★なまはげの独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 深い傷 まだ消えず

<<   作成日時 : 2006/10/11 18:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 18

藤里町の連続児童殺害事件の引き金となった
町立藤里小学校4年生の畠山彩香さん(当時9歳)の
殺害事件から半年が過ぎました。


町では、子供たちや大人たちも少しずつ元気を取り戻しているものの、
深い傷跡は消えないままです。


画像



彩香さんは4月9日、
学校から3キロ離れた大沢橋から、
母親の無職畠山鈴香被告に突き落とされ、殺害されたとされています。


4年生の教室では、そんな彩香さんの机と椅子を
1学期を通してそのままにしていたそうですが、
2学期が始まった際、
児童と担任で、今後どうするか話し合いをもったそうです。
その結果、彩香さんの机と椅子は、
教室からなくすことに決めたそうです。

「彩香さんの死を乗り越え、
学校を安心できる場所に戻そうと
子供たちが必死に考えた結果だと思う」

と、町の教育委員長は話しています。



町では、事件直後には自粛していた祭りや
イベントが次々と開かれるようになりました。
朝日ヶ丘団地のある住民は
「『今だから頑張って祭りに参加しよう』
と言う人が増えている」

と感じています。


画像

9月29日には、湯沢市で開かれた
「少年の主張県大会」で、
町立藤里中学校3年の女子生徒が最優秀賞に輝きました。
その弁論はこう締めくくられていました。
「静かで笑顔あふれる町を取り戻すため、
自分に出来ることを精一杯やりたい」




遺体が見つかった能代市の現場には、
綾香さんが好きだったピカチュウの花瓶が置かれ、
今も献花が絶えないそうです。

しかし、彩香さんの遺骨はまだ畠山被告の実家に置かれているそうです。
彩香さんがよく遊びに出かけた親類は、
「墓に入れる予定もない。
鈴香に対する親族の反発があると聞いている。
何の罪も無いのに、彩香がかわいそう」

と、目に涙をためていたそうです。



藤里小学校では毎月9日の1時限目前、
担任と児童が「安全」について考える時間を設けています。
校長は、
「ようやく学校が落ち着いてきたが、
事件に触れると記憶が戻ってしまう子供がいる」

と考え、今も綾香さんの触れないようにしているそうです。
無論悩みもあるようで、
「彩香さんのことを忘れないよう、バランスが難しい」









んだば








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時
本当に、母に成りきれない女の・・・欲望の・果て^^5人を育ててきた。私には、理解が、出来ません。子を殺すなんて・・・?
思春期に、どうしても?!気にいらない事があり〜暴れる息子を諭すために、脅した命がけの
死闘は、1度ありましたが・・・我が家は、無事に、成人しております!!(@_@;)
悲しい^^事件です!!
かすみ草^^━━ヽ(@゚∀`@)ノ━━♪
2006/10/11 20:51
忘れないでいてあげようという心,事件を乗り越えようとする心,幾つもの心が入り混じって辛い限りですねぇ。
平穏で静かな暮らしが一日も早く戻ってきますように…。
閑 客
2006/10/11 21:07
 こんばんは☆こねこです♪

 う〜ん確かに難しいですね。バランスがどうこうより、真実がどうなのかが重要ですね。子供の中には「母親は子供を殺すんだ」という観念を植え付けて欲しくないからです。

 仮にあの母親が殺したのが真実だったとして、どう教育したらいいのかも難しいところですね・・・。

 この事件の真実はいずこ・・・。
 ねこでした。ニャン☆
こねこ
URL
2006/10/11 21:18
☆かすみ草さんへ
 5人のお子さんのお母さんでしたか!するとあの写真はお子さんが小さい時のものですね。
 この事件はまったくもって理解することが出来ません。畠山鈴香被告もですが、警察に対しても大いに疑問を持っています。
 とにかく子育てが大変なのは理解できますがこの被告には愛情が感じられません。残念な事件です。
★なまはげ
2006/10/11 22:16
☆閑客さんへ
 忘れなければいけない事と、忘れてはいけない事のバランスは微妙ですね。地元の人たちはこの半年間、そのバランスに苦労されてきたんでしょう。一日も早く心静かに暮らせるよう願うばかりです。
★なまはげ
2006/10/11 22:19
☆こねこちゃんへ
 この事件の裁判の日取りはまだ決まっていませんが、おそらく秋田県始まって以来の注目裁判になるでしょう。弁護士も検察も情報無しの状態です。どちらが隠し玉を多く持っているかですね。
★なまはげ
2006/10/11 22:26
なまはげさん;
もうそんなになりますか?半年ですか?
彩香ちゃんの写真が切ないです。もう二度と絶対こんな事が起きないように祈るだけです。
エイパパ
URL
2006/10/11 22:49
もう、半年も過ぎ去りましたか…。
時間は過ぎ去っても、忘れる事の出来ない哀しい事件でしたね。
人々の心に出来た傷が、一日も早く癒えます様にお祈り致します。
無口なモグラ。
2006/10/12 10:09
畠山容疑者のような母親を作ってしまった背景・原因をせっかちにならずよく分析して見たいですね。
二度と再び、子を持つ母親が自らの子どもやその仲良しの子を殺めるなどという動機を作らないように研究を重ねて行きたいですね。
Tatehiko
URL
2006/10/12 10:39
人を殺しても病気だったらお咎め無し、というのでは
世間が収まらないのは重々承知ですが
彼女を断罪して終わる話ではないと思うのです。
そういう行動に至った原因や
そういう人格が形成された環境などを
きちんと知りたい。
自分がそうならないために。
そういう子供をつくりださないために。
コマチ
2006/10/12 12:47
世の中ドンドン新しい事件が起きて行って、忘れ去られてしまうことの方が多いのですよね。
こうやって取り上げていただけると、改めて痛ましい事件だったことを思い出します。
綾香ちゃん、どうか安らかに眠ってくださいね。
yuki
URL
2006/10/12 14:46
もう半年なんですね・・
同じ年代の子供を持つ親としていたたまれない事件です。
子供には罪は無いのにと思ってしまいます。
さくら
2006/10/12 17:58
☆エイパパさんへ
 もう半年にもなるんですねえ。つい昨日の事件のようにはっきりとそのときのことを覚えています。警察の「事故死」の報道に唖然としたものです。
★なまはげ
2006/10/12 19:27
☆モグラさんへ
 地元民にはこの半年は辛かったと思います。「藤里町」と言っただけで、白い目で見られたといっていた人がいました。
★なまはげ
2006/10/12 19:29
☆Tatehikoさんへ
 最近起きている「子殺し」「親殺し」のその中でも特異な事件でしたから、背景や原因など専門家の中ではすでに分析は行われていると思います。今後の教訓になってくれれば言いのですが。
★なまはげ
2006/10/12 19:33
☆コマチさんへ
 Tatehikoさんと同じ意見ですね。今後同じような事件を起こさないためにも、事件の背景・原因の究明を求め続けなければいけないでしょうね。
★なまはげ
2006/10/12 19:36
☆yukiさんへ
 日々新しい事件や事故が起きています。忘れないと言うのは難しいかもしれませんが、時々こうやって思い出すことも必要ですね(秋田県人はこの事件は忘れることが出来ませんが)。
★なまはげ
2006/10/12 19:38
☆さくらさんへ
 この事件は一方的に親の立場の我侭から起きたことでした。何の罪も無い幼い命が2つ犠牲になってしまいました。子を持つ親としていたたまれない出来事です。
★なまはげ
2006/10/12 19:41

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
深い傷 まだ消えず ★なまはげの独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる