18:52

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
樺細工(かばざいく) ★なまはげの独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる